2024/07/16 更新

写真a

カワノ シホ
河野 志穂
KAWANO Shiho
所属
教育研究院 人文社会科学系 法学系列 助教
法学部 法学科 助教
職名
助教
外部リンク

学位

  • 修士(文学) ( 2005年3月   早稲田大学 )

  • 学士(商学) ( 2000年3月   早稲田大学 )

研究分野

  • 人文・社会 / 教育社会学  / キャリア教育、高等教育

経歴(researchmap)

  • 大正大学   非常勤講師

    2016年10月 - 2019年2月

      詳細を見る

    備考:教育学担当

    researchmap

  • 東洋大学   理工学部   非常勤講師

    2015年9月 - 2022年3月

      詳細を見る

    備考:教育基礎学Ⅱ・教育制度論 担当

    researchmap

  • 立教大学   社会学部   兼任講師

    2015年4月 - 現在

      詳細を見る

    備考:職業選択・キャリア形成論担当

    researchmap

  • 内閣府 経済社会総合研究所   政策調査員

    2013年4月 - 2016年3月

      詳細を見る

  • 淑徳大学   こども学科   非常勤講師

    2011年10月 - 2022年3月

      詳細を見る

    備考:教育社会学担当

    researchmap

  • 公益財団法人荒川区自治総合研究所   研究員

    2011年2月 - 2022年8月

      詳細を見る

▶ 全件表示

経歴

  • 新潟大学   法学部 法学科   助教

    2022年9月 - 現在

  • 新潟大学   教育研究院 人文社会科学系 法学系列   助教

    2022年9月 - 現在

学歴

  • 早稲田大学   大学院教育学研究科   教育基礎学専攻

    2005年4月 - 2014年3月

      詳細を見る

    備考: 博士課程単位取得後退学

    researchmap

  • 早稲田大学   大学院文学研究科   教育学専攻

    2000年4月 - 2005年3月

      詳細を見る

  • 早稲田大学   商学部

    1995年4月 - 2000年3月

      詳細を見る

 

論文

▶ 全件表示

書籍等出版物

  • 想像力を拓く教育社会学

    高橋 均( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 第11章 変化する社会における「キャリア教育」―学校教育は卒業後の仕事にどのように関わっているのか?)

    東洋館出版社  2019年4月  ( ISBN:4491036837

     詳細を見る

    総ページ数:328   記述言語:日本語

    CiNii Books

    ASIN

    researchmap

  • 文系大学教育は仕事の役に立つのか : 職業的レリバンスの検討 = Is university education useful for job ?

    本田, 由紀( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 第4章 誰が資格を取得するのか―大学在学中と卒業後の資格取得の規定要因)

    ナカニシヤ出版  2018年8月  ( ISBN:9784779513107

     詳細を見る

    総ページ数:iii, 202p   記述言語:日本語

    CiNii Books

    researchmap

  • 教育社会学―現代社会のシステム分析

    牧野 暢男, 天童 睦子( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 加藤美帆氏と共訳、第4章 人種、階級、ジェンダー:教育機会の平等を達成するために)

    東洋館出版社  2011年10月  ( ISBN:4491027285

     詳細を見る

    総ページ数:698   記述言語:日本語

    CiNii Books

    ASIN

    researchmap

MISC

▶ 全件表示

共同研究・競争的資金等の研究

  • 米国大学における第一世代学生への支援の実態と課題-大学特性に基づく類型化の試み

    研究課題/領域番号:23K18864

    2023年9月 - 2025年3月

    制度名:研究活動スタート支援

    提供機関:独立行政法人日本学術振興会

    河野志穂

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    researchmap

  • 人文社会科学系大学教育の内容・方法とその職業的レリバンスに関するパネル調査研究

    研究課題/領域番号:24330232

    2012年4月 - 2017年3月

    制度名:科学研究費助成事業

    研究種目:基盤研究(B)

    提供機関:日本学術振興会

    本田 由紀, 濱中 義隆, 中村 高康, 小山 治, 上西 充子, 二宮 祐, 香川 めい, 小澤 昌之, 堤 孝晃, 河野 志穂, 豊永 耕平, 河原 秀行, 西舘 洋介

      詳細を見る

    配分額:18460000円 ( 直接経費:14200000円 、 間接経費:4260000円 )

    本研究は、人文社会科学系大学教育の分野別の職業的レリバンスを把握することを目的とし、①大学3年時点から卒業後2年目までのパネル調査、②25~34歳の社会人を対象とする質問紙調査、③大学生・卒業生・大学教員を対象とするインタビュー調査を実施した。その結果、主に以下の知見が得られた。(1)人文社会科学系の大学教育の内容・方法には分野別に違いが大きく、教育の双方向性・職業との関連性の双方について教育学・社会学は相対的に水準が高いが、経済学・法学等の社会科学は前者の、哲学・歴史学等の人文科学は後者の、それぞれ水準が相対的に低い。(2)大学教育の内容・方法は卒業後の職業スキルに影響を及ぼしている。

    researchmap

  • 企業・卒業生による大学教育の点検・評価に関する日欧比較研究

    研究課題/領域番号:17203041

    2005年 - 2008年

    制度名:科学研究費助成事業

    研究種目:基盤研究(A)

    提供機関:日本学術振興会

    吉本 圭一, 小方 直幸, 村澤 昌崇, 稲永 由紀, 山田 裕司, 秋永 雄一, 塚原 修一, 亀野 淳, 坂野 慎二, 米澤 彰純, 齋藤 貴浩, 濱中 義隆, 夏目 達也, 濱名 陽子, 村山 詩帆, 藤墳 智一, 大森 不二雄, 石田 宏之, 江藤 智佐子, 立石 和子, 真鍋 和博, 甲斐 純子, 河野 志穂, 多田 順子, 北川 文美, 亀野 淳, 坂野 慎二, 村山 詩帆

      詳細を見る

    配分額:48880000円 ( 直接経費:37600000円 、 間接経費:11280000円 )

    本研究は、大学卒業生のキャリア形成にかかる長期的な効用という観点に着目して大学教育点検・評価のための方法論を検討した。また、そうした方法論の検討をふまえて、欧州15 ヵ国と日本とで共通の枠組みによる卒業生調査を企画・実施した。特に、日欧で要求されるコンピテンシーと、大学教育との関連を考察するために、また、そうした卒業生調査などの各大学での活用状況など関連調査を実施した。
    その結果、大卒者の年齢・経験プロフィールとも関連しつつ、日本と英国とで大学教育の効用の遅効性がともに確認され、大学教育と企業内等での訓練・能力開発枠組みを総合的に比較することの重要性が明らかになった。卒業生調査の方法論については、課題としての認知は拡がりつつあるが、学術的検証を想定すれば、複数機関による組織的な取組が不可欠であり、その実施体制の開発が課題となっていることが解明された。

    researchmap

 

担当経験のある授業科目

  • 領域関連特殊講義(企業実習基礎)

    2023年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • インターンシップ(実習4)

    2023年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • インターンシップ(実習3)

    2023年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • インターンシップ(実習7)

    2023年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • インターンシップ(実習5)

    2023年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • キャリア形成と自己実現

    2023年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • インターンシップ(実習1)

    2023年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • インターンシップ(実習2)

    2023年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • インターンシップ(実習6)

    2023年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 特殊講義(賢人会議II)

    2023年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • スタディ・スキルズ

    2023年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 特殊講義(賢人会議I)

    2022年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

▶ 全件表示