2021/10/20 更新

写真a

サトウ タクミ
佐藤 拓実
SATO Takumi
所属
教育研究院 医歯学系 歯学系列 助教
医歯学総合研究科 口腔生命科学専攻 摂食環境制御学 助教
職名
助教
外部リンク

学位

  • 博士(歯学) ( 2019年3月   新潟大学 )

  • 学士(歯学) ( 2012年3月   東京医科歯科大学 )

研究キーワード

  • 客観的評価

  • 動作解析

  • 歯科臨床技能教育

研究分野

  • 人文・社会 / 教育工学

経歴

  • 新潟大学   医歯学総合研究科 口腔生命科学専攻 摂食環境制御学   助教

    2021年6月 - 現在

  • 新潟大学   教育研究院 医歯学系 歯学系列   助教

    2021年6月 - 現在

所属学協会

 

論文

  • 研修歯科医の身体的特徴が歯科治療時の力のコントロールに与える影響 査読

    原 さやか, 佐藤 拓実, 中村 太, 野村 みずき, 石﨑 裕子, 伊藤 晴江, 奥村 暢旦, 塩見 晶, 長谷 真奈, 藤井 規孝

    日本総合歯科学会   12 ( 1 )   19 - 26   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 光学式モーションキャプチャ・システムを用いた浸潤麻酔および 印象採得動作の定量的解析 査読

    中村 太, 佐藤 拓実, 原 さやか, 野村 みずき, 奥村 暢旦, 藤井 規孝

    日本総合歯科学会   12 ( 1 )   27 - 34   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 下顎全部床義歯調整の新たな教育方法開発に関する検討 査読

    野村 みずき, 藤井 規孝, 佐藤 拓実, 中村 太, 原 さやか, 石﨑 裕子, 伊藤 晴江, 奥村 暢旦, 塩見 晶, 長谷川 真奈

    日本歯科医学教育学会雑誌   36 ( 2 )   63 - 70   2020年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本歯科医学教育学会  

    <p> <b>抄録</b> 今回, 圧力センサー付マネキン (以下, マネキン) を歯科治療時の力のコントロールの教育に応用することを試みた. 被験者は新潟大学病院臨床研修歯科医21名とし, 下顎全部床義歯の適合診査を対象処置とした. 初めに被験者にマネキンに装着した全部床義歯に対する力の加え方と力の目安は50Nであることを説明し, 力の大きさを計測した (F<sub>0</sub>). 次に11名のⅠ群と10名のⅡ群に分け, Ⅰ群にはマネキンに表示される下顎全体にかかる力の大きさを確認しながら体験学習を行わせた. 続いて, Ⅰ, Ⅱ群の被験者をⅠA, ⅠB, ⅡA, ⅡBの2群ずつとした後, ⅠA, ⅡAには写真のみ提示し, ⅠB, ⅡBには写真を用いて調整を要する強接触部の確認方法を説明し, 再度力を計測した (F<sub>1</sub>). すべての計測は義歯内面に適合診査材料を塗布した状態で行い, 計測後に各被験者に強接触部を回答させてあらかじめ無歯顎模型に設けた凸部と照合し, 正答率を算出した. また, 各被験者が圧接した義歯内面について補綴を専門とする教員に同様の判定を依頼した. 得られたデータを統計的に解析したところ, Ⅰ群ではF<sub>0</sub>, F<sub>1</sub>に有意差を認め, Ⅱ群では認めなかった. 適合診査の判定はA, Bグループ間に差は認めなかったが, 教員が評価した強接触部の数と被験者が加えた力の大きさには相関を認めた. 以上の結果から, さらに工夫を加えれば本装置は下顎全部床義歯の調整に有用な教育ツールになりうることが示唆された.</p>

    DOI: 10.24744/jdea.36.2_63

    CiNii Article

    researchmap

  • 光学式モーションキャプチャ・システムによる人工歯切削動作の定量的解析 査読

    佐藤 拓実, 中村 太, 林 豊彦, 奥村 暢旦, 藤井 規孝

    日本歯科医学教育学会雑誌   36 ( 2 )   71 - 80   2020年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   出版者・発行元:日本歯科医学教育学会  

    <p> <b>抄録</b> 歯科における臨床技能教育は, 技術職的要素を多分に含むことやさまざまな材料や機器を適切に扱う必要があることなどから簡単ではなく, 現状で歯科臨床技能の効果的な学修方法が確立しているとはいえない. 本研究は, この課題を解決するため, 身体動作計測の手法を用いて, 診療姿勢や診療動作を定量的に解析することを目的とした. </p><p> 対象は, 歯科医師群として新潟大学医歯学総合病院勤務の男性歯科医師7名, 学生群として新潟大学歯学部歯学科6年男子学生9名の合計16名とした. 光学式モーションキャプチャ・システムを用いて, タービンハンドピースにダイヤモンドポイントを装着使用した場合のⅠ級インレー形成時の動作解析を行った. </p><p> 歯科医師と学生では窩洞外形に相当するダイヤモンドポイント先端の軌跡は明らかに異なり, 切削に掛かった時間は歯科医師が明らかに短かった. 歯科医師のほうが切削中の手首, 肘の関節の角度の変化が少なく, 頭部, 頸部に比べて胸部が人工歯から遠いため, 切削中姿勢や上肢を安定させ, 一方で学生は覗き込むような姿勢で, 手首や肘でエアタービンをコントロールしていることがわかった. </p><p> 本研究において, 動作解析により, Ⅰ級インレー窩洞形成時のエアタービン, 上肢, 体幹の客観的評価を行うことができ, 臨床的示唆が得られた.</p>

    DOI: 10.24744/jdea.36.2_71

    CiNii Article

    researchmap

  • 研修歯科医と指導歯科医の歯科治療時の力のコントロールに関する研究 査読

    原 さやか, 佐藤 拓実, 中村 太, 石﨑 裕子, 伊藤 晴江, 奥村 暢旦, 塩見 晶, 長谷川 真奈, 藤井 規孝

    日本歯科医学教育学会雑誌   35 ( 1 )   3 - 10   2019年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本歯科医学教育学会  

    <p> <b>抄録</b> 歯科医学教育において診療参加型臨床実習はたいへん重要であるが, 臨床実習の期間は限られているため, 一つの経験からより多くを学ぶための工夫や, 効率的に技能を学修するための教育ツールの開発が必要とされている. これまでわれわれは, 臨床現場においてのみ習得することができると考えられる技能を効果的に教育することについて検討を行い, 治療時に術者が患者に加える力に着目して調査を進めてきた. 今回は5つの高頻度一般歯科処置について63名の研修歯科医と15名の指導歯科医が患者に加える力を測定し, 研修時期による違いや研修歯科医と指導歯科医の差について検討を行った. 研修歯科医については4月を研修初期, 翌年2月を研修後期として, それぞれ25名, 38名に歯周ポケット検査, 歯肉圧排, 抜歯, 全部鋳造冠の装着, 全部床義歯の印象について測定を行った. その結果, 抜歯に関する研修初期と指導歯科医, 全部鋳造冠装着に関する研修初期と後期, 指導歯科医の間に有意な差が認められた. 処置に適した力の範囲の推定に加え, 力のコントロールにはそれぞれの経験数が関係すること, 適切な力が示されれば, 研修初期の段階でも力のコントロールを習得できる可能性が示唆された. 今後もさらに調査を継続することにより, それぞれの処置に対して学修目標となりうる適切な力の範囲を示し, 力のコントロールを習得するために必要な経験数や目標値を提示できる可能性があると考えられた.</p>

    DOI: 10.24744/jdea.35.1_3

    CiNii Article

    researchmap

  • 歯科治療のためのI級窩洞形成におけるタービンの動作解析

    立野裕洋, 林豊彦, 林豊彦, 佐藤拓実, 中村太, 奥村暢旦, 藤井規孝, 藤井規孝

    電子情報通信学会技術研究報告   118 ( 366(MBE2018 50-56)(Web) )   15‐20 (WEB ONLY)   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 初診時医療面接における自己申告に基づく全身状態把握の現状と問題点 査読

    服部 陽一, 中島 貴子, 石崎 裕子, 伊藤 晴江, 奥村 暢旦, 塩見 晶, 長谷川 真奈, 中村 太, 佐藤 拓実, 藤井 規孝

    日本総合歯科学会雑誌   ( 9 )   42 - 46   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本総合歯科学会  

    超高齢社会を迎え,歯科医療機関を受診する高齢者,有病者の割合は増加している。安全な歯科医療のためには全身状態の把握が欠かせない。一般に患者の全身状態は初診時の医療面接で聴取されるが,自身の健康状態を正しく理解していない場合もある。本研究の目的は,新潟大学医歯学総合病院歯科の初診患者の自己申告に基づく全身疾患罹患状況について臨床統計的観察を行い,有病率の特徴と初診時医療面接上の留意点を明らかにすることである。2015年度1年間に新潟大学医歯学総合病院歯科の予診室を受診した初診患者1,258名の予診記録を調べた。男女比は男性38.2%,女性61.8%,65歳以上の者は全体の34.7%であった。一人当たりの全身疾患数の平均は40歳代で1以上,60歳代で1.5以上,70歳代では2以上であり,年齢とともに増していた。高頻度で認められた疾患は,高血圧(17.1%),高血圧以外の動脈硬化性疾患(心血管疾患,脳血管疾患等)(9.3%),がん(9.2%),糖尿病(6.4%)であった。60歳以上に限るとこれらの有病者率は上昇し,高血圧,がん,糖尿病はほぼ倍増した。骨粗鬆症は70歳代で9.0%に認められた。高血圧,糖尿病の有病率は低くはなかったが国民健康・栄養調査の値を下回っており,自己申告しない,病識の不十分な有病者の存在が示唆され,聴取時の工夫とともに,医科への対診,受診勧告などの医科歯科連携の必要性が再確認された。(著者抄録)

    researchmap

  • 光学式モーションキャプチャ・システムを用いた歯学教育のための歯牙切削動作解析 (MEとバイオサイバネティックス)

    立野 裕洋, 林 豊彦, 佐藤 拓実, 中村 太, 奥村 暢旦, 藤井 規孝

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   117 ( 63 )   33 - 38   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    J-GLOBAL

    researchmap

    その他リンク: http://search.jamas.or.jp/link/ui/2017354019

  • 研修歯科医による臨床指導評価が指導歯科医の教育能力向上意欲に与える影響 査読

    中島 貴子, 石﨑 裕子, 伊藤 晴江, 奥村 暢旦, 塩見 晶, 長谷川 真奈, 中村 太, 佐藤 拓実, 藤井 規孝

    日本歯科医学教育学会雑誌   33 ( 1 )   12 - 19   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本歯科医学教育学会  

    <p> <b>抄録</b> 近年求められている歯科医学教育の実質化を図るために, 指導歯科医の質的向上は欠かせない. 本研究の目的は, 研修歯科医による臨床指導評価が, 指導歯科医の指導能力開発に取り組む意欲の向上に及ぼす影響を検証することである.</p><p> 平成27年度新潟大学医歯学総合病院歯科医師臨床研修単独型プログラムの指導歯科医 (以下, 教員) 6名と臨床指導補助を行う若手歯科医師 (以下, 医員) 7名を対象とした. 研修終了時に, 研修歯科医22名がこれら13名の臨床指導についてマーストリヒト臨床教育評価票を用いて評価した結果をそれぞれにフィードバックした後, 教員, 医員に対してアンケート調査を実施した.</p><p> 教員は研修歯科医による臨床指導評価をおおむね肯定的にとらえており, 全員が研修歯科医からの評価は必要であると回答した. 医員では, 評価が自身にとって有意義である, 今後の指導に活かせるという回答は半数であったが, 自らの後輩指導という役割への気づきを示す回答もみられた. 教員, 医員から共通して, 指導上留意すべき点が明文化して提示されることは個人のみならず, 部署内の指導方針の統一とひいては臨床研修の充実に有意義との指摘があった.</p><p> 研修歯科医による臨床指導評価は, 内容や方法を工夫すれば比較的抵抗なく受け入れられ, 指導歯科医の教育能力開発意欲を向上させるために有用な方法となり得ることが示された.</p>

    DOI: 10.24744/jdea.33.1_12

    CiNii Article

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 研修歯科医の臨床技術修得における力のコントロールに関する研究 査読

    佐藤 拓実, 中村 太, 塩見 晶, 石崎 裕子, 奥村 暢旦, 伊藤 晴江, 中島 貴子, 藤井 規孝

    日本歯科医学教育学会雑誌   32 ( 3 )   166 - 172   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本歯科医学教育学会  

    <p> <b>抄録</b> 歯科治療の技術修得には, それぞれの処置に適した力のコントロールを身につけることが含まれる. 我々は, 術者の力のコントロールを調査し, 臨床実習中の学生と彼らのインストラクターを務める歯科医師の間には大きな違いがあることを明らかにした. そこで, 今回は歯科医師が力のコントロールを身につける過程を調査するために, 研修歯科医22名を対象に研修期間の初期 (6月) と後期 (2月) における処置時の力を計測した. 力の計測は, 下顎にフォースゲージ (IMADA社製) を取り付けたマネキンを用い, 臨床研修において研修歯科医が経験する頻度が高い処置より, 比較的繊細な力で行うものから大きな力を必要とするものを選択し, 歯周ポケット検査 (PPE), 歯肉圧排 (GR), 歯肉縁下歯石の除去 (SRP), 抜歯 (EXT), 全部床義歯印象 (FD) および全部金属冠 (FMC) の装着を対象とした. 計測結果に関してPPE, GR, SRP, EXTは処置中に複数回現れるピークの中央値を, FD, FMCは処置中における最大値を代表値として集計し, 6月と2月の各代表値をwilcoxonの符号付順位和検定, Mann-WhitneyのU検定を用いて分析したところ, PPE, GR, SRP, FMCには差がみられなかったのに対し, EXT, FDには有意差が認められた. 以上のことから, 研修歯科医は研修期間中に力のコントロールを部分的に修得することが示唆された.</p>

    DOI: 10.24744/jdea.32.3_166

    CiNii Article

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 高頻度歯科治療における処置時の力のコントロールに関する研究 査読

    中村 太, 佐藤 拓実, 塩見 晶, 奥村 暢旦, 石﨑 裕子, 伊藤 晴江, 中島 貴子, 藤井 規孝

    日本歯科医学教育学会雑誌   32 ( 1 )   22 - 28   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本歯科医学教育学会  

    <p> <b>抄録</b> 歯科医師に求められる基本的な手技要件には, 適切に器材を扱うことに加え, それぞれの処置に適した力を患者や患歯に加えることが含まれる. しかしながら, 治療時の力のコントロールの教育は困難であるため, 学生や研修歯科医にとってはこれを経験的に学習せざるをえないのが現状と思われる. そこで, 今回処置時の力のコントロールに関する教育法の基盤形成を行うことを目的として, 学生と歯科医師が処置時に患者に加える力の差を調査した. 被験者は臨床実習中の新潟大学歯学科5年生10名と臨床実習および臨床研修の指導教員を務める歯科医師10名の計20名とした. 力の計測は下顎に電子秤を取り付けたマネキンを用いて行い, 対象処置には繊細な力から比較的大きな力を要するものとして歯周ポケット検査, 歯肉圧排, 感染歯質除去, 部分床義歯装着, 全部鋳造冠装着の5種類を選択した. 得られた結果は学生群, 歯科医師群に分けて統計学的処理を行い, それぞれについて有意差の有無を検証した. 結果を比較すると, 小さな力で行う処置では学生が歯科医師より大きな力を加えており, 大きな力を要する処置ではこの反対の傾向がみられた. 今回対象とした5つのすべての処置について学生群と歯科医師群で計測された力の大きさに有意差が認められ, 歯科医師群では処置間の比較においても有意差が示された. 以上より, 治療時の力のコントロールと術者の経験は密接に関係することが示唆された.</p>

    DOI: 10.24744/jdea.32.1_22

    CiNii Article

    J-GLOBAL

    researchmap

▶ 全件表示

MISC

▶ 全件表示

講演・口頭発表等

  • ブリッジ製作において口腔衛生指導を行い歯周組織状態の改善を図った上で補綴治療を進めた一症例

    大平匡徹, 中村太, 石崎裕子, 伊藤晴江, 奥村暢旦, 長谷川真奈, 佐藤拓実, 藤井規孝

    第13回日本総合歯科学会・学術大会  2020年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月 - 2020年11月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 脳下垂体腫瘍による巨舌と口唇の肥厚を伴う無歯顎患者に対して上下新義歯を製作した症例

    大久保光, 長谷川真奈, 石崎裕子, 伊藤晴江, 奥村暢旦, 中村太, 佐藤拓実, 藤井規孝

    第12回日本総合歯科学会総会・学術大会  2020年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月 - 2020年11月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 長期に渡り治療中の歯が複数存在する患者のこれまでの治療経過を考察する

    板離子, 石崎裕子, 佐藤拓実, 伊藤晴江, 奥村暢旦, 長谷川真奈, 中村太, 藤井規孝

    第12回日本総合歯科学会総会・学術大会  2020年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月 - 2020年11月

    researchmap

  • 義歯適合診査の判断能力に関する教育方法の検討

    佐藤拓実, 野村みずき, 都野さやか, 中村太, 齋藤豪, 石崎裕子, 伊藤晴江, 奥村暢旦, 塩見晶, 長谷川真奈, 藤井規孝

    第39回日本歯科医学教育学会総会・学術大会  2020年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月 - 2020年10月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 下顎全部床義歯の適合診査時に加える「力」の教育方法に関する検討 -第2報-

    野村みずき, 佐藤拓実, 中村太, 都野さやか, 齋藤豪, 石崎裕子, 伊藤晴江, 奥村暢旦, 塩見晶, 長谷川真奈, 藤井規孝

    第39回日本歯科医学教育学会総会・学術大会  2020年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月 - 2020年10月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 下顎全部床義歯の適合診査時に加える「力」の教育方法に関する検討―第1報―

    齋藤豪, 佐藤拓実, 中村太, 都野さやか, 野村みずき, 石崎裕子, 伊藤晴江, 奥村暢旦, 塩見晶, 長谷川真奈, 藤井規孝

    第39回日本歯科医学教育学会総会・学術大会  2020年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月 - 2020年10月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • スケーリング・ルートプレーニングの技能教育定量化の試み

    都野さやか, 佐藤拓実, 中村太, 野村みずき, 齋藤豪, 石崎裕子, 伊藤晴江, 奥村暢旦, 塩見晶, 長谷川真奈, 藤井規孝

    第39回日本歯科医学教育学会総会・学術大会  2020年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月 - 2020年10月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 歯科治療時の力のコントロールの個人差についての検討

    原さやか, 佐藤拓実, 中村太, 野村みずき, 石﨑裕子, 伊藤晴江, 奥村暢旦, 塩見晶, 長谷川真奈, 藤井規孝

    第12回日本総合歯科学会・学術大会  2019年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 歯科治療時の力のコントロール訓練装置の教育効果 -第1報-

    野村みずき, 佐藤拓実, 中村太, 原さやか, 石﨑裕子, 奥村暢旦, 伊藤晴江, 塩見晶, 長谷川真奈, 藤井規孝

    第38回日本歯科医学教育学会・学術大会  2019年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 歯科治療時の力のコントロール訓練装置の教育効果-第2報-

    佐藤拓実, 中村太, 原さやか, 野村みずき, 石﨑裕子, 奥村暢旦, 伊藤晴江, 塩見晶, 長谷川真奈, 藤井規孝

    第38回日本歯科医学教育学会・学術大会  2019年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 機械学習を応用した 歯科臨床技能評価システム開発の提案

    長谷川真奈, 藤井規孝, 黒瀬雅之, 石崎裕子, 伊藤晴江, 奥村暢旦, 塩見晶, 中村太, 佐藤拓実, 原さやか, 野村みずき, 佐藤大祐

    第38回日本歯科医学教育学会・学術大会  2019年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • The motion analysis of impression taking using optical motion capture system VICON - Consideration of impression taking technique difference by clinical experience.

    2019年6月 

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • The Motion Analysis of Cavity Preparation.

    2019年6月 

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • 骨軟骨腫による下顎頭切除術後に生じた片側開口に対して補綴治療で機能回復した症例

    奥村暢旦, 荒井良明, 塩見晶, 長谷川真奈, 中村太, 佐藤拓実, 藤井規孝

    第128回日本補綴歯科学会・学術大会  2019年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • モーションキャプチャシステムを用いた窩洞形成の動作解析

    佐藤拓実, 中村太, 奥村暢旦, 奥村暢旦, 藤井規孝, 藤井規孝

    新潟歯学会雑誌  2018年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 歯科治療時の力のコントロール習得に関する研究

    原さやか, 石崎裕子, 伊藤晴江, 奥村暢旦, 塩見晶, 中村太, 佐藤拓実, 藤井規孝, 藤井規孝

    日本歯科医学教育学会総会・学術大会プログラム・抄録集  2018年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • The Motion Analysis of Cavity Preparation 国際会議

    T.SATO, N.FUJII, T.HAYASHI, Y.TATENO, N.OKUMURA, F.NAKAMURA, S.HARA

    96th General Session and Exhibition of the IADR  2018年6月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • The Motion Analysis of Impression Taking Using Optical Motion Capture System VICON 国際会議

    N.OKUMURA, T.SATO, N.FUJII, F.NAKAMURA, S.HARA, T.HAYASHI, Y.TATENO

    96th General Session and Exhibition of the IADR  2018年6月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 光学式3次元動作測定装置を用いた浸潤麻酔時における動作解析

    中村太, 佐藤拓実, 早崎治明, 奥村暢旦, 藤井規孝, 藤井規孝

    新潟歯学会雑誌  2017年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 光学式3次元動作解析装置を用いた浸潤麻酔時における動作解析

    中村太, 佐藤拓実, 林豊彦, 中島努, 早崎治明, 佐藤直子, 昆はるか, 奥村暢旦, 藤井規孝, 藤井規孝

    日本歯科医学教育学会総会・学術大会プログラム・抄録集  2017年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • VICONシステムを用いた1級インレー窩洞形成動作の解析

    佐藤拓実, 中村太, 林豊彦, 中島努, 早崎治明, 佐藤直子, 昆はるか, 小野高裕, 奥村暢旦, 藤井規孝, 藤井規孝

    日本歯科医学教育学会総会・学術大会プログラム・抄録集  2017年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 力のコントロールに対する臨床研修の効果について

    奥村暢旦, 中島貴子, 中島貴子, 石崎裕子, 伊藤晴江, 塩見晶, 中村太, 佐藤拓実, 藤井規孝, 藤井規孝

    日本歯科医学教育学会総会・学術大会プログラム・抄録集  2017年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 体幹傾斜と頸部,頭部屈曲が咀嚼運動に与える影響

    昆はるか, 佐藤直子, 林豊彦, 堀澤貴行, 佐藤拓実, 中村太, 早崎治明, 小野高裕

    日本摂食嚥下リハビリテーション学会学術大会抄録集(Web)  2017年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 光学式モーションキャプチャ・システムを用いた歯科治療における浸潤麻酔動作の解析

    堀澤貴行, 林豊彦, 林豊彦, 中村太, 佐藤拓実, 奥村暢旦, 藤井規孝, 藤井規孝

    日本顎口腔機能学会学術大会プログラム・事前抄録集  2017年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 歯牙切削動作における熟練者・初心者間の比較検討

    立野裕洋, 林豊彦, 林豊彦, 佐藤拓実, 中村太, 奥村暢旦, 藤井規孝, 藤井規孝

    日本顎口腔機能学会学術大会プログラム・事前抄録集  2017年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • VICONシステムを用いた歯牙切削動作解析

    佐藤拓実, 中村太, 林豊彦, 佐藤直子, 昆はるか, 小野高裕, 奥村暢旦, 藤井規孝, 藤井規孝

    日本補綴歯科学会誌(Web)  2017年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 頸部屈曲が咀嚼運動に与える影響

    昆はるか, 五十嵐直子, 堀澤貴行, 林豊彦, 中島努, 早崎治明, 中村太, 佐藤拓実, 藤井規孝, 堀一浩, 小野高裕

    日本顎口腔機能学会雑誌  2016年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • VICONシステムを用いた歯科診療動作解析,及び実験環境の構築

    佐藤拓実, 中村太, 林豊彦, 中島努, 早崎治明, 佐藤直子, 昆はるか, 奥村暢旦, 藤井規孝, 藤井規孝

    日本歯科医学教育学会総会・学術大会プログラム・抄録集  2016年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 研修歯科医の処置時の力のコントロール習得に関する研究

    奥村暢旦, 中島貴子, 中島貴子, 石崎裕子, 伊藤晴江, 塩見晶, 中村太, 佐藤拓実, 藤井規孝, 藤井規孝

    日本歯科医学教育学会総会・学術大会プログラム・抄録集  2016年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 光学式三次元動作解析装置を用いた浸潤麻酔時の挙動評価

    中村太, 佐藤拓実, 林豊彦, 中島努, 早崎治明, 佐藤直子, 昆はるか, 奥村暢旦, 藤井規孝, 藤井規孝

    日本歯科医学教育学会総会・学術大会プログラム・抄録集  2016年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 研修歯科医による臨床指導評価が指導歯科医の教育能力・意欲向上に及ぼす影響

    中島貴子, 中島貴子, 石崎裕子, 伊藤晴江, 奥村暢旦, 塩見晶, 中村太, 佐藤拓実, 藤井規孝, 藤井規孝

    日本歯科医学教育学会総会・学術大会プログラム・抄録集  2016年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 頚部屈曲が咀嚼運動に与える影響

    昆はるか, 五十嵐直子, 堀澤貴行, 林豊彦, 中島努, 早崎治明, 中村太, 佐藤拓実, 藤井規孝, 堀一浩, 小野高裕

    日本顎口腔機能学会学術大会プログラム・事前抄録集  2016年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 高頻度歯科治療における処置時の力加減についての研究

    中村太, 佐藤拓実, 藤井規孝, 奥村暢旦, 中島貴子, 石崎裕子, 伊藤晴江, 塩見晶

    日本歯科医学教育学会総会・学術大会プログラム・抄録集  2015年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

▶ 全件表示

受賞

  • 第12回優秀課題口演賞

    2019年11月   日本総合歯科学会   歯科治療時の力のコントロールの個人差についての検討

    原さやか, 佐藤拓実, 中村太, 野村みずき, 石﨑裕子, 伊藤晴江, 奥村暢旦, 塩見晶, 長谷川真奈, 藤井規孝

     詳細を見る

  • 第11回国際学会研究発表奨励賞

    2019年7月   日本歯科医学教育学会   The Motion Analysis of Cavity Preparation

    T. Sato, N.Fujii, T.Hayashi, Y.Tateno, N.Okumura, F.Nakamura, S.Hara

     詳細を見る

  • 第15回優秀論文賞

    2017年9月   日本歯科医学教育学会   研修歯科医の臨床技術修得における力のコントロールに関する研究

    佐藤 拓実

     詳細を見る