2023/02/05 更新

写真a

ユウキ アキヒコ
結城 明彦
Akihiko Yuki
所属
教育研究院 医歯学系 医学系列 助教
医歯学総合研究科 分子細胞医学専攻 細胞機能 助教
職名
助教
外部リンク

学位

  • 博士(医学) ( 2019年9月   新潟大学 )

研究分野

  • その他 / その他

経歴

  • 新潟大学   医歯学総合研究科 分子細胞医学専攻 細胞機能   助教

    2019年10月 - 現在

 

論文

  • Sweet病様の皮疹が先行した再発性多発軟骨炎の1例

    寺尾 香菜, 長谷川 瑛人, 内田 梢太, 島田 奏, 筒井 由夏, 武居 慎吾, 横山 彩乃, 勝見 達也, 佐藤 亜美, 加畑 雄大, 結城 明彦, 藤本 篤, 濱 菜摘, 阿部 理一郎, 長谷川 絵理子, 佐藤 弘恵, 小林 大介

    日本皮膚科学会雑誌   132 ( 6 )   1490 - 1490   2022年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本皮膚科学会  

    researchmap

  • A case of cutaneous syncytial myoepithelioma with extensive adipocytic metaplasia: Usefulness of EWSR1-PBX3 gene fusion analysis. 国際誌

    Kanade Shimada, Osamu Ansai, Tatsuya Katsumi, Tokiko Deguchi, Ryota Hayashi, Akihiko Yuki, Mai Nakamura, Hajime Umezu, Takaya Fukumoto, Shin-Ichi Ansai, Riichiro Abe

    Journal of cutaneous pathology   49 ( 4 )   412 - 417   2022年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    Cutaneous syncytial myoepithelioma (CSM) is a recently recognized variant of myoepithelioma characterized by an intradermal syncytial proliferation of spindled, ovoid, and histiocytoid cells. Immunohistochemically, tumor cells usually show strong expression of S-100 protein and epithelial membrane antigen (EMA). Here we report a case of CSM in the thigh of a 51-year-old Japanese woman. Histopathological findings showed a sheet-like growth of ovoid cells and histiocytoid cells with an eosinophilic syncytial cytoplasm, and adipocytic metaplasia was widely observed in the tumor. Immunohistochemical staining revealed a diffuse, strong pattern for EMA, smooth muscle actin (SMA), and HHF35, and variable expression of S-100 protein and p63 in ovoid and histiocytoid cells without significant mitotic figures or pleomorphism. In addition, EWSR1-PBX3 gene fusion, which is characteristic of CSM, was observed in the tumor. Based on these findings, we diagnosed the patient as having CSM. Our case shows that CSM can exhibit extensive adipocytic metaplasia, which could make its histopathological diagnosis challenging.

    DOI: 10.1111/cup.14179

    PubMed

    researchmap

  • Fumarate hydratase(FH)遺伝子変異が同定された多発性皮膚平滑筋腫の1例

    寺尾 香菜, 林 良太, 横山 令, 安齋 理, 結城 明彦, 濱 菜摘, 久保田 葉子, 阿部 理一郎

    臨床皮膚科   76 ( 3 )   235 - 239   2022年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)医学書院  

    <文献概要>53歳,女性.多発性子宮筋腫により子宮全摘後.10年前から左下顎に弾性硬の紅色結節が多発し,53歳時に結節の増大を認めた.前医および当科で施行した生検組織では,真皮内の結節性病変内に平滑筋線維束が縦横に錯綜し,腫瘍細胞はデスミン,SMAが陽性であったことから,多発性皮膚平滑筋腫と診断した.さらに,遺伝子解析でフマル酸ヒドラターゼ(fumarate hydratase:FH)遺伝子のexon5に既知のミスセンス変異c.584T>C(p.Met195Thr)heterozygousを同定し,多発性皮膚平滑筋腫・子宮筋腫と診断した.FH遺伝子に変異を有する皮膚平滑筋腫患者の家系では,子宮筋腫や腎細胞癌の合併頻度が高く,腎細胞癌の合併は予後規定因子となるため,定期的な画像検索が必要である.特に子宮筋腫の合併のある患者,家系内に腎細胞癌患者やFH遺伝子変異の同定された患者がいる場合には,FH遺伝子変異の有無につき積極的に解析すべきと考える.

    researchmap

    その他リンク: https://search-tp.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2022&ichushi_jid=J01559&link_issn=&doc_id=20220325180011&doc_link_id=10.11477%2Fmf.1412206600&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.11477%2Fmf.1412206600&type=%88%E3%8F%91.jp_%83I%81%5B%83%8B%83A%83N%83Z%83X&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00024_2.gif

  • 家族性悪性黒色腫の1例

    加勢 夕季乃, 結城 明彦, 島田 奏, 筒井 由夏, 木村 春奈, 武居 慎吾, 勝見 達也, 安齋 理, 鈴木 丈雄, 結城 大介, 林 良太, 重原 庸哉, 松山 麻子, 阿部 理一郎

    Skin Cancer   36 ( 3 )   197 - 202   2022年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本皮膚悪性腫瘍学会  

    33歳,男性。母と母方従伯母,2人の再従姉に悪性黒色腫の家族歴がある。17歳時に腰部の黒色斑を,21歳時に左母指爪甲色素線条を切除され,それぞれ表在拡大型悪性黒色腫(SSM),末端黒子型悪性黒色腫と診断された。32歳時,背部と左下腿の黒色斑を切除され,いずれもSSM in situと診断された。これまで欧米では家族性悪性黒色腫の主要な原因遺伝子としてCDKN2A,CDK4の変異が報告されており,近年もBAP1,POT1,TERTなどの遺伝子変異が報告されている。我々が調べ得た限り本邦で過去に遺伝子解析を行った家系は2家系であるが,未だ遺伝子変異の同定はない。自験例でもwhole exome sequencingを行ったが,明らかな病的変異は認められなかった。今後さらに症例を集積し,本邦での家族性悪性黒色腫における遺伝子変異の有無や傾向を明らかにすることが望まれる。(著者抄録)

    researchmap

  • Late-onset Cutaneous Hydrophilic Polymer Embolism: A Case Occurring Two Years after Endovascular Procedures. 国際誌

    Yukino Kase, Ryota Hayashi, Izumi Takei, Osamu Ansai, Takeo Suzuki, Akihiko Yuki, Mitsuhiro Watanabe, Takao Yanagawa, Riichiro Abe

    Acta dermato-venereologica   101 ( 7 )   adv00511   2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2340/00015555-3881

    PubMed

    researchmap

  • 血管内カテーテル治療から2年後に皮膚親水性ポリマー塞栓症を生じた1例

    加勢 夕季乃, 林 良太, 武居 いづみ, 安齋 理, 鈴木 丈雄, 結城 明彦, 阿部 理一郎, 渡辺 光洋, 柳川 貴央

    日本皮膚科学会雑誌   131 ( 8 )   1879 - 1879   2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本皮膚科学会  

    researchmap

  • 血管内カテーテル治療から2年後に皮膚親水性ポリマー塞栓症を生じた1例

    加勢 夕季乃, 林 良太, 武居 いづみ, 安齋 理, 鈴木 丈雄, 結城 明彦, 阿部 理一郎, 渡辺 光洋, 柳川 貴央

    日本皮膚科学会雑誌   131 ( 8 )   1879 - 1879   2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本皮膚科学会  

    researchmap

  • 皮膚筋炎を合併した肺腺癌の放射線治療後に生じたpost-irradiation morpheaの1例

    木村 春奈, 濱 菜摘, 武居 慎吾, 岩井 由樹, 鈴木 丈雄, 結城 大介, 土田 裕子, 結城 明彦, 阿部 理一郎, 野嵜 幸一郎, 菊地 利明, 佐藤 弘恵, 海津 元樹

    日本皮膚科学会雑誌   131 ( 8 )   1883 - 1883   2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本皮膚科学会  

    researchmap

  • Massive perianal skin ulcer due to long-standing amoebic infection in an HIV-negative, heterosexual man. 国際誌

    Jin Sasaki, Hiroki Fujikawa, Tatsuya Katsumi, Yuki Saito, Akihiko Yuki, Hitoshi Kameyama, Masato Nakano, Yoshifumi Shimada, Toshifumi Wakai, Riichiro Abe

    The Journal of dermatology   48 ( 4 )   e198-e200   2021年4月

     詳細を見る

  • Trigeminal trophic syndromeの2例

    中村 杏奈, 濱 菜摘, 結城 大介, 加畑 雄大, 結城 明彦, 藤本 篤, 阿部 理一郎, 倉田 行伸, 瀬尾 憲司, 佐々木 崇暢, 久保田 葉子

    日本皮膚科学会雑誌   131 ( 1 )   135 - 136   2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本皮膚科学会  

    researchmap

  • 放射線療法併用下でのニボルマブ投与により一定の進行抑制効果を得た小児meningeal malanomatosisの1例

    武居 慎吾, 結城 明彦, 阿部 理一郎, 太田 智慶, 棗田 学, 大石 誠, 柿田 明美

    日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会プログラム・抄録集   36回   139 - 139   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本皮膚悪性腫瘍学会  

    researchmap

  • 肺腺癌の放射線治療後に生じたpost-irradiation morpheaの1例

    木村 春奈, 濱 菜摘, 武居 慎吾, 岩井 由樹, 鈴木 丈雄, 結城 大介, 土田 裕子, 結城 明彦, 野嵜 幸一郎, 菊地 利明, 佐藤 弘恵, 海津 元樹, 阿部 理一郎

    日本皮膚免疫アレルギー学会総会学術大会プログラム・抄録集   50回   198 - 198   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本皮膚免疫アレルギー学会  

    researchmap

  • 乾癬様皮疹を生じたErdheim-Chester病の1例

    勝海 洸司, 藤本 篤, 結城 明彦, 土田 裕子, 出口 登希子, 阿部 理一郎, 川島 寛之, 森山 雅人, 伊藤 崇子

    日本皮膚科学会雑誌   130 ( 7 )   1663 - 1663   2020年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本皮膚科学会  

    researchmap

  • 乾癬様皮疹を生じたErdheim-Chester病の1例

    勝海 洸司, 藤本 篤, 結城 明彦, 土田 裕子, 出口 登希子, 阿部 理一郎, 川島 寛之, 森山 雅人, 伊藤 崇子

    日本皮膚科学会雑誌   130 ( 7 )   1663 - 1663   2020年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本皮膚科学会  

    researchmap

  • Langerhans細胞組織球症(LCH)患者に生じた皮膚肥満細胞症の1例

    武居 慎吾, 濱 菜摘, 岩井 由樹, 結城 明彦, 阿部 理一郎, 長崎 啓祐, 米沢 穂高, 瀧澤 淳, 梅津 哉, 柿田 明美

    日本皮膚科学会雑誌   130 ( 7 )   1662 - 1662   2020年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本皮膚科学会  

    researchmap

  • CADM1 expression of mast cells in mycosis fungoides. 査読 国際誌

    Akihiko Yuki, Osamu Ansai, Riichiro Abe

    Journal of the American Academy of Dermatology   82 ( 4 )   e143-e144   2020年4月

     詳細を見る

  • Refractory bullous pemphigoid improved by discontinuation of phenytoin as an CYP3A4 inducer. 査読 国際誌

    Rei Yokoyama, Ryota Hayashi, Yukie Umemori, Ami Arimatsu, Akihiko Yuki, Riichiro Abe

    Acta dermato-venereologica   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.2340/00015555-3472

    PubMed

    researchmap

  • Case of cutaneous botryomycosis in an 8-year-old immunocompetent boy with a review of the published work. 査読 国際誌

    Haruna Shimagaki, Akihiko Yuki, Kiyoto Kimura, Daisuke Yuki, Hiroki Fujikawa, Naoya Shimizu, Riichiro Abe

    The Journal of dermatology   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    Botryomycosis is a rare chronic suppurative granulomatous infection caused by several genera of non-filamentous bacteria. The clinical and histopathological findings are similar to those of mycetoma caused by true fungi or aerobic actinomycetes. Botryomycosis is divided into cutaneous and visceral disease, with the cutaneous form being more common. Histopathology shows granules of etiologic bacteria called "sulfur granules". Botryomycosis occurs more commonly among immunocompromised patients, although some cases have also been reported in immunocompetent patients. We report the case of an 8-year-old immunocompetent boy who visited our hospital with a 4-mm diameter subcutaneous tumor with mild tenderness on his right heel for several months. We surgically removed the tumor with an initial diagnosis of epidermal cyst. Histopathology showed sulfur granules surrounded by an eosinophilic matrix, indicating the Splendore-Hoeppli phenomenon. The granules consisted of Gram-positive cocci, leading to a diagnosis of botryomycosis. The patient was successfully treated by excision and oral trimethoprim/sulfamethoxazole (240 mg b.i.d.) for 2 weeks as adjuvant therapy. No recurrence was noted following treatment. The subcutaneous tumor in this case was smaller than the typical in botryomycosis infections. We reviewed the infection duration and tumor size in reported cases of botryomycosis in immunocompetent patients. Small tumor size may suggest that the case is in an early stage; therefore, it is important to remove and investigate these lesions proactively.

    DOI: 10.1111/1346-8138.15308

    PubMed

    researchmap

  • Langerhans細胞組織球症(LCH)患者に生じた皮膚肥満細胞症の1例

    武居 慎吾, 濱 菜摘, 岩井 由樹, 結城 明彦, 阿部 理一郎, 長崎 啓祐, 米沢 穂高, 瀧澤 淳, 梅津 哉, 柿田 明美

    日本皮膚科学会雑誌   130 ( 3 )   419 - 419   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本皮膚科学会  

    researchmap

  • Galectin-7 as a potential biomarker of Stevens-Johnson syndrome/toxic epidermal necrolysis: identification by targeted proteomics using causative drug-exposed peripheral blood cells. 査読

    Hama N, Nishimura K, Hasegawa A, Yuki A, Kume H, Adachi J, Kinoshita M, Ogawa Y, Nakajima S, Nomura T, Watanabe H, Mizukawa Y, Tomonaga T, Shimizu H, Abe R

    The journal of allergy and clinical immunology. In practice   2019年5月

  • CADM1 is a diagnostic marker in early-stage mycosis fungoides: Multicenter study of 58 cases. 査読 国際誌

    Akihiko Yuki, Satoru Shinkuma, Ryota Hayashi, Hiroki Fujikawa, Taisuke Kato, Erina Homma, Yohei Hamade, Osamu Onodera, Masao Matsuoka, Hiroshi Shimizu, Hiroaki Iwata, Riichiro Abe

    Journal of the American Academy of Dermatology   79 ( 6 )   1039 - 1046   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    BACKGROUND: Mycosis fungoides (MF) is the most common cutaneous T-cell lymphoma. Early-stage MF patches or plaques often resemble inflammatory skin disorders (ISDs), including psoriasis and atopic dermatitis. Cell adhesion molecule 1 gene (CADM1), which was initially identified as a tumor suppressor gene in human non-small cell lung cancer, has been reported as a diagnostic marker for adult T-cell leukemia/lymphoma. OBJECTIVE: We investigated CADM1 expression in MF neoplastic cells, especially during early stages, and evaluated its usefulness as a diagnostic marker for MF. METHODS: We conducted a retrospective study by using immunohistochemical staining and confirmed the expression of CADM1 in MF. In addition, we compared CADM1 messenger RNA expression in microdissected MF samples and ISD samples. RESULTS: In the overall study period, 55 of 58 MF samples (94.8 %) stained positive for CADM1. None of the 50 ISD samples showed positive reactivity (P < .0001). We found CADM1 messenger RNA expression in the intradermal lymphocytes of patients with MF but not in those of patients with an ISD. LIMITATIONS: We did not conduct a validation study for MF cases in other institutions. CONCLUSIONS: CADM1-positive cells can be identified in early stages with fewer infiltrating cells and may be useful as a diagnostic marker for early-stage MF.

    DOI: 10.1016/j.jaad.2018.06.025

    PubMed

    researchmap

  • Chondrolipomaの1例

    勝見達也, 藤川大基, 木村浄土, 萩原理沙, 結城明彦, 阿部理一郎, 下村裕

    皮膚科の臨床   60 ( 12 )   1952‐1953   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • A case of pure red cell aplasia during nivolumab therapy for cardiac metastatic melanoma 査読

    Akihiko Yuki, Tatsuya Takenouchi, Sumiko Takatsuka, Takuro Ishiguro

    MELANOMA RESEARCH   27 ( 6 )   635 - 637   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS  

    Nivolumab is an antibody against programmed cell death 1 and functions as an immune checkpoint inhibitor for various malignancies, including unresectable melanomas. Nivolumab causes several immune-related adverse events, which typically include skin rash, pneumonitis, thyroid dysfunction, hepatitis, and colitis; in rare cases, anemia may be present. There are several reports of autoimmune hemolytic anemia that has developed in response to nivolumab; however, there are few reports of pure red cell aplasia (PRCA). We describe a patient who developed PRCA during nivolumab administration. A 70-year-old Japanese woman received nivolumab for cardiac metastasis from malignant melanoma from an unknown site. Twenty-one months after nivolumab administration (31 courses), treatment was discontinued because she developed severe anemia. Blood test results indicated normocytic, normochromic anemia, and reticulocytopenia, but all other components were normal. Bone marrow aspiration showed increased megakaryocytes and decreased erythroblasts; these findings were consistent with PRCA. Anemia improved without recurrence after treatment with corticosteroids and blood transfusions. The steroid dosage was reduced gradually, and to date, the patient has not experienced recurrence of anemia. The tumor decreased in size and the patient has shown a continued response to treatment with decrease in disease for 3 years. Although it is unclear how nivolumab causes PRCA, hematological toxicities have been reported in patients treated with immunotherapy drugs. PRCA might be an unrecognized immune-mediated adverse event that did not manifest during the clinical trial phase. Copyright (C) 2017 Wolters Kluwer Health, Inc. All rights reserved.

    DOI: 10.1097/CMR.0000000000000392

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Investigating the use of tie-over dressing after skin grafting 査読

    Akihiko Yuki, Tatsuya Takenouchi, Sumiko Takatsuka, Hiroki Fujikawa, Riichiro Abe

    JOURNAL OF DERMATOLOGY   44 ( 11 )   1317 - 1319   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:WILEY  

    Tie-over bolster dressing after skin grafting can prolong operative time, and cause hematoma and seroma formation because of uneven pressure application. To describe the possibility of discontinuing the use of tie-over dressing, we carried out a retrospective comparative study of patients who underwent skin grafting at an institution between January 2009 and December 2014. We investigated and compared the take rate, healing period, wound infection rate and hematoma formation rate for the tie-over dressing group and the non-tie-over dressing group. Among 266 patients, 148 and 118 patients were included in the tie-over dressing group and non-tie-over dressing group, respectively. There were no significant differences between the take rate, healing period, wound infection rate and hematoma formation rate for the two groups. Multivariate analysis showed that the complete graft take rate was not significantly influenced by tie-over dressing, age, sex, graft site, graft procedure and skin graft diameter. Although the use of tie-over dressing might remain necessary on sites with a free margin, including the eyelids, lips or nostrils, because of the difficulty in using tape fixation, the present study showed that alternative dressing with polyurethane foam is also useful in most cases of skin grafting.

    DOI: 10.1111/1346-8138.13916

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • 抗EGFR抗体による皮膚障害に対する予防的介入の効果についての検討

    結城 明彦, 高塚 純子, 竹之内 辰也, 森 香織, 植木 雄志, 佐藤 雄一郎, 野上 仁, 丸山 聡, 瀧井 康公

    県立がんセンター新潟病院医誌   54 ( 2 )   114 - 114   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟県立がんセンター新潟病院  

    researchmap

▶ 全件表示

MISC

  • 薬疹 原因薬剤添加末梢血単核球培養上清を用いたプロテオーム解析によるスティーブンス・ジョンソン症候群/中毒性表皮壊死症のバイオマーカーの同定

    濱 菜摘, 西村 慶子, 長谷川 瑛人, 結城 明彦, 久米 秀明, 足立 淳, 木下 真直, 小川 陽一, 中島 沙恵子, 野村 尚史, 渡辺 秀晃, 水川 良子, 朝長 毅, 清水 宏, 阿部 理一郎

    日本皮膚免疫アレルギー学会雑誌   3 ( 1 )   193 - 193   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本皮膚免疫アレルギー学会  

    researchmap

  • 皮丘優位に褐色色素小点を認めたAshy dermatosisの1例

    富井 光一, 藤本 篤, 有松 亜美, 岩井 由樹, 横山 令, 片桐 芽衣子, 加畑 雄大, 林 良太, 結城 明彦, 重原 庸哉, 会沢 敦子, 濱 菜摘, 阿部 理一郎, 藤田 繁

    日本皮膚科学会雑誌   129 ( 4 )   553 - 553   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本皮膚科学会  

    researchmap

  • PET-CTでリンパ節転移を疑った皮膚型皮膚平滑筋肉腫の1例

    勝見 達也, 藤川 大基, 横山 令, 結城 明彦, 親松 宏, 阿部 理一郎

    Skin Cancer   34 ( 1 )   46 - 49   2019年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本皮膚悪性腫瘍学会  

    &lt;p&gt;66歳,男性。右前胸部に被覆表皮が紅色の皮下腫瘤を自覚した。近医にて切除されたが,病理検査は施行されなかった。切除1年後同部位に腫瘤の再発を認め,全摘組織では,病理学的に皮膚型皮膚平滑筋肉腫と診断された。側方断端陽性であり,精査,追加治療目的に当科紹介受診した。PET-CTで,右腋窩の腫大したリンパ節にFDGの集積を認め,転移が疑われた。拡大切除と,右腋窩リンパ節生検を施行した。病理組織所見で,原発巣の腫瘍細胞は真皮深層までの浸潤で,腫瘍細胞の残存がみられたが断端は陰性。リンパ節に腫瘍細胞は認めなかった。一般的に予後良好とされる皮膚型の皮膚平滑筋肉腫であっても真皮深層にまで腫瘍細胞の浸潤を認めたため,慎重な経過観察が必要と考えた。&lt;/p&gt;

    CiNii Article

    researchmap

  • 治療 Nasolabial turnover flapによる鼻翼再建を行った基底細胞癌の4例

    鹿児山 浩, 結城 明彦, 酒井 あかり, 高塚 純子, 竹之内 辰也

    臨床皮膚科 = Japanese journal of clinical dermatology   72 ( 12 )   1011 - 1015   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:医学書院  

    CiNii Article

    researchmap

  • 早期菌状息肉症(Stage I、II)におけるCell adhesion molecule1(CADM1)の発現解析

    結城 明彦, 藤川 大基, 林 良太, 阿部 理一郎, 本間 英里奈, 浜出 洋平, 清水 宏, 岩田 浩明, 松岡 雅雄

    日本皮膚科学会雑誌   127 ( 4 )   635 - 635   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本皮膚科学会  

    researchmap

  • 症例 速やかに消退した足底色素斑 : カメムシが原因と思われた2例

    結城 明彦, 高塚 純子, 竹之内 辰也

    皮膚科の臨床   58 ( 4 )   609 - 612   2016年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:金原出版  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 抗癌剤によるリコール現象を認めた6例の検討

    結城 明彦, 鹿児山 浩, 高塚 純子, 竹之内 辰也

    日本皮膚科学会雑誌   126 ( 8 )   1453 - 1457   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 日本皮膚科学会  

    &lt;p&gt;アントラサイクリン系やタキサン系などの抗癌剤による血管外漏出の既往を有する患者に対して,他部位からの再投与に伴って漏出部位に炎症が再燃することがあり,リコール現象と呼ばれる.血管外漏出の明らかな既往がないにも関わらず,リコール現象を来した6例を経験した.その内の1例は潰瘍を形成し,上皮化までに長期間を要した.リコール現象の正確な発症機序は不明であるが,薬剤の微小漏出による潜在的な組織傷害が成立していたものと考えた.&lt;/p&gt;

    DOI: 10.14924/dermatol.126.1453

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 症例報告 Mycobacterium ulcerans subsp. shinshuenseによるBuruli潰瘍の1例

    結城 明彦, 浅野 幸恵, 伊藤 薫

    臨床皮膚科 = Japanese journal of clinical dermatology   69 ( 4 )   337 - 342   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:医学書院  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 症例報告 サクランボによる口腔アレルギー症候群の1例

    結城 明彦, 大湖 健太郎, 塚本 清香

    臨床皮膚科 = Japanese journal of clinical dermatology   69 ( 1 )   25 - 28   2015年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:医学書院  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 臨床統計 当科におけるアナフィラクトイド紫斑病の臨床的検討

    結城 明彦, 苅谷 直之, 伊藤 雅章

    臨床皮膚科 = Japanese journal of clinical dermatology   68 ( 6 )   465 - 468   2014年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:医学書院  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 全身性エリテマトーデスに伴う動脈性潰瘍に陰圧閉鎖療法(VAC)が効果的であった1例

    田中登希子, 結城明彦, 会沢敦子, 松尾淑江, 下村尚子, 藤原浩, 伊藤雅章

    日本皮膚科学会雑誌   123 ( 4 )   453 - 453   2013年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本皮膚科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

▶ 全件表示