2021/10/25 更新

写真a

ナカジマ ユタカ
中嶋 豊
NAKAJIMA Yutaka
所属
教育研究院 人文社会科学系 人文科学系列 准教授
人文学部 人文学科 准教授
職名
准教授
外部リンク

学位

  • 博士(心理学) ( 2011年10月   東京大学 )

  • 修士(心理学) ( 2005年3月   東京大学 )

  • 学士(文学) ( 2003年3月   東北大学 )

研究キーワード

  • 高速情報処理

  • 運動知覚

  • 視覚

  • 運動視

  • 実験心理学

  • 心理物理学

  • 認知科学

  • 知覚心理学

  • 視覚科学

研究分野

  • 人文・社会 / 認知科学

  • 人文・社会 / 実験心理学

  • 社会基盤(土木・建築・防災) / 社会システム工学

経歴(researchmap)

  • 新潟大学   人文学部   准教授

    2019年9月 - 現在

      詳細を見る

  • 成蹊大学   理工学部システムデザイン学科   助教

    2017年4月 - 2019年8月

      詳細を見る

  • 電気通信大学   大学院情報理工学研究科 機械知能システム学専攻   客員研究員

    2017年4月 - 2019年3月

      詳細を見る

  • 電気通信大学   大学院情報理工学研究科   研究員(科学研究)

    2016年8月 - 2017年3月

      詳細を見る

  • 電気通信大学   大学院情報理工学研究科   協力研究員

    2016年4月 - 2017年3月

      詳細を見る

  • 電気通信大学   研究推進機構   研究員

    2015年4月 - 2016年3月

      詳細を見る

  • 電気通信大学大学院情報システム学研究科   特任助教

    2012年8月 - 2015年3月

      詳細を見る

  • 電気通信大学大学院情報システム学研究科   研究員

    2012年4月 - 2012年7月

      詳細を見る

  • 東京大学大学院人文社会系研究科   研究員

    2011年12月 - 2012年3月

      詳細を見る

  • 慶應義塾大学 グローバルCOEプログラム 論理と感性の先端的教育研究拠点   共同研究員

    2011年9月 - 2012年3月

      詳細を見る

  • 神奈川大学   教務補助

    2011年4月 - 2012年3月

      詳細を見る

  • 東京大学インテリジェント・モデリング・ラボラトリー   特任研究員

    2008年4月 - 2011年3月

      詳細を見る

  • 日本学術振興会   特別研究員(DC2)

    2006年4月 - 2008年3月

      詳細を見る

▶ 全件表示

経歴

  • 新潟大学   人文学部 人文学科   准教授

    2019年9月 - 現在

学歴

  • 東京大学   大学院人文社会系研究科   基礎文化研究専攻 心理学専門分野 博士課程

    2005年4月 - 2008年3月

      詳細を見る

  • 東京大学   大学院人文社会系研究科   基礎文化研究専攻 心理学専門分野 修士課程

    2003年4月 - 2005年3月

      詳細を見る

  • 東北大学   文学部   人文社会学科 心理学専修

    1999年4月 - 2003年3月

      詳細を見る

所属学協会

▶ 全件表示

委員歴

  • NIJC   Visiomeプラットフォーム 委員  

    2016年 - 2018年   

      詳細を見る

取得資格

  • 高等学校教諭1種免許

 

論文

  • Illusory Oscillation of the Central Rotation Axis 査読

    Nakajima, Y, Kakuda, S, Satoh, S

    i-perception   10 ( 4 )   1 - 17   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1177/2041669519865283

    researchmap

  • 高速道路の合流時および退出時における自動運転からの運転交代場面での行動分析 査読

    竹本雅憲, 内藤貴博, 塩谷武司, 北島洋樹, 中嶋豊

    自動車技術会論文集   50 ( 3 )   904 - 910   2019年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11351/jsaeronbun.50.904

    researchmap

  • Effects of active and passive secondary tasks in a take-over situation during automated driving 査読

    Yutaka Nakajima, Kenji Tanaka

    2017 IEEE International Conference on Systems, Man, and Cybernetics, SMC 2017   2017-   1161 - 1166   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:Institute of Electrical and Electronics Engineers Inc.  

    This study investigated the effect of a secondary task when a takeover request (TOR) is received from an automated driving car, with a focus on nature of the secondary task (active or passive). Participants were asked to engage in one type of secondary task during automated driving, and we measured 1) forward gaze and 2) latency after the TOR to switch from automated to manual operation. Playing a game with a smartphone (active task) decreased driving-related performance in terms of shorter forward-gaze duration and longer delays in switching from TOR. In contrast, the performance in the other tasks (passively watching a video and conversing with another person) was little different from that in a condition with no secondary task. Compared to the tasks, not an active but a passive task would contribute to maintain the readiness for TOR.

    DOI: 10.1109/SMC.2017.8122769

    Scopus

    researchmap

  • Perceptual shrinkage of a one-way motion path with high-speed motion 査読

    Yutaka Nakajima, Yutaka Sakaguchi

    SCIENTIFIC REPORTS   6   30592   2016年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:NATURE PUBLISHING GROUP  

    Back-and-forth motion induces perceptual shrinkage of the motion path, but such shrinkage is hardly perceived for one-way motion. If the shrinkage is caused by temporal averaging of stimulus position around the endpoints, it should also be induced for one-way motion at higher motion speeds. In psychophysical experiments with a high-speed projector, we tested this conjecture for a one-way motion stimulus at various speeds (4-100 deg/s) along a straight path. Results showed that perceptual shrinkage of the motion path was robustly observed in higher-speed motion (faster than 66.7 deg/s). In addition, the amount of the forwards shift at the onset position was larger than that of the backwards shift at the offset position. These results demonstrate that high-speed motion can induce shrinkage, even for a one-way motion path. This can be explained by the view that perceptual position is represented by the integration of the temporal average of instantaneous position and the motion representation.

    DOI: 10.1038/srep30592

    Web of Science

    researchmap

  • 視覚心理実験に対する高速プロジェクタの適用 査読

    中嶋豊, 阪口豊

    日本バーチャルリアリティ学会論文誌   21 ( 1 )   7 - 14   2016年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18974/tvrsj.21.1_7

    researchmap

  • Transient twinkle perception is induced by sequential presentation of stimuli that flicker at frequencies above the critical fusion frequency 査読

    Yutaka Nakajima, Yutaka Sakaguchi

    Attention, Perception, and Psychophysics   77 ( 8 )   2711 - 2727   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer New York LLC  

    The critical fusion frequency (CFF) is a threshold that represents the temporal limits of the human visual system. If two flickering stimuli with equal subjective luminances are presented simultaneously at different locations, the CFF is the temporal frequency above which they cannot be distinguished. However, when the stimuli are presented sequentially at the same position, a transient twinkle can be perceived around the moment of the changeover. To investigate the mechanism underlying this transient twinkle perception (TTP), we independently manipulated the luminance contrast and temporal frequency of the flicker, as well as the interstimulus interval (ISI). We found that TTP was greater as the luminance step was larger, was stably perceived for flicker frequencies up to 200 Hz, and was robust for all ISIs if flicker frequencies were below 250 Hz. For 250- and 300-Hz flickers, TTP was attenuated in conditions in which one-frame and two-frame ISIs were inserted. These results can be explained by a simple filtering model: TTP occurs if the temporal change in the weighted moving average of stimulus luminance exceeds a certain threshold. TTP gives additional evidence that the human visual system can detect the transient change of flicker stimuli at much higher temporal frequencies than the CFF, by an averaging mechanism of luminance.

    DOI: 10.3758/s13414-015-0962-x

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • 大域運動順応は局所運動残効を増強しない 査読

    中嶋豊, 佐藤隆夫

    日本バーチャルリアリティ学会論文誌   16 ( 1 )   99 - 102   2011年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18974/tvrsj.16.1_99

    researchmap

  • Repetition priming of facial expression and identity. 査読

    Sasaki, H, Nakajima, Y

    TOHOKU PSYCHOLOGICA FOLIA   59   53 - 59   2000年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

▶ 全件表示

書籍等出版物

  • Dynamic Information Space Based on High-Speed Sensor Technology

    Masatoshi Ishikawa, Idaku Ishii, Yutaka Sakaguchi, Makoto Shimojo, Hiroyuki Shinoda, Hirotsugu Yamamoto, Takashi Komuro, Hiromasa Oku, Yutaka Nakajima, Yoshihiro Watanabe( 担当: 共著 ,  範囲: 5.6 Human Perceptual and Motor Functions for Coordinated Interaction with High-Speed Information Environment)

    Springer  2016年  ( ISBN:9784431558675

     詳細を見る

    担当ページ:120-124   記述言語:英語 著書種別:学術書

    researchmap

MISC

  • 自動運転システムとのインタラクションとドライバ行動との関係

    中嶋豊, 竹本雅憲

    信学技報   119 ( 447 )   71 - 75   2020年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

    researchmap

  • 一方向高速運動刺激における運動軌道の知覚的短縮 招待

    中嶋豊, 阪口豊

    光学   46 ( 6 )   247   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    researchmap

  • 視覚実験プログラムワークショップPsychlopsコース実施報告 招待

    中嶋豊, 細川研知

    VISION   29 ( 2 )   63 - 66   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    researchmap

  • 「視覚心理実験プログラミングワークショップ」実施報告 招待

    中嶋 豊, 久方 瑠美, 大杉 尚之, 細川 研知, 丸谷 和史

    VISION   28 ( 2 )   77 - 80   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:会議報告等   出版者・発行元:日本視覚学会  

    DOI: 10.24636/vision.28.2_77

    CiNii Article

    researchmap

  • 実験・デモ作成環境としてのPsychlops ―初学者から研究者まで― 招待

    中嶋豊

    心理学ワールド   67   25 - 26   2014年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)  

    researchmap

  • Abrupt transition between an above-CFF flicker and a stationary stimulus induces twinkle perception: Evidence for high-speed visual mechanism for detecting luminance change.

    Nakajima, Y, Sakaguchi, Y

    Journal of Vision   13 ( 9 )   article 311   2013年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • エアホッケープレイヤの動作解析 ~対戦相手の反応を誘発する運動手がかりの探求~

    三反畑努, 中嶋豊, 阪口豊

    信学技報   113 ( 500 )   263 - 267   2013年

     詳細を見る

  • Shape-From-Motion is intact even when motion perception is impaired: a TMS study

    Nakajima, Y, Sato, T, Hara, K, Yotsumoto, Y

    Journal of Vision   12 ( 9 )   article 757   2012年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • 高速フリッカ刺激の経時提示により生じる瞬き知覚は刺激間の輝度差に依存する.

    中嶋豊, 阪口豊

    信学技報   112 ( 283 )   95 - 99   2012年

     詳細を見る

  • Dichoptic positive color after image is limited for the number of colors presented within a display

    T. Sato, Y. Nakajima

    PERCEPTION   41   53 - 53   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:PION LTD  

    Web of Science

    researchmap

  • Good continuity of arcs induces motion binding.

    Nakajima, Y, Sato, T

    The Japanese Journal of Psychonomic Science   30 ( 1 )   127 - 128   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.14947/psychono.KJ00007667885

    researchmap

  • Enhancement of afterimage colors by surrounding contours

    Takao Sato, Yutaka Nakajima, Eri Hirasawa, Tatsuto Takeuchi

    I-PERCEPTION   2 ( 4 )   292 - 292   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:PION LTD  

    Web of Science

    researchmap

  • Enhancement of afterimage colours by surrounding contours: Examination with dichoptic presentations

    T. Sato, Y. Nakajima, E. Hirasawa

    PERCEPTION   40   198 - 198   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:PION LTD  

    Web of Science

    researchmap

  • Orientation and shape tuning of van Lier aftereffect.

    Nakajima, Y, Sato, T

    Journal of Vision   10 ( 7 )   article 1392   2010年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Positive color is perceived with dichoptic presentation in van Lier’s afterimage phenomenon.

    Sato, T, Nakajima, Y

    Perception ECVP Abstract Supplement   39   159 - 159   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

    Web of Science

    researchmap

  • The perceived range of a space indicated by pointing

    Tani, Y, Nakajima, Y, Sato, T

    The Japanese Journal of Psychonomic Science   29 ( 1 )   87 - 88   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.14947/psychono.KJ00006770986

    researchmap

  • The influence of duration on the perception of gaze direction and being looked at

    Nakajima, Y, Tani, Y, Isogaya, Y, Sato, T

    The Japanese Journal of Psychonomic Science   29 ( 1 )   69 - 70   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.14947/psychono.KJ00006770977

    researchmap

  • Effects of local motion information on motion binding.

    Nakajima, Y, Sato, T

    The Japanese Journal of Psychonomic Science   28 ( 1 )   173 - 174   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.14947/psychono.KJ00005878693

    researchmap

  • The involvement of local motion adaptation in global motion aftereffect.

    Nakajima, Y, Sato, T

    Journal of Vision   8 ( 6 )   1036   2008年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • 運動速度とコントラストが知覚的位置ずれに与える影響.

    中嶋豊, 佐藤隆夫

    VISION   20 ( 2 )   103-107   2008年

     詳細を見る

  • Perceptual elasticity in stereokinetic effect.

    Hosokawa, K, Nakajima, Y, Sato, T

    Journal of Vision   7 ( 9 )   841   2007年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Self-range defined by gaze perception is robust against the size and viewing distance variations.

    Isogaya, Y, Maruya, K, Nakajima, Y, Tani, Y, Sato, T

    Journal of Vision   7 ( 9 )   17   2007年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Self-range Defined by Gaze Perception Affected by Characteristics of Personality.

    Isogaya, Y, Maruya, K, Nakajima, Y, Tani, Y, Sato, T

    Journal of Vision   6 ( 6 )   281   2006年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Spatial selectivity of local motion affects global motion after-effect.

    Nakajima, Y, Sato, T

    Journal of Vision   6 ( 6 )   1048   2006年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Processing time of second-order contour formation.

    Maruya, K, Nakajima, Y, Sato, T

    Journal of Vision   6 ( 6 )   207   2006年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • The role of the visual feedback on the pointing behavior.

    Tani, Y, Nakajima, Y, Maruya,K, Sato, T

    Journal of Vision   5 ( 8 )   129   2005年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Accuracy of perception of being pointed at

    T Sato, K Maruya, Y Tani, Y Nakajima

    PERCEPTION   34   219 - 219   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:PION LTD  

    Web of Science

    researchmap

  • Occlusion effect on MAE occurs in test phase.

    Nakajima, Y, Sato, T

    Journal of Vision   4 ( 8 )   550   2004年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

▶ 全件表示

講演・口頭発表等

  • ブーバ/キキ効果は音声と図形の対連合学習を促進する

    平野敦也, 白井述, 新美亮輔, 中嶋豊

    日本心理学会第84回大会  2020年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月 - 2020年11月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 映像における時空間的重なりが動きの連続性知覚に与える影響

    中嶋豊

    日本心理学会第84回大会  2020年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月 - 2020年11月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 周辺視野への手がかり刺激の提示による視線誘導効果に関する基礎的研究

    名越陽紀, 竹本雅憲, 中嶋豊

    自動車技術会2019年秋季大会  2019年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 高速道路の合流時を対象とした自動運転からの運転交代場面における一般ドライバの行動分析

    田中研利, 竹本雅憲, 内藤貴博, 塩谷武司, 北島洋樹, 中嶋豊

    自動車技術会2019年秋季大会  2019年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 拡張現実装置に対する観察方法の違いが虚像の奥行き感に及ぼす影響

    中嶋豊, 竹本雅憲

    日本心理学会第83回大会  2019年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 自動運転システムとドライバとのインタラクションが運転行動に及ぼす影響

    中嶋豊, 竹本雅憲

    第49回 信頼性・保全性シンポジウム  2019年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 両眼視差と運動視差が拡張現実における立体映像の位置知覚に与える効果

    弓倉和恵, 佐藤俊治, 中嶋豊

    日本視覚学会冬季大会  2019年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 錯視的知覚色の臨界融合周波数

    鈴木悠介, 佐藤俊治, 中嶋豊

    日本視覚学会冬季大会  2019年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 高時間解像度による映像提示が運動知覚に与える影響

    中嶋豊, 宮下優衣

    日本視覚学会冬季大会  2019年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 高速道路の合流・退出時における自動運転からの運転交代場面での行動分析

    竹本雅憲, 内藤貴博, 塩谷武司, 北島洋樹, 中嶋豊

    自動車技術会2018年秋季大会  2018年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 拡張現実映像に対する奥行き知覚特性

    中嶋豊, 菊地雅大, 佐藤俊治

    日本心理学会第82回大会  2018年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 回転中心軸動揺錯視に対する回転速度の影響

    中嶋豊, 角田翔平, 佐藤俊治

    日本視覚学会夏季大会  2017年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 自動走行中のドライバ状態と適切な介入との関連について

    山﨑達哉, 榎本恵, 中嶋豊, 田中健次

    自動車技術会関東支部2016年度学術研究講演会  2017年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 主観的輪郭で構成される図形の回転中心軸の知覚的動揺.

    中嶋豊, 角田翔平, 佐藤俊治

    日本基礎心理学会第35回大会  2016年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 連続運動としての知覚が生じる時間限界について

    中嶋豊, 阪口豊

    第49回知覚コロキウム  2016年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 回転振動錯視に対する心理物理実験と計算論的考察

    菊池勇作, 中嶋豊, 佐藤俊治, 中村大樹

    日本神経回路学会第25回全国大会  2015年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 視覚科学の初学者に向けたプログラム作成ワークショップ

    中嶋豊, 細川研知, 丸谷和史

    日本視覚学会夏季大会  2015年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Psychlops による web 実験環境の構築

    細川研知, 中嶋豊, 丸谷和史, 佐藤隆夫

    日本視覚学会夏季大会  2015年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Perception of transient pattern at the transition between high-speed flickering stimuli. 国際会議

    Nakajima, Y, Sakaguchi, Y

    Vision Science Society 15th annual meeting  2015年5月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 高速フリッカ刺激の連続提示により生じるパタン知覚

    中嶋豊, 阪口豊

    日本視覚学会冬季大会  2015年 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:工学院大学  

    researchmap

  • Pattern perception brought by a transient switch of high-speed flicker stimuli.

    中嶋豊, 阪口豊

    第48回知覚コロキウム  2015年 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:日田市,大分県  

    researchmap

  • Psychlopsのココが知りたい「心理学実験のためのプログラミング環境の現状と今後」

    中嶋 豊

    日本心理学会第78回大会  2014年 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    researchmap

  • Perceived speed of apparent motion in high-speed conditions. 国際会議

    Nakajima, Y, Sakaguchi, Y

    Asia-Pacific Conference on Vision 2014 annual meeting  2014年 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:Takamatsu, Kagawa  

    researchmap

  • 映像の精細さが奥行き知覚に与える影響

    森雄歩, 佐藤好幸, 中嶋豊, 阪口豊, 比留間伸行

    日本視覚学会冬季大会  2014年 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:工学院大学  

    researchmap

  • Perceptual shrinkage of motion path observed in one-way high-speed motion.

    中嶋豊, 阪口豊

    日本神経回路学会第24回全国大会  2014年 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:はこだて未来大学  

    researchmap

  • DLP高速プロジェクタを用いた視覚心理実験環境の構築

    中嶋豊, 熊倉啓, 阪口豊

    日本視覚学会冬季大会  2013年 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:工学院大学  

    researchmap

  • Abrupt transition between an above-CFF flicker and a stationary stimulus induces twinkle perception: Evidence for high-speed visual mechanism for detecting luminance change. 国際会議

    Nakajima, Y, Sakaguchi, Y

    Vision Science Society 13th annual meeting  2013年 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:Naples, Florida  

    researchmap

  • 心理学実験に対する高速プロジェクタの適用

    中嶋豊, 阪口豊

    第46回知覚コロキウム  2013年 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:青梅市,東京都  

    researchmap

  • エアホッケープレイヤの動作解析〜対戦相手の反応を誘発する運動手がかりの探求〜

    三反畑努, 中嶋豊, 阪口豊

    ニューロコンピューティング研究会  2013年 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:玉川大学  

    researchmap

  • 高速フリッカ刺激の経時提示により生じる瞬き知覚は刺激間の輝度差に依存する.

    中嶋豊, 阪口豊

    ヒューマン情報処理研究会  2012年 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東北大学  

    researchmap

  • Dichoptic positive color after image is limited for the number of colors presented within a display. 国際会議

    Sato, T, Nakajima, Y

    European Conference on Visual Perception 35th annual meeting  2012年 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Alghero, Italy  

    researchmap

  • Shape-From-Motion is intact even when motion perception is impaired: a TMS study. 国際会議

    Nakajima, Y, Sato, T, Hara, K, Yotsumoto, Y

    Vision Science Society 12th annual meeting  2012年 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:Naples, Florida  

    researchmap

  • rTMSによるSFM知覚割合の増加

    中嶋豊, 佐藤隆夫, 原恵子, 四本裕子

    第45回知覚コロキウム  2012年 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:北杜市,山梨県  

    researchmap

  • 運動からの形状復元は運動方向の知覚に依存しない

    中嶋豊, 佐藤隆夫, 原恵子, 四本裕子

    日本視覚学会冬季大会  2012年 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:工学院大学  

    researchmap

  • 高速フリッカ連続提示による瞬き知覚

    中嶋豊, 阪口豊

    日本基礎心理学会31回大会  2012年 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:九州大学  

    researchmap

  • 後頭隆起を基準としたMT野の位置に見られる人種差

    四本裕子, 中嶋豊, 佐藤隆夫

    日本視覚学会夏季大会  2012年 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:山形大学  

    researchmap

  • Dichoptic positive color aftereffect induced by contour figure: a new color aftereffect. 国際会議

    Sato, T, Nakajima, Y

    Vision Science Society 11th annual meeting  2011年 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:Naples, Florida  

    researchmap

  • Enhancement of afterimage colours by surrounding contours: Examination with dichoptic presentations. 国際会議

    Sato, T, Nakajima, Y, Hirasawa, E

    European Conference on Visual Perception 34th annual meeting.  2011年 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:Toulouse, France  

    researchmap

  • Motion bindingにおける連結表象の重要性

    中嶋豊, 佐藤隆夫

    日本心理学会第75回大会  2011年 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:日本大学  

    researchmap

  • 運動輪郭線の距離がMotion bindingに与える影響

    中嶋豊, 佐藤隆夫

    日本視覚学会冬季大会  2011年 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:工学院大学  

    researchmap

  • Enhancement of afterimage colors by surrounding contours. 国際会議

    Sato, T, Nakajima, Y, Hirasawa, E, Takeuchi, T

    Asia-Pacific Conference on Vision 2011 annual meeting  2011年 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Hong Kong, China  

    researchmap

  • Motion bindingに対する頂点の影響.

    中嶋豊, 佐藤隆夫

    日本視覚学会夏季大会  2010年 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京工業大学  

    researchmap

  • Orientation and shape tuning of van Lier aftereffect. 国際会議

    Sato, T, Nakajima, Y

    Vision Science Society 10th annual meeting  2010年 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:Naples, Florida  

    researchmap

  • 奥行き構造がMotion bindingに与える影響

    中嶋豊, 佐藤隆夫

    日本視覚学会冬季大会  2010年 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:工学院大学  

    researchmap

  • Positive color is perceived with dichoptic presentation in van Lier’s afterimage phenomenon. 国際会議

    Sato, T, Nakajima, Y

    European Conference Visual Perception 33rd annual meeting  2010年 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Lausanne, Switzerland  

    researchmap

  • Motion bindingに対する奥行きの影響

    中嶋豊, 佐藤隆夫

    マルチメディア・仮想環境基礎研究会  2010年 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京大学  

    researchmap

  • 色残効の方位、形態依存性

    佐藤隆夫, 中嶋豊

    第43回知覚コロキウム  2010年 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:弥彦村, 新潟県  

    researchmap

  • 形状の頂点表象の有無によるMotion bindingの変化

    中嶋豊, 佐藤隆夫

    日本基礎心理学会29回大会  2010年 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:関西学院大学  

    researchmap

  • 他者による指差しが示す領域の大きさの推定

    谿雄祐, 中嶋豊, 佐藤隆夫

    日本基礎心理学会28回大会  2009年 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:日本女子大学  

    researchmap

  • チラッと見ても相手は気づくー視線方向知覚と視線受信判断に対する提示時間の影響ー

    中嶋豊, 谿雄祐, 磯谷悠子, 佐藤隆夫

    日本基礎心理学会28回大会  2009年 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:日本女子大学  

    researchmap

  • 局所運動情報がMotion binding知覚に与える影響

    中嶋豊, 佐藤隆夫

    日本視覚学会夏季大会  2009年 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:京都工芸繊維大学  

    researchmap

  • Motion binding知覚における局所運動の役割

    中嶋豊, 佐藤隆夫

    日本基礎心理学会27回大会  2008年 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:仙台国際センター,仙台市  

    researchmap

  • The involvement of local motion adaptation in global motion aftereffect. 国際会議

    Nakajima, Y, Sato, T

    Vision Science Society 8th annual meeting  2008年 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:Naples, Florida  

    researchmap

  • 大域的/局所的順応が運動残効へ与える影響

    中嶋豊, 佐藤隆夫

    第41回知覚コロキウム  2008年 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:千葉市,千葉県  

    researchmap

  • 運動速度とコントラストが知覚的位置ずれに与える影響

    中嶋豊, 佐藤隆夫

    日本視覚学会冬季大会  2008年 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:工学院大学  

    researchmap

  • コミュニケーションにおける指差しと視線の相互作用

    谿雄祐, 中嶋豊, 佐藤隆夫

    日本心理学会72回大会  2008年 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:北海道大学  

    researchmap

  • 知覚的位置ずれに対する運動速度と輝度コントラストの影響

    中嶋豊, 佐藤隆夫

    日本心理学会72回大会  2008年 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:北海道大学  

    researchmap

  • 指さし動作における視覚情報の役割

    谿雄祐, 中嶋豊, 丸谷和史, 佐藤隆夫

    日本視覚学会冬季大会  2007年 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京工業大学  

    researchmap

  • Self-range defined by gaze perception is robust against the size and viewing distance variations. 国際会議

    Isogaya, Y, Maruya, K, Nakajima, Y, Tani, Y, Sato, T

    Vision Science Society 7th annual meeting  2007年 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:Sarasota, Florida  

    researchmap

  • 局所運動成分のばらつきが大域的運動知覚に与える影響

    中嶋豊, 佐藤隆夫

    日本視覚学会冬季大会  2007年 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京工業大学  

    researchmap

  • Perceptual elasticity in stereokinetic effect. 国際会議

    Hosokawa, K, Nakajima, Y, Sato, T

    Vision Science Society 7th annual meeting  2007年 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:Sarasota, Florida  

    researchmap

  • 視線知覚に対する刺激の大きさ・観察距離の効果

    磯谷悠子, 丸谷和史, 中嶋豊, 谿雄祐, 佐藤隆夫

    日本基礎心理学会26回大会  2007年 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:上智大学  

    researchmap

  • グローバル運動残効における順応領域の効果

    中嶋豊, 佐藤隆夫

    日本視覚学会夏季大会  2007年 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:豊橋市,愛知県  

    researchmap

  • A Self-range Defined by Gaze Perception Affected by Characteristics of Personality. 国際会議

    Isogaya, Y, Maruya, K, Nakajima, Y, Tani, Y, Sato, T

    Vision Science Society 6th annual meeting  2006年 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:Sarasota, Florida  

    researchmap

  • 紙媒体を用いた視線コミュニケーション精度の測定と性格傾向の関係性

    磯谷悠子, 丸谷和史, 中嶋豊, 谿雄祐, 佐藤隆夫

    基礎心理学会25回大会  2006年 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:広島国際大学  

    researchmap

  • SAT課題を用いた2次属性で定義された輪郭線形成の時間的整合性

    丸谷和史, 中嶋豊, 佐藤隆夫

    日本視覚学会冬季大会  2006年 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:工学院大学  

    researchmap

  • 疑似プラッド運動における運動統合の時空間特性の検討

    中嶋豊, 佐藤隆夫

    日本心理学会70回大会  2006年 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:福岡市,福岡県  

    researchmap

  • Processing time of second-order contour formation. 国際会議

    Maruya, K, Nakajima, Y, Sato, T

    Vision Science Society 6th annual meeting  2006年 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:Sarasota, Florida  

    researchmap

  • Pseudo-plaid運動における時空間特性

    中嶋豊, 佐藤隆夫

    日本視覚学会冬季大会  2006年 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:工学院大学  

    researchmap

  • Spatial selectivity of local motion affects global motion after-effect. 国際会議

    Nakajima, Y, Sato, T

    Vision Science Society 6th annual meeting  2006年 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:Sarasota, Florida  

    researchmap

  • 運動統合における空間特性の検討

    中嶋豊, 佐藤隆夫

    日本心理学会第69回大会  2005年 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:慶應義塾大学  

    researchmap

  • The role of the visual feedback on the pointing behavior. 国際会議

    Tani, Y, Nakajima, Y, Maruya,K, Sato, T

    Vision Science Society 5th annual meeting  2005年 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:Sarasota, Florida  

    researchmap

  • グローバル運動に対する二種類の運動残効

    中嶋豊, 佐藤隆夫

    日本視覚学会冬季大会  2005年 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:早稲田大学,東京都  

    researchmap

  • Accuracy of perception of being pointed at. 国際会議

    Sato, T, Maruya, K, Tani, Y, Nakajima, Y

    European Conference Visual Perception 28th annual meeting  2005年 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:A Coru_a, Spain  

    researchmap

  • 仮現運動刺激の時間的間隔の知覚

    中嶋豊, 佐藤隆夫

    日本視覚学会夏季大会  2005年 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:東北学院大学  

    researchmap

  • 指差しコミュニケーションの知覚精度

    丸谷和史, 谿雄祐, 中嶋豊, 佐藤隆夫

    ヒューマン情報処理研究会  2005年 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:沖縄大学  

    researchmap

  • Occlusion effect on MAE occurs in test phase. 国際会議

    Nakajima, Y, Sato, T

    Vision Science Society 4th annual meeting  2004年 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:Sarasota, Florida  

    researchmap

  • 運動残効による運動統合過程の影響

    中嶋豊, 佐藤隆夫

    日本基礎心理学会23回大会  2004年 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:新潟市,新潟県  

    researchmap

  • 運動残効におけるノイズ付加の影響

    中嶋豊, 佐藤隆夫

    第37回知覚コロキウム  2004年 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:上山市,山形県  

    researchmap

  • 遮蔽による運動残効方向の変化

    中嶋豊, 佐藤隆夫

    日本視覚学会冬季大会  2004年 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:工学院大学  

    researchmap

  • 遮蔽による見かけの運動方向の変化が運動残効におよぼす影響

    中嶋豊, 佐藤隆夫

    日本視覚学会夏季大会  2003年 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:湘南国際村, 神奈川県  

    researchmap

▶ 全件表示

受賞

  • 第8回錯視コンテスト入賞

    2016年10月   第8回錯視コンテスト  

    中嶋豊, 角田翔平, 佐藤俊治

     詳細を見る

  • 第4回錯視コンテスト入賞

    2012年11月   第4回錯視コンテスト  

     詳細を見る

  • 第2回錯視コンテスト入賞

    2010年11月   第2回錯視コンテスト  

     詳細を見る

  • 日本基礎心理学会第29回大会優秀発表賞

    2010年11月   日本基礎心理学会  

    中嶋豊

     詳細を見る

  • 日本基礎心理学会第28回大会優秀発表賞

    2009年12月   日本基礎心理学会  

    中嶋豊, 谿雄祐, 磯谷悠子

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞 

    researchmap

  • 日本基礎心理学会第28回大会優秀発表賞(連名)

    2009年12月   日本基礎心理学会  

    谿雄祐, 中嶋豊

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞 

    連名発表者として受賞

    researchmap

  • 日本基礎心理学会第27回大会優秀発表賞

    2008年12月   日本基礎心理学会  

     詳細を見る

  • 日本視覚学会ベストプレゼンテーション賞

    2008年1月   日本視覚学会  

     詳細を見る

▶ 全件表示

共同研究・競争的資金等の研究

  • ヒトと機械のインタラクションにより生まれる感情:自動化システムの安全性への寄与

    研究課題/領域番号:20K20647  2020年7月 - 2023年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 挑戦的研究(萌芽)  挑戦的研究(萌芽)

    中嶋 豊

      詳細を見る

    配分額:6110000円 ( 直接経費:4700000円 、 間接経費:1410000円 )

    researchmap

  • 滑動感:ヒトの運動知覚に対する超高速情報の寄与

    研究課題/領域番号:18K13373  2018年4月 - 2020年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 若手研究  若手研究

    中嶋 豊

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:3250000円 ( 直接経費:2500000円 、 間接経費:750000円 )

    researchmap

  • 人の認知・判断の特性と限界を考慮した自動走行システムと法制度の設計

    2018年4月 - 2020年3月

    文部科学省  科学研究費(基盤研究(S)) 

    稲垣 敏之

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 超高速情報に対するヒト視覚系の処理限界に関する心理物理学的検討

    研究課題/領域番号:25870230  2013年4月 - 2016年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 若手研究(B)  若手研究(B)

    中嶋 豊

      詳細を見る

    配分額:3250000円 ( 直接経費:2500000円 、 間接経費:750000円 )

    researchmap

  • 視覚系における超高速情報処理に関する検討

    研究課題/領域番号:24830030  2012年8月 - 2013年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 研究活動スタート支援  研究活動スタート支援

    中嶋 豊

      詳細を見る

    配分額:2730000円 ( 直接経費:2100000円 、 間接経費:630000円 )

    researchmap

 

担当経験のある授業科目(researchmap)

  • 実験心理学

    機関名:実践女子大学

     詳細を見る

  • 心理学概論

    機関名:実践女子大学

     詳細を見る

  • 知覚心理学

    機関名:東京女子大学

     詳細を見る

  • 情報基礎

    機関名:成蹊大学

     詳細を見る

  • 認知工学

    機関名:成蹊大学

     詳細を見る

  • 認知心理学

    機関名:実践女子大学,芝浦工業大学

     詳細を見る

  • 心理統計法

    機関名:神奈川大学

     詳細を見る

▶ 全件表示

担当経験のある授業科目

  • 心理学基礎演習

    2021年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 応用実験心理学

    2021年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 応用実験心理学演習

    2021年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 知覚実践研究

    2021年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 心理学発展演習

    2020年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 心理・思想・表象

    2020年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 心理学実験A

    2020年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 卒業論文(中嶋 豊)

    2020年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 心理学演習

    2020年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 産業・組織心理学

    2020年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 環境心理学

    2020年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 応用実験心理学特論

    2020年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 心理学特殊実験B

    2020年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 人文初年次演習

    2020年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 応用心理学

    2020年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 心理学特殊実験A

    2019年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 心理・人間学入門

    2019年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 心理学基礎演習B

    2019年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 心理学実験B

    2019年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 心理・人間学入門A

    2019年
    機関名:新潟大学

▶ 全件表示

 

メディア報道

  • 錯覚の不思議 新聞・雑誌

    新潟日報 おとなプラス  2021年9月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

    researchmap