Updated on 2022/12/01

写真a

 
TAKAGI Sachiko
 
Organization
Academic Assembly Institute of Humanities and Social Sciences KYOIKUGAKU KEIRETU Professor
Graduate School of Education School Education Professor
Professional School of Teacher Education Professor
Title
Professor
External link

Degree

  • 博士(教育学) ( 2011.3   東北大学 )

  • 教育学修士 ( 1999.3   鳴門教育大学 )

Research Interests

  • Home Economics Education

  • Teacher Education

Research Areas

  • Humanities & Social Sciences / Education

  • Humanities & Social Sciences / Education on school subjects and primary/secondary education

Research History (researchmap)

  • Niigata University   Faculty of Education   Professor

    2022.6

      More details

  • Niigata University   Professional School for Teacher Education   Professor

    2022.6

      More details

  • Niigata University   Graduate School of Education School Education   Professor

    2016.4

      More details

  • Niigata University   Graduate School of Modern Society and Culture Human Developmental Studies   Professor

    2012.4 - 2016.3

      More details

  • Niigata University   Graduate School of Education School Education   Professor

    2011.11

      More details

  • Niigata University   Faculty of Education Living Sciences and Technology   Professor

    2011.11 - 2016.3

      More details

  • Niigata University   Faculty of Education Living Sciences and Technology   Associate Professor

    2004.4 - 2011.10

      More details

▶ display all

Research History

  • Niigata University   Graduate School of Education School Education   Professor

    2016.4

  • Niigata University   Graduate School of Modern Society and Culture Human Developmental Studies   Professor

    2012.4 - 2016.3

  • Niigata University   Graduate School of Education School Education   Professor

    2011.11

  • Niigata University   Faculty of Education Living Sciences and Technology   Professor

    2011.11 - 2016.3

  • Niigata University   Faculty of Education Living Sciences and Technology   Associate Professor

    2004.4 - 2011.10

Education

  • Tohoku University   Graduate School, Division of Education   教育設計評価専攻

    - 2011.3

      More details

    Country: Japan

    researchmap

  • Naruto University of Education   Graduate School, Division of School Education

    - 2000.3

      More details

    Country: Japan

    researchmap

  • Nara Women's University   Faculty of Home Economics

    - 1982.3

      More details

    Country: Japan

    researchmap

Professional Memberships

  • The Japan Association of Home Economics Education

      More details

  • The Japan Society of Home Economics

      More details

  • Japan Society for Educational Technology

      More details

  • The Japanese Association of Educational Psychology

      More details

Committee Memberships

  • 日本家庭科教育学会   常任理事  

    2017.7 - 2019.6   

      More details

    Committee type:Academic society

    researchmap

  •   理事  

    2016.4 - 2019.3   

      More details

  • 日本家庭科教育学会   理事  

    2015.7 - 2017.6   

      More details

    Committee type:Academic society

    researchmap

  •   理事  

    2013.5 - 2016.4   

      More details

  • 日本家庭科教育学会   常任理事  

    2011.7 - 2013.6   

      More details

    Committee type:Academic society

    researchmap

  •   理事  

    2010.6 - 2013.4   

      More details

  • 日本家庭科教育学会   理事  

    2009.7 - 2011.6   

      More details

    Committee type:Academic society

    researchmap

▶ display all

Qualification acquired

  • High School Teacher Specialization License

  • Junior High School Teacher Specialization License

 

Papers

  • 教職大学院授業における学習者の学びの特徴ー学卒院生と現職院生の比較ー Reviewed

    高木幸子, 一柳智紀, 杉澤武俊, 井口浩

    新潟大学高等教育研究   9   9 - 16   2022.3

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    researchmap

  • Analysis of what issue in-service teachers learn from their teaching experiences

    Sachiko TAKAGI

    14 ( 2 )   295 - 303   2022.2

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

    researchmap

  • Analysis of what in-service teachers learn from their teaching experiences

    Sachiko TAKAGI

    Bulletin of the Faculty of Education, Humanities and Social Sciences,NIIGATA UNIVERSITY   14 ( 1 )   101 - 114   2021.10

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

    researchmap

  • 家庭科の意義・役割や生活実態を探る高校生調査および全国調査の総括 Invited

    野中美津江, 鈴木真由子, 鈴木民子, 荒井紀子, 小川裕子, 高木幸子

    日本家庭科教育学会   61 ( 3 )   2018.11

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Publisher:日本家庭科教育学会  

    本調査は、高校生の生活や意識の実態、家庭科で獲得した力などを把握し、21世紀型学力に照らして分析することによって、これからの家庭科の役割と課題を明らかにすることを目的としている。調査は、2016年7月~2017年1月に全国公立全日制高等学校50光に在籍する4980人の高校生を対象に自記式質問紙法で実施した。分析の結果、女子の方が男子よりも生活を営む意識屋実践力が優位に高かった、また、高校生は家庭科に対する教科観として、料理や裁縫を学ぶもの、総合的・実践的に学ぶもの、子育ての知識や技術を学ぶもの、社会への視点、生き方について学ぶものと捉えていることがわかった。

    researchmap

  • 高等学校家庭科男女必修の成果と課題を探る社会人調査(自由記述分析) Invited

    高木幸子, 小川裕子, 中西幸夫, 財津庸子, 荒井紀子

    日本家庭科教育学会誌   61 ( 2 )   106 - 113   2018.8

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Publisher:日本家庭科教育学会  

    本論は、高等学校で男女必修家庭科開始から22年が経過し、その成果と課題を明らかにすることを目的として2016年に行った。自由記述を回答した827名の内容を世代、性別の視点から分析・整理した。その結果、男女必修世代が家庭科で学びたかった内容は、男性は調理技能や消費生活、女性はそれらに加えて生活設計やわが子のための裁縫の基礎などであった。女子のみ必修世代の男性は、男女共修世代の男性の姿から、男性が家庭科を学ぶことを肯定的に捉えていた。

    researchmap

  • これからの家庭科教員養成に求められる教職課程 Invited

    高木幸子

    日本家庭科教育学会誌   61 ( 2 )   114 - 116   2018.8

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Publisher:日本家庭科教育学会  

    researchmap

  • 全国調査の趣旨および高等学校家庭科男女必修の成果と課題を探る社会人調査(数量的データ分析) Invited

    藤田昌子, 日景弥生, 河野公子, 荒井紀子, 小川裕子, 高木幸子

    日本家庭科教育学会誌   61 ( 1 )   37 - 45   2018.5

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Publisher:日本家庭科教育学会  

    本論文は、高等学校で男女必修家庭科開始から22年が経過し、その成果と課題を明らかにすることを目的として2016年に行った調査を分析し、整理した。社会人を対象とした結果、年代、性別に関わらず約95%の人が高校時代に家庭科を学んでよかったと回答し、家庭科の有用性が示された。また、男女必修世代の女性は、「家庭生活は男女が協力して営むもの」という認識が、女子のみ必修世代の人よりも有意に高かった。

    researchmap

  • 家庭科教育における日常の住生活リスクに関する授業構想の検討

    飯野由香利, 中村和吉, 山口智子, 高木幸子

    新潟大学教育学部研究紀要(人文・社会科学編)   10 ( 2 )   445 - 452   2018.3

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)   Publisher:新潟大学教育学部  

    researchmap

  • 家庭科教育における日常の住生活リスクに関する授業構想の検討

    飯野由香利, 中村和吉, 山口智子, 高木幸子

    新潟大学教育学部研究紀要 人文・社会科学編   10 ( 2 )   447 - 453   2018.3

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

    researchmap

  • Analysis of the Contents of Home Economics Digital Textbook for Teachers in Elementary School

    Sachiko TAKAGI

    Bulletin of the Faculty of Education, Human and Social Sciences, NIIGATA UNIVERSITY   10 ( 1 )   149 - 156   2017.10

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

    CiNii Article

    researchmap

  • Examination of Class Contents Learning from a Viewpoint of the Disaster Prevention Education in Elemantary School Home Economics

    Sachiko TAKAGI

    Bulletin of the Faculty of Education, Human and Social Sciences, NIIGATA UNIVERSITY   10 ( 1 )   283 - 290   2017.10

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

    CiNii Article

    researchmap

  • 教科別に見るデジタル教科書活用の現状と課題、外国調査報告、韓国1-5家庭科

    伊勢呂裕史, 高木幸子

    「我が国における各教科のデジタル教科書の活用及び開発に関する総合的調査研究」科学研究費研究成果報告書   177 - 186   2017.6

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (conference, symposium, etc.)  

    本報告書は、平成26~28年度に実施したデジタル教科書の活用や開発に関する調査研究の成果を報告したものである。筆者は、家庭科の指導者用デジタル教科書を用いた授業の分析や聞き取り調査を担当した。また、韓国の小中学校で行われている家庭科(実科)の授業を観察し、報告した。

    researchmap

  • 授業実践を通して教材研究の重要性を学ぶ研究教育実習

    高木幸子, 五十嵐真純, 住谷美樹, 加藤沙紀, 濱西杏香里

    平成28年度新潟大学教育学部「フレンドシップ事業」実施報告書   2017.3

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (conference, symposium, etc.)  

    防災教育の視点をもつ家庭科授業のありようを実証的に研究した。小学校、中学校それぞれで6時間の授業を行い、避難時の食生活の課題や正常性バイアス、日常の備えなど、災害を想定した設定での授業を通して、児童生徒は、見通しを持つことの大切さを学んだことが確認できた。

    researchmap

  • Study on the program to cultivate an ability of the subject instruction in the Home Economics teacher training

    Takagi Sachiko, Nakamura Kazuyoshi, Iino Yukari, Yamaguchi Tomoko, Sugimura Momoko

    9 ( 2 )   283 - 292   2017

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

    CiNii Article

    researchmap

  • Study on the risk management for food life in home economics education

    Yamaguchi Tomoko, Iino Yukari, Nakamura Kazuyoshi, Takagi Sachiko

    10 ( 1 )   157 - 165   2017

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

    CiNii Article

    researchmap

  • An Examination odLearning Environment that Support Children's Sewing in Home Economics :Learning Styles and Teacher Perspectives Reviewed

    Yukina SATO, Sachiko TAKAGI

    Journal of the Japan Association of Home Economics Education   59 ( 2 )   96 - 104   2016.8

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Publisher:Japan Association of Home Economics Education  

    The purpose of this study is to clarify that the difference in the children&#039;s learning style is whether there is any influence on the learning results in sewing of Home Economics in elementary school.<br />
    According to the questionnaire surveys,learning style of the children was divided into four-type groups such as Deliberative-passive,Deliberative-active,Impulsive-passive,Impulsive-active.The difference in four-type groups was closely related to the speed of making a bag and completeness for making a bag.For example, the group of Deliberative type showed the accelerated speed of making a bag in the second half than the first half.On the other hand, the group of Impulsive type showed the maintained speed of making a bag during entire.Among the four-type groups,it was observed that the groups of Deliberative active type showed the fastest speed of making a bag,whereas the group of Deliberative passive type showed the slowest speed of making a bag,which is the most well-made bag.<br />
    Thus, it is concluded that differences in learning style were greatly affected the learning result in sewing.Therefore,teachers will be accurately and efficiently support to children to know the differe

    researchmap

  • 授業実践を通して考える家庭科研究教育実習

    高木幸子, 宮島ミハラ, 高橋佑実, 岡崎果穂子, 茂木わかな

    平成27年度新潟大学教育学部「フレンドシップ事業」実施報告書   29 - 49   2016.3

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (conference, symposium, etc.)  

    researchmap

  • 授業実践を通して考える家庭科研究教育実習

    高木 幸子, 岡崎 果穂子, 高橋 祐実, 宮島 ミハラ, 茂木 わかな

    平成27年度新潟大学教育学部「フレンドシップ事業」実施報告書   29 - 49   2016.3

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (conference, symposium, etc.)   Publisher:新潟大学教育学部  

    教員に求められる力量形成にむけて、教員養成段階での授業実践力の習得を目指した取り組みについて報告した。具体的には、4名の大学4年次学生がそれぞれの研究テーマに基づき、研究課題の検証を目的に小・中学校で実施した。授業実践を通して得られた成果と課題や学校で実証的に検証型授業を行うことの学びを整理した。

    researchmap

  • Influence which The Difference of Teacher's Opinion and Teaching Style has on a Children's Learning Recognition at Sewing of Home Economics in Elementary School Reviewed

    Sachiko TAKAGI, Yukina SATOU

    Journal of the Japan Association of Home Economics Education   58 ( 1 )   2015.5

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Publisher:the Japan Association of Home Economics Education  

    researchmap

  • 小学校家庭科において考えることを重視した製作学習の検討 Reviewed

    佐藤雪菜, 高木幸子

    教材学研究   26   2015.3

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Publisher:日本教材学会  

    本研究は、「布を用いた袋」の製作過程に「考える仕組み」を組み込んだ授業を構成して実施し、児童が製作活動を通して何をどのように考え認識したのかを関連付けて考察することを目的とした。実践の結果、製作の目的や製作計画を中心に重点をおいて授業を進めることで児童は完成させることだけでなく目的に応じた工夫についてより深く考えたことが伺えた。

    researchmap

  • Analysis of Learning and Challenge which an Elementary Schoolteacher recognizes

    TAKAGI Sachiko

    Bulletin of the Faculty of Education ;Humanities and Social Sciences   7 ( 2 )   325 - 333   2015.3

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    Other Link: http://hdl.handle.net/10191/31974

  • 小学校家庭科においてDESC法を用いて人とのかかわり方を考える授業の開発 Reviewed

    高木 幸子, 篠原 敦子

    教材学研究   25   81 - 88   2014.3

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Publisher:日本教材学会  

    小学校家庭科において「人とのかかわり方」を考えることを目的に、アサーショントレーニングの一つであるDESC法を援用した3段階のステップを取り入れた授業を構成し実施した。その結果、現実的な場面を設定し、具体的にステップを踏んで考えることの良さを確認した。

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 学生自身が考え授業実践を通して検証する家庭科研究教育実習

    高木幸子, 佐藤雪菜, 高柳明理

    平成25年度新潟大学教育学部「フレンドシップ事業」実施報告書   2014.3

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (conference, symposium, etc.)   Publisher:新潟大学教育学部  

    4年次学生が、自身の課題をもって仮説検証的に授業実践を行った2事例について成果と課題をまとめ報告した。実践は「作ろう!オリジナル袋」をテーマに小学校5年生での製作学習および、中学校3年生を対象とした「高齢者の生活の質を高めよう」であった。本実習を通して、授業の全体を通してねらいを明確にすることや計画段階から評価視点をもって進めることの必要性自分の未熟さなどを学んでいることを報告した。

    researchmap

  • リキュラムマップを用いた成績評価に基づく学習成果の可視化(1)科目の到達目標からのボトムアップアプローチ

    五十嵐由利子, 中村和吉, 高木幸子, 高橋桂子, 山口智子, 杉村桃子, 生田孝至, 後藤康志, 佐藤喜一

    新潟大学高等教育研究   1 ( 1 )   1 - 8   2013.11

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)   Publisher:新潟大学教育・学生支援機構  

    本研究は, 新潟大学における主専攻プログラムの知識 ・理解, 当該分野固有の能力, 汎用的能力, 態度・姿勢について, (1)主専攻プログラム内で認識を共有しつつ, 各科目の到達目標を,主専攻プログラムの到達目標及び態度・姿勢に統合するごと, (2)到達目標の重み付けの検討を通して, 教育プログラムを人材育成目的から検討することを目的とする.各科目の到達目標をボトムアップによって主専攻プログラムの到達目標として整理する過程を通して, 教員の問にあった暗黙の人材育成目的が明示化され, 共有化されることなどが明らかになった。

    researchmap

  • .北陸家庭科研究会に見る家庭科研究の協働性‐理論と実践の螺旋型連関とアクション・リサーチを中心に- Reviewed

    荒井 紀子, 高木 幸子, 綿引 伴子

    日本家庭科教育学会北陸地区会30周年記念誌   166 - 182   2013.10

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Publisher:信濃教育出版社  

    本家庭科教育学会北陸地区会において、2000年からの13年間に展開された3つの授業実践研究会に焦点を当て、①家庭科研究の協働性、②活動の概要と経過、③研究会の構造と特徴、④メンバーにとっての研究会の意味、⑤理論と実践の螺旋型循環―の5つの視点から分析した。

    researchmap

  • 養成段階から初任期にみられる授業実践力の変容―家庭科教員養成課程の学生を中心として- Reviewed

    高木 幸子

    日本家庭科教育学会北陸地区会30周年記念誌   31 - 43   2013.10

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Publisher:信濃教育出版社  

    養成段階から採用後2年程度の短期間における授業実践の力量形成や課題をとらえ整理することを目的に、7要素、31項目で構成する評価枠を用いて12授業を分析した。その結果、実施時期による授業の変容をとらえる評価枠の妥当性を確認した。春期教育実習を起点とした場合、秋期教育実習でとらえた成長は、基本的な授業を行うために知識・技術を身につけようとする姿であった。勤務校の授業では、子どもへの対応と多様な授業の構成として成長の姿がみられた。また、養成段階から初任期の授業で確認された成長や課題は、実施時期による内容の違いだけでなく質的にも異なっていることが認められた。

    researchmap

  • Development of the support system in cooperation with Home Economics teachers

    Takagi Sachiko, Yamaguchi Tomoko, Nakamura Kazuyoshi, Takahashi Keiko, Sugimura Momoko, Iino Yukari

    6 ( 1 )   99 - 107   2013.10

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    Other Link: http://hdl.handle.net/10191/23933

  • 授業実践力の習得・向上をめざして:学生とともに臨む研究教育実習 Invited

    高木幸子

    家庭科   62 ( 5 )   25 - 27   2013.3

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (other academic)  

    researchmap

  • 家庭科授業を考える経験としての研究教育実習

    高木幸子, 村上泰代, 篠原敦子

    平成24年度新潟大学教育学部「フレンドシップ事業」実施報告書   2013.3

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (other academic)  

    researchmap

  • Change of Teaching Materials in Home Economics Textbooks in an Elementary Achool

    Sachiko TAKAGI

    Bulletin of the Faculty of fEducation, Humanities and Social Sciences, NIIGATA UNIVERSITY   5 ( 2 )   181 - 188   2013.2

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    Other Link: http://hdl.handle.net/10191/21640

  • Development of a Checklist for Evaluating Student Teacher Training Lessons Reviewed

    23   59 - 66   2012.3

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • PDCAサイクルに基づく授業実践力養成のためのカリキュラム設計について

    高木 幸子

    2011.3

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Thesis (other)  

    researchmap

  • Analysis of Teaching and Learning Cooking Practice in Homa Economics Lesson of Student Teachers Reviewed

    Sachiko TAKAGI

    Journal of the Japan Association of Home Economics Education   53 ( 4 )   238 - 245   2011.3

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Publisher:The Japan Association of Home Economics Education  

    Focusing on teacher and student actions, the purpose of this paper is to describe issues found in four cooking practice lessons conducted by student teachers. The lesson plans and the videorecorded lessons were analyzed by using the check-sheet that consists of categories for teaching and learning activities. Teaching activities were classified into four teaching skill groups (T1-T4) and learning activities were classified into five learning skill groups (S1-S5). The results are summarized as follows; 1) In the four cooking practice lessons, it was found that the time spent in both teaching and learning skills groups were similar. It is speculated that the lesson plans in the cooking practice lessons followed a set pattern. 2) The following four points illustrate the shortcomings of the student teacher lessons. ・Composition of the real activity plan in its planning stage. ・Expectation of the time needed for learning activities and promote teaching strategy for students. ・A close examination for explanatory words. ・Setting of the appropriate conditions to observe the cooking material. It seems that these shortcomings are commonly found in other subjects taught by the student teachers.

    DOI: 10.11549/jjahee.53.4_238

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 教員養成段階において家庭科授業を分析的に理解する学習評価演習の検討 Reviewed

    高木幸子

    教材学研究   22   129 - 136   2011.3

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    researchmap

  • 小学校家庭科における製作学習の開発と実践-学習スタイルに着目したマスク製作- Reviewed

    中沢公美, 高木幸子, 荻野真美

    教材学研究   22   137 - 144   2011.3

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Publisher:日本教材学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • A Study on Practical Teaching Ability for Using Teaching Materials: Differences between Student Teachersand Novice Teachers Reviewed

    Sachiko TAKAGI

    21   111 - 120   2010.3

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • A study of requirements of teacher certification in the United States: The recent policies of NCATE, INTASC and NBPTS

    Sachiko TAKAGI

    Bulletin of the Faculty of Education, Humanities and Social Sciences, NIIGATA UNIVERSITY   2 ( 2 )   97 - 110   2010.2

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    Other Link: http://hdl.handle.net/10191/12772

  • Development of the teaching material for making Home Economics lesson in teacher education: An Evidence- of the teaching material for making Home Economics lesson in teacher education: An Evidence-based Practice

    Sachiko TAKAGI

    Bulletin of the Faculty of Education, Humanities and Social Sciences, NIIGATA UNIVERSITY   2 ( 2 )   227 - 240   2010.2

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

    researchmap

  • 授業実践力の向上についての分析:教育実習生から教師への成長 Reviewed

    高木幸子

    教材学研究   20   39 - 50   2009.3

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Publisher:日本教材学会  

    教育実習生から教師への授業実践力の変容を明らかにすることを目的に,大学3年次に教育実習で行った授業と卒業2年程度の期間を経て勤務校で行った授業とを比較し,授業場面で現れる違いを考察した。その結果,勤務校での授業スタイルは学生時代の様子とほとんど変わらないと推察された。一方,複数の教授行動の実施や行動の切り替え,黒板や生徒の解答を教材・教具として活用する判断などで違いが認められることを指摘した。

    researchmap

  • 小学校家庭科「洗濯学習」のための教材開発と実践(共著) Reviewed

    中江 央, 高木幸子

    教材学研究   20   121 - 128   2008.3

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    researchmap

  • 小学校家庭科において実感と言葉を重視して味わい方の学びを支援する授業の開発 Reviewed

    高木幸子, 米村美幸, 福田愛日

    教材学研究   19   79 - 86   2008.3

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Publisher:日本教材学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 授業実践力の向上についての分析:教育実習生から教師への成長 Reviewed

    高木幸子

    教材学研究   20   39 - 50   2008.3

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    researchmap

  • Development of Home Economics Teacher Training Program with a Focus on Characteristics and Foundamental Structures in Home Economics Education Lesson

    Sachiko TAKAGI

    Journal of the Japan Association of Home Economics Education   51 ( 4 )   291 - 301   2008.1

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    researchmap

  • Change in Content of Evaluation to Home Economics Trial Lesson by Showing Target Teacher Training Students

    TAKAGI Sachiko

    Memoirs of the Faculty of Education and Human Sciences. Humanities and social sciences   10 ( 1 )   49 - 56   2007.10

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)   Publisher:Niigata University  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    Other Link: http://hdl.handle.net/10191/6711

  • 「家族と家庭生活」において子どもが育つ環境を考える指導方法の工夫 Reviewed

    佐藤靖子, 高木幸子

    教材学研究   18   185 - 192   2007.3

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Publisher:日本教材学会  

    子どもが育つ環境についての考え方を深めることを目的に,育児体験人形を活用した保育学習の授業を開発した。育児体験人形を家庭に持ち帰り世話をする疑似体験や,子どもを取り巻く一員として協議する場を設定した。その結果,自分の成長に関する家族や周囲の人々への気持を醸成できた。一方で,ロールプレイの場面では自分のこととしてとらえることの難しさを課題として指摘した。佐藤が実践論文の執筆を行い、高木が論文の修正を行った。

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 家庭科教師としての力量を育成する実践的卒業研究の検討 Reviewed

    高木幸子, 飯塚奈津子, 福田愛日

    教材学研究   18   2007.3

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    researchmap

  • Examination of Economics Education Methodology Program that Incorpotates a Trial Lesson Practice in Home Economics Teacher Training(part2):Improvemant situation of students' recognition Reviewed

    Sachiko TAKAGI

    Journal of the Japan Association ofHome Economics Education   vol.49 no.4 ( 4 )   268 - 278   2007.1

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Publisher:The Japan Association of Home Economics Education  

    This paper aims to clarify the effects and goals of home economics educational methods by analyzing the results of the second trial lesson with an emphasis on improvements shown by students. 1. After the first trial lesson, students learned lesson structuring and corrected self-evaluation by reading peer evaluation. Teaching capabilities expected for home economics teachers were ob served during the course material preparation process but not in actual classroom setting. 2. Overall improvements with regard to lesson structuring were observed after the second trial lesson. Abilities to research course materials and to facilitate lessons were observed along with the improvements over the specified subjects. Improvements based on students' actual conditions were found to be difficult. 3. With peer evaluation, researching course materials was found to be significantly abundant regardless of perceived difficulty of improvements. 4. This program which incorporated the results of the second trial lesson was effective in terms of students' home economics course construction and evaluation for further improvements. In contrast, however, the program was not effective in teaching course construction ability, course material research ability and lesson plans that will need to be improved.

    DOI: 10.11549/jjahee.49.4_268

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • Examination of Economics Education Methodology Program that Incorpotates a Trial Lesson Practice in Home Economics Teacher Training(part1):Analysis of students' contents learning through a trial lesson practice Reviewed

    Sachiko TAKAGI

    Journal of the Japan Association ofHome Economics Education   vol.49 no.4 ( 4 )   256 - 267   2007.1

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Publisher:The Japan Association of Home Economics Education  

    This paper aims to clarify the effects and goals of home economics educational methods program by constructing a model on home economics teachers' capabilities and by analyzing students' goals for constructing home economics course based on their self-evaluation of a trial lesson practice and a description of peer evaluation. 1. Home economics teachers were expected to have an ability to prepare a lesson and practice it much like what other teachers are expected. Additionally, home economics teachers are strongly expected to have an ability to create course material that are connected to everyday life. It was also shown that teachers' adaptation to social change and them having citizenry attitudes were unique to home economics education. 2. Adaptation to social change and citizenry attitudes were found when students attempted to create course material. Students, however, were lacking ability to incorporate them in actual classroom setting. 3. Through a trial lesson practice, students were able to recognize class plans and objectives including teachers' appropriate and flexible responses to students. Part 2 will analyze the improvement over subject recognition and students' perceptions.

    DOI: 10.11549/jjahee.49.4_256

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 「食生活と環境」の関連的な指導に関する研究 Reviewed

    佐藤靖子, 高木幸子

    日本教材学研究   第17巻   161 - 164   2006.3

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    researchmap

  • 幼児を取り巻く環境を考える保育園訪問のあり方 Reviewed

    高木幸子

    日本教材学研究   第17巻   37 - 42   2006.3

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    researchmap

  • 教員養成における授業研究カリキュラムの検討

    高木幸子

    新潟大学教育人間科学部紀要(人文・社会科学編)   7 ( 1 )   121 - 132   2004.10

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

    researchmap

  • 消費活動の視点を学ぶ参加型教材の開発 Reviewed

    高木幸子

    日本教材学研究   第16巻   55 - 58   2004.3

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    researchmap

  • Developmant of a Homemaking Curriculum for thinking about The Way to Live in a Junior High School Reviewed

    Sachiko TAKAGI, Hiroko SHIMAMURA

    Journal of the Japan Association ofHome Economics Education   vol.46 no.1 ( 1 )   27 - 36   2003.4

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Publisher:The Japan Association of Home Economics Education  

    The aim of this study is to develop a curriculum where sutdents will b able to consider the way to live from many aspects in homemaking in junior high. This curriculum consists of 12 periods with many practical and experimenal activities so that students will be able to think about how to live and and cope with people and their environment. An "Image Map" method is used to evaluate the study. Two phrases are whown to students : "comfortable living"and "safe living". Students write words that they imagine from those phrases and they were evaluated by the amount of vocabulary and the content. Through this study we obtained the following results : 1 By going through this curriculum. students became capable of describing a house with many specific words. 2 Students came to consider safe house not only from the point of natural disasters but also from living in the house itself.

    DOI: 10.11549/jjahee.46.1_27

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 献立作成学習における生徒の学習特性の分析 Reviewed

    高木幸子

    日本教材学研究   第14巻   81 - 84   2003.3

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    researchmap

  • 個別実験を核とした授業における,生徒の意識の変容 Reviewed

    高木幸子

    日本教材学研究   第13巻   139 - 143   2002.3

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    researchmap

  • Practical Lesson to Enhance Students' Understanding of Daily Necessities from a Scientific Viewpoint Reviewed

    Teruyo HUKUI, Kuniko URAKI, Sachiko TAKAGI, Youko SHINOHARA, Yasuharu HUJIWARA

    Journal of Science Education in Japan   25 ( 2 )   108 - 116   2001.6

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Publisher:Japan Society for Science Education  

    In order to create an awareness in school of the association between science and technology with daily life, daily necessities were employed as learning subjects. This study created such an awareness in high school students by using disposable diapers as an example of a daily necessity. In this lesson, each student was first asked to indicate a preference for either hydrophilic or hydrophobic lining for the diaper, and then to prepare two diapers using hydrophilic or hydrophobic lining,water-absorbent padding and backing.A Iarge percentage of studentsexpressed the common assumption that since hydrophilic materials were suitable for fabrics contacting the skin they were also suitable for the lining of diapers. However, after a measured quantity of water was poured onto the two diapers and the two linings were compared by touch, the students recognised their misconception. They also observed that the water absorption rate of commercial diapers was much faster than those of their own making, illustrating the absorption mechanism. Thus they learned that many aspects of science and technology taught in school, such as capillary action and super absorbent polymer to soak up large amounts of water, were employed in the production of disposable diapers which they had formerly regarded simply as paper and cotton pulp. This research should enable us to recognize the need to adopt as learning subjects objects in the daily livers of the learners.

    DOI: 10.14935/jssej.25.108

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • Development of Home Economics Teaching Materials to Enhance Students' Understanding of the Role of Enzymes in Living Envonment -Kinetic Analysis of Protease Activity by Viscometry and Its Activity Relating to Food in Life- Reviewed

    Sachiko TAKAGI, Yasuko TOKORO, Yasuharu HUJIWARA, Shinsuke YAMASHITA

    Journal of Science Education in Japan   25 ( 1 )   35 - 43   2001.3

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Publisher:Japan Society for Science Education  

    This study aims to develop home economics teaching materials to enhance students' understanding of the role of enzymes contained in natural microorganisms and food. As experimental material, a trial viscometer, based on Stokes' law, was offered to measure the enzymatic activity at 29.5℃. This experimental system could be compared with the enzymatic activity of many foods. Papain and gelatin (3% solution) were used for the standard enzyme and solute respectively. From the results, an index of activity for enzymes was experimentally established. This was applied comparatively to 63 foods and 2 medicines. In connection with enzymatic activity, a learning unit was proposed "The Role of Enzymes in Food in Life", including effect on cooking methods; combination of food materials; and role in the cooking or preservation of traditional foods.

    DOI: 10.14935/jssej.25.35

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • The Analysis of Students Obtain the Necessary Informations for 'Meal Planning' Reviewed

    Sachiko TAKAGI

    Transactions of Japanese Society for Information and Systems in Education   15 ( 4 )   244 - 248   1999.1

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • A Study on Learning Effects of Using Multimedia Materials for 'Meal Planning' in Home Economics at Junior High Level

    Sachiko TAKAGI, kyouko KUBOTA

    31 - 38   1998.9

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (other academic)  

    researchmap

  • Development of Multi-Media Materials as a Resource to Teach 'Food' in Home Economics at Junior High Level

    Sachiko TAKAGI, Fumio MATSUSHITA, Shin-ichi KOMATSU

    第18号   1 - 12   1993.7

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    researchmap

  • Using the Computer to Analyse the Sample Menu in the School Textbook

    Sachiko TAKAGI

    第16号   39 - 48   1992.9

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    researchmap

  • A Study on Teaching Family Life in Homemaking at junior High Level:A method for teaching 'Washing' through observation and experimentation and its effect

    Sachiko TAKAGI

    第14号   39 - 44   1990.8

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    researchmap

▶ display all

Books

  • SDGsと家庭科カリキュラム・デザイン : 探究的で深い学びを暮らしの場からつくる(増補版)

    荒井, 紀子, 高木, 幸子, 石島, 恵美子, 鈴木, 真由子, 小高, さほみ, 平田, 京子( Role: Edit)

    教育図書  2022.3  ( ISBN:9784877304621

     More details

    Total pages:175p   Language:Japanese

    researchmap

  • SDGsと家庭科カリキュラム・デザイン : 探究的で深い学びを暮らしの場からつくる

    荒井, 紀子, 高木, 幸子, 石島, 恵美子, 鈴木, 真由子, 小高, さほみ, 平田, 京子( Role: Joint author)

    教育図書  2020.6  ( ISBN:9784877304355

     More details

    Total pages:159p   Language:Japanese

    CiNii Books

    researchmap

  • 未来に向かう家庭科ーリスクに向き合う授業の創造

    高木 幸子, 中村和吉, 山口智子, 杉村桃子, 別府茂( Role: Joint editor ,  第2部 Ⅱ家庭科で行う防災教育、第3部これからの社会に求められる資質・能力)

    開隆堂  2018.3  ( ISBN:9784304021572

     More details

    Total pages:128   Responsible for pages:86-126   Language:Japanese Book type:Scholarly book

    本書は、日常生活にあるリスクについて論じたものであり、「第1部くらしの中にあるリスクと対策を学ぶ」「第2部日常と非日常をつなぐ」「第3部これからの社会に求められる資質・能力」の3部で構成した。筆者は、第2部において学校教育における防災教育の考え方を整理するとともに、家庭科として行う防災教育について、小・中学校での授業実践事例を紹介し、防災教育として行う際の留意点などについて検討した。また、第3部において、平成29年に改訂された学習指導要領の文言について、対応してその内容を整理した。

    researchmap

  • 新小学校学習指導要領改訂のポイント

    水原 克敏, 高木 幸子( Role: Joint author)

    日本標準  2017.6  ( ISBN:9784820806202

     More details

    Total pages:236   Responsible for pages:78-83   Language:Japanese Book type:General book, introductory book for general audience

    平成29年3月に公示された新学習指導要領で示された改訂のポイントについて述べた。担当部分では、小学校から高等学校につながる家庭科の考え方を整理し、そのうえで、家庭科で何を学ぶのか、どのように学ぶのかs述べた。また、3区分された学習内容(「家族・家庭生活」「衣食住の生活」「消費生活・環境」)について指導上の要点をまとめ示した。

    researchmap

  • 家庭科授業がわかる・できる・みえる-家庭科教員養成課程における授業実践力の育成

    高木 幸子( Role: Sole author)

    教育図書  2016.7 

     More details

    Total pages:144   Language:Japanese Book type:Scholarly book

    本書は、家庭科教員養成段階にある学生の授業実践力の養成を目的に、3プログラムを開発し検証した成果をまとめたものである。また、家庭科を超えて求められる教師像や要件を検討し、家庭科教員養成段階で求められる要件を整理した。そして、事例として教育実習を経験した学生たちの協働的な取り組みと学びを掲載した。

    researchmap

  • 考えるっておもしろい:家庭科でつなぐ子どもの思考

    高木 幸子, 綿引 伴子, 荒井 紀子」( Role: Joint editor ,  分担執筆、編集)

    教育図書株式会社  2014.6  ( ISBN:9784877303396

     More details

    Language:Japanese Book type:General book, introductory book for general audience

    本書は、子どもの思考を深め・結び・つなぐことを目的に、問題解決型学習の理論や事例を紹介している。担当部分では、本書で紹介している事例の特徴や構造の見方を解説(「味わい楽しんで読んでいただくために」)するとともに、小学校家庭科における実践事例(「ステップを踏んで家族の食事を作ろう」)を紹介した。

    researchmap

  • 教材事典:教材研究の理論と実践

    高木 幸子, 小高 さほみ, 志村 結美, 佐藤 ゆかり, 妹尾 理子( Role: Contributor ,  総論:家庭科における教材)

    日本教材学会  2013.9  ( ISBN:9784490108392

     More details

    Language:Japanese Book type:Dictionary, encyclopedia

    本事典は、教育現場で指導にあたる教師が参考・活用できるよう、教材の概念や歴史といった基礎理論、各教科・領域の教材に対する考え方や教材・事例などを収録している。担当した家庭科の総論部分では、家庭科授業に対する考え方や教材のとらえ方について述べた。

    researchmap

  • 生きる力をそなえた子どもたち:それは家庭科教育から「(共著)」

    日本家庭科教育学会編( Role: Joint author)

    学文社  2013.6 

     More details

    Language:Japanese Book type:General book, introductory book for general audience

    researchmap

  • 新版 生活主体を育む-探究する力をつける家庭科(共著)

    荒井紀子, 鈴木真由子, 高木幸子, 綿引伴子( Role: Joint author)

    ドメス出版  2013.5 

     More details

    Language:Japanese Book type:Scholarly book

    researchmap

  • 「子どもの思考を育む家庭科の授業」(共著)

    荒井紀子, 綿引伴子, 高木幸子( Role: Joint author ,  分担執筆および編集)

    教育図書  2009.7 

     More details

    Language:Japanese Book type:General book, introductory book for general audience

    researchmap

  • ・ 新学習指導要領を読み解く、よくわかる中学校技術・家庭科「家庭分野」学習指導要領ビジュアル解説:授業への生かし方

    生野晴美( Role: Joint author)

    開隆堂  2009.6 

     More details

    Language:Japanese Book type:General book, introductory book for general audience

    researchmap

  • ・ 新学習指導要領を読み解く、よくわかる小学校家庭科学習指導要領ビジュアル解説:授業への生かし方

    櫻井純子ほか( Role: Joint author)

    開隆堂  2009.6 

     More details

    Language:Japanese Book type:General book, introductory book for general audience

    researchmap

  • 図でわかる教職スキルアップシリーズ1「子どもに向き合う授業づくり」

    生田孝至, 足立幸子, 荻野真美, 風間寛司, 黒上晴夫, 後藤康志, 高木幸子, 高橋喜一郎, 高橋健, 田中恒夫, 西森章子, 姫野完治, 松田正實, 丸山裕輔, 三橋功一, 宮薗衛, 林なおみ, 山内伸二( Role: Joint author ,  136-139)

    図書文化社  2006.11  ( ISBN:4810064751

     More details

    Language:Japanese

    researchmap

  • 教育実践・臨床研究の研究方法の習得を目的とする教育実習カリキュラム(「研究教育実習」)の開発研究4年間の教育実習カリキュラムの構築を展望してー

    岡野勉, 宮薗衛, 常木正則, 高木幸子, 児玉康弘, 佐藤哲夫, 和田信哉( Role: Joint author ,  267-269)

    教科教育学研究第24集  2006.3 

     More details

    Language:Japanese

    researchmap

  • 生活主体を育むー未来を拓く家庭科

    荒井紀子, 荒川圭子, 石田英恵, 磯崎尚子, 大浦美雪, 加藤祐子, 神川康子, 阪本絵美子, 鈴木真由子, 高木幸子, 高田涼子, 高原信江, 滝山桂子, 徳丸定子, 永井敏美, 狭間和恵, 番井法子, 分校淑子, 福田典子, 松岡英子, 吉川智子, 綿引伴子( Role: Joint author)

    ドメス出版  2005.4  ( ISBN:4810706419

     More details

    Language:Japanese Book type:Scholarly book

    本書は、「生活主体」を育てるという視点から生活主体の育成に深くかかわる4つの学習課題について論じ,それを踏まえて授業モデルを提示したものである。担当部分「2快適で人にやさしい住まい方」では,中学校2年生を対象に「人とのかかわりの視点」と「ものや環境とのかかわりの視点」からより良い住まいを家族に提案できる授業の指導過程及び教材を提案した。

    researchmap

  • Asset ビジュアル家庭科教育実践講座13巻

    編集代表, 高部 和子, 高木幸子( Role: Contributor ,  メディアを生かして独自のアイデアを盛り込んだ教材・教具の開発と活用:コンピュータを利用して献立をたてよう)

    ニチブン  1998.10 

     More details

    Language:Japanese Book type:General book, introductory book for general audience

    researchmap

  • Asset ビジュアル家庭科教育実践講座12巻

    高部 和子編集代表, 高木 幸子( Role: Contributor ,  「児童生徒の意欲を高める学習環境づくりの工夫:居間モデルを取り入れた家庭科教室)

    ニチブン  1998 

     More details

    Language:Japanese Book type:General book, introductory book for general audience

    本書はメディアを生かして独自のアイデアを盛り込んだ教材・教具の開発と活用をまとめたものである。担当した「児童生徒の意欲を高める学習環境づくりの工夫:居間モデルを取り入れた家庭科教室」では家庭科教室にソファやテーブル,窓や壁などを配置した居間モデル空間を設定した。この空間を利用した家族と住まい方に関する授業を実施し,生徒の多様な視点や創意工夫ある思考を支援するための学習環境の整備の重要性を示した。

    researchmap

  • 季刊 中学校 家庭科教育の実践

    高木幸子( Role: Joint author ,  主体的に学ぶための教材・教具の活用:マルチメディア教材を使用した献立学習)

    明治図書  1993.5  ( ISBN:4187648038

     More details

    Language:Japanese Book type:General book, introductory book for general audience

    researchmap

▶ display all

MISC

Presentations

  • 教員養成機関で育成したい家庭科教員としての資質・能力 Invited

    高木幸子

    平成30年度日本教育大学協会家庭部門大会  2018.8  日本教育大学協会家庭部門大会実行委員会

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Symposium, workshop panel (nominated)  

    Venue:山形テルサ  

    本シンポジウムでは、加治佐哲也氏の基調講演「これからの時代に教員に望まれる資質・能力とは」を受けて、工藤由貴子氏、青木香保里氏と高木の3名でシンポジウムを行った。高木からは、教員養成過程で実施してきたカリキュラムの内容や構造、取り組みによる成果と課題を述べた。

    researchmap

  • 未来をつくる力と家庭科はどうかかわるか Invited

    高木幸子

    日本家庭科教育学会第61回大会  2018.7  日本家庭科教育学会

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Symposium, workshop panel (nominated)  

    Venue:茨城大学  

    「未来をつくる力と家庭科」をテーマとして、基調講演(内田樹氏)を受けて、草谷緑氏、南野忠晴氏、高木の3名でトークセッションを行った。高木からは、2016年に実施した高等学校家庭科履修の成果と課題について社会人調査および高校生に調査した結果を踏まえ、男女で高等学校家庭科を学ぶことの良さについて紹介し、他のシンポジストとともに、これからの社会に必要となる力について、それぞれの立場から意見を交わした。

    researchmap

  • 家庭生活に関わる意識や高等学校家庭科に関する全国調査(最終報告)

    高木幸子, 野中美津江, 河野公子

    日本家庭科教育学会例会  2017.12  日本家庭科教育学会

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Symposium, workshop panel (nominated)  

    Venue:東京家政大学  

    2015年12月に発足した特別研究異委員会として2016年度に実施した社会人調査の結果(827名)、高校生調査の結果(4302名)について最終報告した。分担者は、社会人調査の自由記述部分について、分析結果を報告した。

    researchmap

  • 家庭生活に関わる意識や高等学校家庭科に関する全国調査(中間報告)

    荒井紀子, 高木幸子

    日本家庭科教育学会第60回大会  2017.6  日本家庭科教育学会

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Venue:国立オリンピック記念青少年総合センター  

    2015年12月に発足した特別研究異委員会として2016年度に実施した社会人調査の結果(827名)、高校生調査の結果(4302名)について中間報告した。分担者は、社会人調査の自由記述部分について、記述の特徴や傾向を報告した。

    researchmap

  • 中学校家庭科においてデジタル教科書を使用する効果と課題-3人の教師が行った授業の観察と聞き取り調査から-

    高木幸子

    日本教材学会第28回研究発表大会  2016.10  日本教材学会

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:盛岡大学  

    デジタル教科書の使用経験がない3人の中学校家庭科教員を対象に、デジタル教科書を使用する効果と活用に向けての課題を明らかにすることを目的とした。6~11ヶ月の準備期間をおいて実施された授業を、観察・聞き取りし、考察を深めた。
    授業の観察を通して、生徒の興味・関心を高める、理解を深める、学習内容を共有化・焦点化する目的で、デジタル教科書が用いられて、紙媒体の教科書にはないデジタル教科書の強みを活用するよさを確認できた。
    一方、教室環境の蓄積は大きく、デジタル教科書の動画、画像、イラスト、本文が、拡大機能や線引き機能などを用いて使用されていた。

    researchmap

  • 中学校家庭科授業における教師の成長と教材仕様の変容-大学3年次から12年間の授業記録に基づく事例研究から

    高木幸子

    日本教材学会第27回研究発表大会  2015.10  日本教材学会

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:東京学芸大学  

    養成段階から卒業後10年までの期間に行われた一人の教員の授業実践データに注目し,教師としての成長が授業実践にどのように反映され具現化されていくのかを考察した。WS以外の教材の授業での役割を分類した結果,時間短縮や授業の要点を示すため(主に養成段階)から,教職経験を重ねるとともに生徒の学習目標を支援するための教材として使用する方向への移行が伺えた。今後は、分析事例を増やして妥当性の検証を進める。

    researchmap

  • 児童の製作活動を保障する学習支援環境の検討

    佐藤雪菜, 高木幸子

    日本家庭科教育学会 第58回大会  2015.6  日本家庭科教育学会

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:鳴門教育大学  

    製作活動の進め方や支援教材の活用、児童の製作活動への取り組みの傾向の関係を明らかにすることを目的とした。実践の結果、児童の学習スタイルが<熟慮/衝動型>において「製作の進め方」と「支援教材の使い方」に特徴が見られ,<能動・受動型>においては「製作の進度」に特徴が見られた。
    また,支援教材の提示方法の違いによって主に「学級での進度の揃い」と「分かりやすさの感じ方」「製作での注意の向け方」への影響を確認した。

    researchmap

  • 考えることを重視した製作学習の検討

    高木幸子, 佐藤雪菜

    日本教材学会 第26回研究大会  2014.10  日本教材学会

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:中部大学  

    小学校家庭科「布を用いた製作」学習に「考える」仕組みとして4つの過程を意図的に組み込んだ授業を構成し、成果や課題を検討した。その結果、考えることを重視した手立てを取り入れることにより、子どもが主体となる製作学習へ働きかけ、見通しをもって取り組む支援となったことが確認できた。一方で、既習の技能を習得できてない子どもや、製作が苦手な子どもに対しての指導をより充実させることが課題となった。

    researchmap

  • 家庭科教育のこれから Invited

    高木幸子

    平成26年度新潟県家庭科教育研究会  2014.8  新潟県家庭科研究会

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (invited, special)  

    Venue:新潟会館  

    小中高等学校の家庭科担当教員、行政関係者の研究会において、家庭科を取り巻く現状と課題、家庭科教育のこれから(家庭科教育内容及び学校教育の役割の視点から)、教師としての力量形成について述べた。

    researchmap

  • 教職経験年数による教員としての学びと課題認識の違い-家庭科教員養成課程を卒業した教員への調査からー

    高木幸子

    日本家庭科教育学会北陸地区会第30回大会  2014.8  日本家庭科教育学会北陸地区会

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:石川県女性センター  

    家庭科教員養成課程卒業の教員(32名)を対象に勤務実態や教職経験を重ねる中でどのような学びや悩みを抱いているのかを調査した。その結果、卒業後短期(5年以内)の卒業生は、それ以降の卒業生よりも調査した全ての項目について不安傾向が大きく、とりわけ児童生徒対応や見通しを必要とする学習計画に不安傾向が強く認められた。

    researchmap

  • 熟達教師による家庭科授業の再構成の分析:学習過程や教授方略の視点から

    高木幸子

    日本家庭科教育学会第57回大会  2014.6  日本家庭科教育学会

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:岡山大学  

    大学4年次生が実施した授業と経験豊富な教師が再構成した授業とを比較した。授業場面で観察できる違いと児童が製作した作品や満足感の内容を関連させて考察した。その結果、学生の授業では子どもに考えさせるための活動を位置付け、教師の授業では教師が主導して進める傾向が確認された。製作に対する満足の理由は、学生の授業の児童は考えた工夫ができたこと、教師の授業の児童は、完成度の高い作品ができたことに満足を感じている違いが認められた。

    researchmap

  • 家庭科教員養成における教科専門と教科教育の連携

    高木 幸子, 高橋 桂子, 山口 智子, 飯野 由香利, 中村 和吉, 杉村 桃子

    日本家政学会第66回大会  2014.5  日本家政学会

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Venue:北九州国際会議場  

    researchmap

  • An Analysis of Expert Teacher's reconstructed Lesson from the Viewpooints of Learning Process and Teaching Strategies

    2012.9 

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    researchmap

  • .教員養成段階において用いる授業評価項目の検討

    高木幸子

    日本教材学会 第23回研究発表大会  2011.10  日本教材学会

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:東京学芸大学  

    researchmap

  • 小学校家庭科における食育の実践―バランスのとれた食生活を目指してー

    坂本直子, 高木幸子

    日本教材学会 第23回研究発表大会  2011.10  日本教材学会

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:東京学芸大学  

    researchmap

  • 小学校家庭科における製作学習の開発と実践:学習スタイルに着目したマスク製作

    中沢公美, 高木幸子, 荻野真美

    日本教材学会 第22回研究発表大会  2010.10  日本教材学会

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:帝京短期大学  

    researchmap

  • 教員養成段階において家庭科授業を分析的に理解する学習評価演習の検討

    高木幸子

    日本教材学会 第22回研究発表大会  2010.10  日本教材学会

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:帝京短期大学  

    researchmap

  • 家庭科教員養成において授業を分析的に見る方法の検討

    高木幸子

    日本家庭科教育学会 第53回大会  2010.6  日本家庭科教育学会

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:京都テルサ  

    researchmap

  • 授業実践力の向上についての分析:教育実習生から教師への成長

    高木幸子

    日本教材学会 第22回研究発表大会  2009.10  日本教材学会

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:日本大学  

    researchmap

  • 教育実習生の家庭科授業における授業実践力についての分析

    高木幸子

    日本家庭科教育学会 第52回大会  2009.6  日本家庭科教育学会

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:北海道教育大学札幌校  

    researchmap

  • 授業場面における学習者・教材・教師間の相互作用の分析」教育実習と勤務校での授業の比較

    高木幸子

    日本教材学会 第20回研究発表大会  2008.11  日本教材学会

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:成蹊大学  

    researchmap

  • 家庭科教員養成において授業実践力を育成する教育法カリキュラムの検討:家庭科理解プログラムと授業力向上プログラムの接続による効果

    高木幸子

    日本家庭科教育学会 第51回大会  2008.6  日本家庭科教育学会

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:静岡県コンベンションアーツセンター  

    researchmap

  • 授業実践力の育成を目指した授業を改善するための授業分析

    高木幸子

    日本家庭科教育学会2007年度例会  2007.12  日本家庭科教育学会

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:聖心女子大学  

    researchmap

  • 小学校家庭科において実感とことばを重視して味覚の育ちを支援する授業の開発

    高木幸子, 米村美幸, 福田愛日

    日本教材学会 第19回研究発表大会  2007.11  日本教材学会

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:東京学芸大学  

    researchmap

  • 家庭科授業の理解を図る教育法プログラムの検討

    高木幸子

    日本家庭科教育学会第50回大会  2007.6  日本家庭科教育学会

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:国立オリンピック記念青少年総合センター  

    researchmap

  • 家庭科教師としての力量を育成する実践的卒業研究の検討

    高木幸子, 飯塚奈津子, 福田愛日

    日本教材学会第18回研究発表大会  2006.11  日本教材学会

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:日本大学  

    researchmap

  • 家庭科教員養成における教育法プログラムの検討―授業実践力の意識化と家庭科授業に対する評価内容の変容―

    高木幸子

    日本家庭科教育学会第49回大会  2006.6  日本家庭科教育学会

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:日本女子大学  

    researchmap

  • 幼児を取り巻く環境を考える保育園訪問のあり方

    高木幸子

    日本教材学会第17回研究発表大会  2005.11  日本教材学会

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:成蹊大学  

    researchmap

  • 教職12年経験者研修における授業改善に関する事例研究

    高木幸子

    日本教育実践学会第8回研究大会  2005.11  日本教育実践学会

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:新潟大学  

    researchmap

  • 協議や授業経験による授業構造の変容に関する事例研究

    高木幸子

    日本教育実践学会第8回研究大会  2005.11  日本教育実践学会

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:新潟大学  

    researchmap

  • 家庭科教員養成における模擬授業実践を取り入れた教育法プログラムの検討

    高木幸子

    日本家庭科教育学会第48回大会  2005.6  日本家庭科教育学会

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:前橋テルサ  

    researchmap

  • 消費活動の視点を学ぶ参加型教材の開発

    高木幸子

    日本教材学会第16回研究発表大会  2004.11  日本教材学会

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:埼玉大学  

    researchmap

  • 小学校家庭科において実感とことばを重視して味覚の育ちを支援する授業の開発

    高木幸子, 米村美幸, 福田愛日

    日本教材学会第19回研究発表大会  2004.11  日本教材学会

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:東京学芸大学  

    researchmap

▶ display all

Works

  • 日本家庭科教育学会北陸家庭科授業実践研究会Ver.2

    2009.7
    -
    2013.5

     More details

    北陸地区の家庭科教育に関わる大学教員と小・中・高等学校教員が共同で家庭科授業に関する実践的研究を行っている。

    researchmap

  • 日本家庭科教育学会北陸家庭科授業実践研究会

    2006.4
    -
    2009.3

     More details

    高木 幸子,北陸地区カリキュラムを基礎とした授業実践研究を行う.研究会は,北陸地区の6大学家庭科教育担当教員を中心に小中高等学校教員で構成.

    researchmap

Awards

  • Society Award

    2019.6   The Japan association of Home Economics Education   Development of Home Economics Teacher Training Curriculum Focused on Improving Practical Teaching Ability

    Sachiko TAKAGI

     More details

Research Projects

  • 災害食を活用した防災教育・食教育の研究

    2015.10 - 2017.3

    ホリカフーズ株式会社  共同研究(国内共同研究) 

    高木 幸子, 別府 茂

      More details

    Authorship:Principal investigator  Grant type:Competitive

    災害食を活用した防災教育及び食育の授業開発を目的とする。具体的には、災害食を授業で取り扱う際の留意点をプレ実践で確認し、防災教育としての授業開発、食育としての授業内容・方法・教材を検討する。

    researchmap

  • 教師としての成長を授業実践力の視点から把握する実証的方法に関する研究

    2012.4 - 2016.3

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(C)

      More details

    Grant type:Competitive

    Grant amount:\700000 ( Direct Cost: \490000 、 Indirect Cost:\210000 )

    本研究は,教員養成教育において重視すべき実践的指導力を抽出するために、教師としての成長を授業実践に関わる力量形成の視点から把握する実証的方法論の構築を目的としている。
    具体的には、 (1)授業実践の質に影響を及ぼす教材や教授方略などの良否違いを把握する方法に関する先行研究の収集・分析(理論研究)(2)大学3年次教育実習授業データを保持している学生の、勤務校(卒業6年~8年経過後)での授業データの収集・分析(実証研究:事例研究)、 (3)異なる熟達ステージに属する学生・教員による共通教材(共通題材)を用いた授業実践データの収集と比較(実証研究:比較研究)をその内容としている。

    researchmap

  • 教員養成カリキュラム開発のための授業力育成に関する基礎研究

    2007.4 - 2010.3

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(C)

      More details

    Grant type:Competitive

    本研究は、教育法プログラム、研究教育実習等で授業を行う経験をした学生が、教員採用後、授業の構想・実践をどのように行っているのか、また、改善しているのか等を追跡し、養成段階でおさえるべき内容を検討するための基礎資料を得ることを目的としている。
    そのために、初めて授業を行う段階(3年次生)から、採用後の授業の授業の具体について継続して変容を検討できる記録をとること、及び、授業構成や児童生徒への対応に関わる意志決定について聞き取りを行う。4年計画で進め、それぞれの対象者の授業記録を比較してその変容をまとめる。

    researchmap

 

Teaching Experience (researchmap)

▶ display all

Teaching Experience

  • 授業における学習研究

    2022
    Institution name:新潟大学

  • 生活情報処理

    2022
    Institution name:新潟大学

  • 教育実践基礎実習

    2021
    Institution name:新潟大学

  • 教育実践体験研究I

    2021
    Institution name:新潟大学

  • 中等教育実習I(事前・事後指導)

    2020
    Institution name:新潟大学

  • 初等教育実習II(事前・事後指導)

    2020
    Institution name:新潟大学

  • 中等教育実習II(事前・事後指導)

    2020
    Institution name:新潟大学

  • 初等教育実習I(事前・事後指導)

    2020
    Institution name:新潟大学

  • 課題研究Ⅲ

    2017
    Institution name:新潟大学

  • 学校経営課題達成実習

    2017
    Institution name:新潟大学

  • 課題研究Ⅳ

    2017
    Institution name:新潟大学

  • 教育実践課題達成実習

    2017
    Institution name:新潟大学

  • 授業研究の理論と実践

    2016
    Institution name:新潟大学

  • 学習デザインの理論と実践

    2016
    Institution name:新潟大学

  • 課題研究Ⅰ

    2016
    Institution name:新潟大学

  • 課題研究Ⅱ

    2016
    Institution name:新潟大学

  • 学校経営課題分析実習

    2016
    Institution name:新潟大学

  • 教育課程編成の理論と実践

    2016
    Institution name:新潟大学

  • 教育実践課題検証実習

    2016
    Institution name:新潟大学

  • 教育実践課題分析実習

    2016
    Institution name:新潟大学

  • 特色ある教育課程の事例研究

    2016
    Institution name:新潟大学

  • 学校経営シャドウイング実習

    2016
    Institution name:新潟大学

  • 教育実践課題発見実習

    2016
    Institution name:新潟大学

  • 問題解決的な学習と評価

    2016
    Institution name:新潟大学

  • ライフデザイン論

    2015
    -
    2017
    Institution name:新潟大学

  • 家庭経営学I

    2015
    Institution name:新潟大学

  • 生活システム概論

    2013
    -
    2017
    Institution name:新潟大学

  • 生活科学総合演習

    2013
    -
    2016
    Institution name:新潟大学

  • 家庭科教育方法研究

    2013
    -
    2014
    Institution name:新潟大学

  • 特別演習(家庭科教育方法研究)

    2013
    -
    2014
    Institution name:新潟大学

  • 地域・生活福祉実習(インターンシップ実習を含む)

    2012
    Institution name:新潟大学

  • 地域生活福祉実習(インターンシップ含む)

    2012
    Institution name:新潟大学

  • 生活科学課題の分析G

    2010
    -
    2016
    Institution name:新潟大学

  • 生活科学セミナーG

    2010
    -
    2016
    Institution name:新潟大学

  • スタディ・スキルズK

    2010
    -
    2014
    Institution name:新潟大学

  • 生活科学特別講義

    2009
    -
    2017
    Institution name:新潟大学

  • 家庭科教育法(中等)IV

    2007
    Institution name:新潟大学

  • 家庭科教育法(初等)

    2007
    Institution name:新潟大学

  • 家庭科教育法(中等)III

    2007
    Institution name:新潟大学

  • 情報処理演習

    2007
    Institution name:新潟大学

  • 生活科学教育課題の分析

    2007
    -
    2021
    Institution name:新潟大学

  • 生活科学教育演習

    2007
    -
    2021
    Institution name:新潟大学

  • 卒業研究

    2007
    -
    2021
    Institution name:新潟大学

  • 生活情報処理

    2007
    -
    2017
    Institution name:新潟大学

  • 生活科学教育研究

    2007
    -
    2017
    Institution name:新潟大学

  • 生活科学総論

    2007
    -
    2016
    Institution name:新潟大学

  • 小学校家庭

    2007
    -
    2015
    Institution name:新潟大学

  • 家庭科教育法(中等)II

    2007
    -
    2015
    Institution name:新潟大学

  • 教育実践学演習

    2007
    -
    2014
    Institution name:新潟大学

  • 教育実践学特論

    2007
    -
    2014
    Institution name:新潟大学

  • 教育実践学課題研究II

    2007
    -
    2014
    Institution name:新潟大学

  • 教育実践学課題研究I

    2007
    -
    2014
    Institution name:新潟大学

  • 生活科学論

    2007
    -
    2011
    Institution name:新潟大学

  • 情報教育論

    2007
    -
    2010
    Institution name:新潟大学

  • 生活科学セミナーIV

    2007
    -
    2009
    Institution name:新潟大学

  • 生活科学課題の分析IV

    2007
    -
    2009
    Institution name:新潟大学

  • 総合演習

    2007
    Institution name:新潟大学

  • 家庭科教育法(中等)I

    2007
    Institution name:新潟大学

▶ display all