2021/09/20 更新

写真a

ホソダ アヤコ
細田 あや子
HOSODA Ayako
所属
教育研究院 人文社会科学系 人文科学系列 教授
人文学部 人文学科 教授
現代社会文化研究科 社会文化専攻 教授
職名
教授
外部リンク

学位

  • 哲学博士 ( 1999年12月   ハイデルベルク大学 )

研究キーワード

  • 宗教学

  • 聖なるものの顕現

  • 図像学

  • 宗教美術

研究分野

  • 人文・社会 / 美術史

  • 人文・社会 / 宗教学

所属学協会

  • 日本オリエント学会

    2017年4月 - 現在

      詳細を見る

  • 西洋中世学会

    2010年4月 - 現在

      詳細を見る

  • 美術史学会

    2000年4月 - 現在

      詳細を見る

  • 日本宗教学会

    1992年4月 - 現在

      詳細を見る

 

論文

▶ 全件表示

書籍等出版物

  • 越境する宗教史 下巻

    久保田浩,鶴岡賀雄,林淳,深澤英隆,細田あや子,渡辺和子編

    リトン  2020年12月  ( ISBN:9784863760844

     詳細を見る

    総ページ数:571p   記述言語:日本語

    CiNii Books

    researchmap

  • 越境する宗教史 上巻

    久保田浩,鶴岡賀雄,林淳,深澤英隆,細田あや子,渡辺和子編

    リトン  2020年11月  ( ISBN:9784863760837

     詳細を見る

    総ページ数:480p   記述言語:日本語

    CiNii Books

    researchmap

  • 媒介物の宗教史 下巻

    津曲, 真一, 細田, あや子(共編)

    リトン  2020年8月  ( ISBN:9784863760806

     詳細を見る

    総ページ数:430p   記述言語:日本語

    CiNii Books

    researchmap

  • 一神教世界の中のユダヤ教 : 市川裕先生献呈論文集

    勝又, 悦子, 柴田, 大輔, 志田, 雅宏, 高井, 啓介( 担当: 共著 ,  範囲: メソポタミアのマクルー儀礼における火と水の力)

    リトン  2020年1月  ( ISBN:9784863760783

     詳細を見る

    総ページ数:423p, 図版[1] 枚   記述言語:日本語

    CiNii Books

    researchmap

  • 媒介物の宗教史 上巻

    津曲, 真一, 細田, あや子(共編)

    リトン  2019年6月  ( ISBN:9784863760738

     詳細を見る

    総ページ数:376p   記述言語:日本語

    CiNii Books

    researchmap

  • 中世美術の諸相

    越, 宏一

    竹林舎  2018年7月  ( ISBN:9784902084450

     詳細を見る

    総ページ数:414p, 図版 [4] p   記述言語:日本語

    CiNii Books

    researchmap

  • 生と死と祈りの美術 : 日本と西洋の信仰のかたち

    細田, あや子

    三弥井書店  2017年10月  ( ISBN:9784838233267

     詳細を見る

    総ページ数:288, 68p   記述言語:日本語

    CiNii Books

    researchmap

  • 霊と交流する人びと : 媒介者の宗教史

    杉木, 恒彦, 高井, 啓介

    リトン  2017年  ( ISBN:9784863760585

     詳細を見る

    総ページ数:2冊   記述言語:日本語

    CiNii Books

    researchmap

  • 感性学 : 触れ合う心・感じる身体

    栗原, 隆

    東北大学出版会  2014年3月  ( ISBN:9784861632464

     詳細を見る

    総ページ数:xiii, 312p   記述言語:日本語

    CiNii Books

    researchmap

  • 世界の宗教といかに向き合うか

    市川, 裕

    聖公会出版  2014年3月  ( ISBN:9784882742593

     詳細を見る

    総ページ数:x, 325p   記述言語:日本語

    CiNii Books

    researchmap

  • 感情と表象の生まれるところ

    栗原, 隆

    ナカニシヤ出版  2013年3月  ( ISBN:9784779507397

     詳細を見る

    総ページ数:xiv, 234p   記述言語:日本語

    CiNii Books

    researchmap

  • 世界の感覚と生の気分

    栗原, 隆

    ナカニシヤ出版  2012年3月  ( ISBN:9784779506260

     詳細を見る

    総ページ数:xiv, 290p   記述言語:日本語

    CiNii Books

    researchmap

  • 神秘哲学

    竹下, 政孝, 山内, 志朗, 堀江, 聡, 青柳, かおる, 菊地, 達也, 野元, 晋, 伊藤, 博明, 今, 義博, 細田, あや子, 八巻, 和彦, 手島, 勲矢, 香田, 芳樹

    岩波書店  2012年1月  ( ISBN:9784000282390

     詳細を見る

    総ページ数:xi, 357, 26p   記述言語:日本語

    CiNii Books

    researchmap

  • 夢と幻視の宗教史

    河東, 仁

    リトン  2012年  ( ISBN:9784863760271

     詳細を見る

    総ページ数:2冊   記述言語:日本語

    CiNii Books

    researchmap

  • 共感と感応 : 人間学の新たな地平

    栗原, 隆

    東北大学出版会  2011年4月  ( ISBN:9784861631672

     詳細を見る

    総ページ数:xiii, 381p   記述言語:日本語

    CiNii Books

    researchmap

  • 宗教学事典

    星野, 英紀, 池上, 良正, 氣多, 雅子, 島薗, 進, 鶴岡, 賀雄

    丸善  2010年10月  ( ISBN:9784621082553

     詳細を見る

    総ページ数:xvii, 659p   記述言語:日本語

    CiNii Books

    researchmap

  • 空間と形に感応する身体

    栗原, 隆, 矢萩, 喜従郎, 辻元, 早苗

    東北大学出版会  2010年3月  ( ISBN:9784861631436

     詳細を見る

    総ページ数:389p   記述言語:日本語

    CiNii Books

    researchmap

  • 「よきサマリア人」の譬え : 図像解釈からみるイエスの言葉

    細田, あや子

    三元社  2010年3月  ( ISBN:9784883032631

     詳細を見る

    総ページ数:452, 91p, 図版 [4] p   記述言語:日本語

    CiNii Books

    researchmap

  • 経験としての聖書 : 大貫隆教授献呈論文集

    日本聖書学研究所

    日本聖書学研究所,リトン (発売)  2009年3月  ( ISBN:9784863768017

     詳細を見る

    総ページ数:xviii, 572p, 図版 [1] 枚   記述言語:日本語

    CiNii Books

    researchmap

  • 形と空間のなかの私

    栗原, 隆

    東北大学出版会  2008年4月  ( ISBN:9784861631016

     詳細を見る

    総ページ数:7, 335p   記述言語:日本語

    CiNii Books

    researchmap

  • ヒルデガルト・フォン・ビンゲンの宗教思想研究 : ヴィジョンとその図像を中心に

    細田, あや子

    [細田あや子]  2008年3月 

     詳細を見る

    総ページ数:49p, 図版13枚   記述言語:日本語

    CiNii Books

    researchmap

  • 宗教史とは何か

    市川, 裕, 松村, 一男, 渡辺, 和子

    リトン  2008年  ( ISBN:9784947668967

     詳細を見る

    総ページ数:2冊   記述言語:日本語

    CiNii Books

    researchmap

  • 宗教学文献事典

    島薗, 進, 石井, 研士, 下田, 正弘, 深沢, 英隆

    弘文堂  2007年12月  ( ISBN:9784335160486

     詳細を見る

    総ページ数:lv, 557p   記述言語:日本語

    CiNii Books

    researchmap

  • 神話と現代

    松村, 一男, 山中, 弘, 平藤, 喜久子, 寺戸, 淳子, 中牧, 弘允, 北沢, 裕, 佐藤, 加奈子, 土井, 裕人, 高橋, 原, 上村, 静, 江口, 飛鳥, 細田, あや子, 渡辺, 和子, 木村, 武史, 長澤, 壮平, 宮田, 義矢, 岩崎, 賢

    リトン  2007年12月  ( ISBN:9784947668912

     詳細を見る

    総ページ数:460p   記述言語:日本語

    CiNii Books

    researchmap

  • 異界の交錯 下巻

    渡辺, 和子, 細田, あや子

    リトン  2006年12月  ( ISBN:4947668857

     詳細を見る

    総ページ数:482p   記述言語:日本語

    CiNii Books

    researchmap

  • 異界の交錯 上巻

    細田, あや子, 渡辺, 和子

    リトン  2006年2月  ( ISBN:4947668784

     詳細を見る

    総ページ数:412p   記述言語:日本語

    CiNii Books

    researchmap

  • 生と死の神話

    松村, 一男

    リトン  2004年6月  ( ISBN:4947668652

     詳細を見る

    総ページ数:492p   記述言語:日本語

    CiNii Books

    researchmap

  • 太陽神の研究

    松村, 一男, 渡辺, 和子

    リトン  2002年  ( ISBN:4947668520

     詳細を見る

    総ページ数:2冊   記述言語:日本語

    CiNii Books

    researchmap

  • Darstellungen der Parabel vom barmherzigen Samariter

    細田, あや子

    M. Imhof  2002年  ( ISBN:3935590229

     詳細を見る

    総ページ数:176 p.   記述言語:ドイツ語

    CiNii Books

    researchmap

▶ 全件表示

MISC

  • メソポタミアの災因論と病気治療儀礼

    細田あや子

    『宗教研究』   94   229 - 230   2021年3月

     詳細を見る

  • メソポタミアのアーシプによる儀礼の特徴」

    細田あや子

    『宗教研究』   93 ( 別冊 )   231 - 232   2020年2月

     詳細を見る

  • メソポタミアの儀礼研究

    細田あや子

    『宗教研究』   92   276 - 277   2019年3月

     詳細を見る

  • 書評:荒井献著『キリスト教の再定義のために』 新教出版社

    細田あや子

    『本のひろば』一般財団法人キリスト教文書センター2018年8月号   2018年8月

     詳細を見る

  • メソポタミアの神像にまつわる儀礼の構造

    細田あや子

    『宗教研究』   91   207 - 208   2018年3月

     詳細を見る

  • 書評:山田仁史著『新・神話学入門』

    細田あや子

    『図書新聞』3322号   2017年10月

     詳細を見る

  • 古代メソポタミアの神像と儀礼

    細田あや子

    『宗教研究』   90   164 - 165   2017年3月

     詳細を見る

  • イメージと儀礼(第一部会,研究報告,<特集>第74回学術大会紀要)

    細田 あや子

    宗教研究   89 ( 0 )   161 - 162   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本宗教学会  

    DOI: 10.20716/rsjars.89.Suppl_161

    CiNii Article

    researchmap

  • 古代末期のユダヤ美術(第五部会,<特集>第73回学術大会紀要)

    細田 あや子

    宗教研究   88 ( 0 )   269 - 270   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本宗教学会  

    DOI: 10.20716/rsjars.88.Suppl_269

    CiNii Article

    researchmap

  • 宗教芸術のパフォーマティヴィティ(第一部会,<特集>第72回学術大会紀要)

    細田 あや子

    宗教研究   87 ( 0 )   165 - 166   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本宗教学会  

    DOI: 10.20716/rsjars.87.Suppl_165

    CiNii Article

    researchmap

  • 幻視と夢の図像学(第二部会,研究報告,第七十一回学術大会)

    細田 あや子

    宗教研究   86 ( 4 )   912 - 913   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本宗教学会  

    DOI: 10.20716/rsjars.86.4_912

    CiNii Article

    researchmap

  • キリスト教教義の視覚化とその受容(第四部会,<特集>第七十回学術大会紀要)

    細田 あや子

    宗教研究   85 ( 4 )   1113 - 1114   2012年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本宗教学会  

    DOI: 10.20716/rsjars.85.4_1113

    CiNii Article

    researchmap

  • 松村一男著, 『神話思考 I自然と人間』, 言叢社, 二〇一〇年三月二五日刊, A5判, 一三+六〇四+五一頁, 六四七六円+税

    細田 あや子

    宗教研究   85 ( 1 )   192 - 198   2011年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本宗教学会  

    DOI: 10.20716/rsjars.85.1_192

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • ヴィジョンとイメージ(第四部会,<特集>第六十八回学術大会紀要)

    細田 あや子

    宗教研究   83 ( 4 )   1378 - 1379   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本宗教学会  

    DOI: 10.20716/rsjars.83.4_1378

    CiNii Article

    researchmap

  • マグダラのマリアの多様なイメージ(第三部会,<特集>第六十六回学術大会紀要)

    細田 あや子

    宗教研究   81 ( 4 )   1013 - 1014   2008年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本宗教学会  

    DOI: 10.20716/rsjars.81.4_1013

    CiNii Article

    researchmap

  • 最近の宗教動向 海外の動向 イエスの復活とマグダラのマリア : テクストと視覚イメージ

    細田 あや子

    IISR国際宗教研究所ニュースレター   ( 53 )   10 - 16   2007年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:国際宗教研究所  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • ヒルデガルト・フォン・ビンゲンのヴィジョン(第二部会,<特集>第六十五回学術大会紀要)

    細田 あや子

    宗教研究   80 ( 4 )   1033 - 1034   2007年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本宗教学会  

    DOI: 10.20716/rsjars.80.4_1033

    CiNii Article

    researchmap

  • 9149 メイン・ピアの傾斜の実測について : ハギア・ソフィア大聖堂調査報告(その6)

    佐藤 達生, 日高 健一郎, 河辺 泰宏, 太記 祐一, 細田 あや子

    学術講演梗概集. F-2, 建築歴史・意匠   ( 1997 )   295 - 296   1997年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本建築学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • マリア・マルタの記事(Lk 19,38-42)をめぐる考察

    細田あや子

    東京大学宗教学年報   10 ( 10 )   71 - 88   1992年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:東京大学文学部宗教学研究室  

    Der Bericht "Martha und Maria" im Lukasevangelium ist sowohl in textkritischer als auch ferninistisch - theologischer Hinsicht recht umstritten. Bisher wurde die Haltung Marias, die das Wort Jesu hbrt, positiv beurteilt. Marthas Haltung hingegen, die nur die hauslichen Arbeiten verrichtet, hat man eher negativ eingeschatzt. Wenn man diesen Bericht jedoch unter literar - kritischen, redaktionsgeschichtlichen und rezeptionstheoretischen Aspekten untersucht, wird Lukas eigentliche Absicht deutlich. Das durch das Dienen gekennzeichnete Verhalten von Martha steht nicht einfach Verhalten Marias negativ gegenliber, sondern Lukas miBt auch Martha eine positive Bedeutung bei. Das Ergebnis der literar-kritischen Exegese ist, daB Lk10, 42b im Gegensatz zu 10,42a ein redaktioneller Zusatz ist. Lukas fugt die Passage hinzu, um die Leserschaft seine Idealvorstellung von christlichem Verhalten zu vermitteln. Beide Frauen, Martha und Maria, werden als Modell fur christliches Handeln betrachtet. Aber nicht nur diese beiden Schwestern, sondern auch andere Figuren des Lukasevangeliums fungieren als Modell fur richtiges oder falsches Verhalten. Wenn man das ganze Evangelium als Erzahlung liest, wird deutlich, daB der "Martha und Maria"- Bericht im Zusammenhang mit lukanischen Absicht zusehen ist. Er steht bezeichnenderweise am Anfang des Reiseberichts, der von Jesus als Wanderprediger erzahlt. Dadurch ist die Szene, die im Haus von Martha und Maria spielt, von besonderer Wirksamkeit. Es wird nahmlich schon gleich zu Beginn auf die besondere Beziehung zwischen demjenigen, der predigt, und den Empfangern dieser Predigt hingewiesen. Auf diese Weise lenkt Lukas die Aufmerksamkeit der Leserschaft auf Aspekte, die von der bisherigen bibelwissenschaftlichen Forschung noch nicht ausreichend berlicksichtigt worden sind.

    DOI: 10.15083/00030650

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://hdl.handle.net/2261/26135

▶ 全件表示

講演・口頭発表等

  • マグダラのマリアのイメージの多義性 招待

    細田 あや子

    宮城学院創立120周年記念シンポジウム「マグダラのマリアと現代」キリスト教文化研究所 宮城学院女子大学  2007年10月  宮城学院女子大学キリスト教文化研究所

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • メソポタミアのアーシプによる儀礼の特徴

    細田あや子

    日本宗教学会第78回学術大会  2019年9月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 異界で得られるもの・得られないもの ー古代メソポタミアの事例をとおしてー 招待

    細田あや子

    古代学・聖地学研究センター 第1回聖地学シンポジウム ー神々と自然と社会ー (奈良女子大学)  2019年3月 

     詳細を見る

  • メソポタミアのアーシプによる儀礼

    細田あや子

    日本オリエント学会第60回大会  2018年10月 

     詳細を見る

  • メソポタミアの儀礼研究

    細田あや子

    日本宗教学会第77回学術大会  2018年9月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 古代メソポタミアにおける異界の交錯 招待

    細田あや子

    国際シンポジウム 聖地と霊場ー神・仏・死者、その共生の構図 (東北大学)  2018年8月 

     詳細を見る

  • 太陽神をめぐる儀礼と神像制作

    細田あや子

    日本オリエント学会第59回大会  2017年10月 

     詳細を見る

  • メソポタミアの神像にまつわる儀礼の構造

    細田あや子

    日本宗教学会第76回学術大会  2017年9月 

     詳細を見る

  • 祈りの言葉とイメージの力ーキリスト教美術の意味と機能について 招待

    細田あや子

    Niigata Liberal Arts Club 社会人向け教養講座  2016年12月 

     詳細を見る

  • 古代メソポタミアの神像と儀礼

    日本宗教学会第75回学術大会  2016年9月 

     詳細を見る

  • 祈りとヴィジョン:ヒルデガルトとゾイゼを例に 招待

    細田あや子

    上智大学中世思想研究所  2016年2月 

     詳細を見る

  • イメージと儀礼

    細田あや子

    日本宗教学会第74回学術大会  2015年9月 

     詳細を見る

  • 古代末期のユダヤ美術

    細田あや子

    日本宗教学会第73回学術大会  2014年9月 

     詳細を見る

  • 生と死の世界を往還する美術 招待

    細田あや子

    東洋英和女学院大学死生学研究所 連続講座  2013年12月 

     詳細を見る

  • 宗教芸術のパフォーマティヴィティ

    細田あや子

    日本宗教学会第72回学術大会  2013年9月 

     詳細を見る

  • 光と闇の図像学―キリスト教美術への招待― 招待

    細田あや子

    敬和学園大学チャペル・アッセンブリ・アワー  2013年7月 

     詳細を見る

  • 幻視と夢の図像学

    細田あや子

    日本宗教学会第71回学術大会  2012年9月 

     詳細を見る

  • 東西文化にみる絵解きの死生観 招待

    細田あや子

    東洋英和女学院大学 死生学研究所 連続講座  2011年11月 

     詳細を見る

  • キリスト教教義の視覚化とその受容

    細田あや子

    日本宗教学会第70回学術大会  2011年9月 

     詳細を見る

  • 聖地・巡礼・ツーリズムーキリスト教の事例からー

    細田あや子

    新潟大学人文学部・愛媛大学法文学部 第2回学術交流会  2011年1月 

     詳細を見る

  • 「生命の木」のイメージの多様性 招待

    細田あや子

    東洋英和女学院大学 死生学研究所 連続講座  2010年7月 

     詳細を見る

  • ヒルデガルト・フォン・ビンゲンの救済論―ヴィルトゥテスのモティーフを中心に― 招待

    細田あや子

    ヨーロッパ中世・ルネサンス研究所 第三回研究会 (早稲田大学)  2010年4月 

     詳細を見る

  • ヴィジョンとイメージ

    細田あや子

    日本宗教学会第68回学術大会  2009年9月 

     詳細を見る

  • キリスト教におけるふたりのマリア信仰 招待

    細田あや子

    慶応義塾大学言語文化研究所 公開講座 「女神の変容」  2008年10月 

     詳細を見る

  • マグダラのマリアの多様なイメージ

    細田あや子

    日本宗教学会第66回学術大会  2007年9月 

     詳細を見る

  • ヒルデガルド・フォン・ビンゲンのヴィジョン

    細田あや子

    日本宗教学会第65回学術大会  2006年9月 

     詳細を見る

  • よきサマリア人の譬えの図像解釈 招待

    細田あや子

    第2回神話イメージ研究会(和光大学)  2003年11月 

     詳細を見る

  • 「一角獣と男」または「日月の鼠」の説話の図像化について

    細田あや子

    日本宗教学会第61回学術大会  2002年9月 

     詳細を見る

▶ 全件表示

受賞

  • 新潟大学人文学部 新潟大学人文科学奨励賞 阿部賞

    2010年8月  

    細田あや子

     詳細を見る

  • 日本宗教学会賞

    2003年9月  

    細田あや子

     詳細を見る

共同研究・競争的資金等の研究

  • 古代メソポタミアの宗教的職能者アーシプによる知恵文書形成と継承の思想史的研究

    研究課題/領域番号:21K00086  2021年4月 - 2025年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    細田 あや子

      詳細を見る

    配分額:4030000円 ( 直接経費:3100000円 、 間接経費:930000円 )

    researchmap

  • 宗教言語の共在性と創造性:古代メソポタミアの祈祷と中世日本の祭文の比較研究

    研究課題/領域番号:18KT0078  2018年7月 - 2022年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    細田 あや子

      詳細を見る

    配分額:4030000円 ( 直接経費:3100000円 、 間接経費:930000円 )

    古代メソポタミアの宗教儀礼のなかで、アーシプという職能者が行う儀礼について考察を進めた。そのなかでもキシュプーに対抗する儀礼文書の解読を中心に行った。キシュプーとは呪い、呪詛、祟り、怨念、怨霊、怨念をもつ生霊といった現象に近いものと考えられる。キシュプーにとりつかれると病気となり、不浄となり、呪縛の状態に陥ってしまう。そのため、病気の原因がキシュプーであると診断された場合、アーシプがキシュプーに対抗する儀礼を行う。
    このキシュプーに対する対抗措置、病気治療のなかで最もおおがかりなのが「マクルー」儀礼である。マクルーとは「燃やすこと」という意味で、この名が示すように、キシュプーを行った者、仕掛けた者、敵対者といわれる人物をあらわした小像を火で燃やすことが、儀礼の主眼である。
    マクルー儀礼の、IからVIIIまである唱えごと文書(儀礼的発話指示書)と儀礼全体の式次第の指示文書(儀礼的動作指示書)を解読した。その結果、二日間にわたって行われる儀礼において、はじめにキシュプーを行った者は、自分がかけたキシュプーを上回るより大きな――アーシプの――知恵と技により、壊滅的な死に至ることとなる。他方、死の状態にあった病人は再生し復活する。アイデンティティを確認した病人は、通過儀礼を経たといえる。アーシプがキシュプーを封じ込めることで力の転換が起こっており、マクルー儀礼の力学が読み取れることが明らかとなった。
    宗教言語の共在性と創造性という視点からみると、マクルー儀礼で唱えられる唱えごとは、儀礼の所作や動作とあわせて、アーシプの行為遂行性に不可欠な力を与えていると考えられる。

    researchmap

  • イスラエル国ガリラヤ地方の新出土シナゴーグ資料に基づく一神教の宗教史再構築

    研究課題/領域番号:17H01640  2017年4月 - 2020年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(A)  基盤研究(A)

    市川 裕, 佐藤 研, 桑原 久男, 細田 あや子, 上村 静, 高井 啓介, 月本 昭男, 土居 由美, 勝又 悦子, 長谷川 修一, 葛西 康徳, 江添 誠, 牧野 久実, 高久 恭子

      詳細を見る

    配分額:37050000円 ( 直接経費:28500000円 、 間接経費:8550000円 )

    今年度の主たる実績は、以下の三つに分けられる。
    第1に、2017年8月に、イスラエルのテル・レヘシュ遺跡で、シナゴーグの全容を解明する発掘調査を実施した。これによって、本シナゴーグは、モーセ五書の巻物を置く台座と思われた石は、天井を支える支柱の礎石であることが判明し、全体は簡素な矩形の部屋に過ぎないことが明らかとなった。ここから、シナゴーグの用途を、安息日のトーラー朗読にのみ限定して考える必要がないものと想定された。
    第2に、出土した西暦1世紀のシナゴーグの発見がもたらす意義に関して、同時代的、宗教史的、比較宗教学的視点から、研究成果を持ち寄って、公開シンポジウムを実施した。シンポジウムの全体テーマは、「イスラエル新出土シナゴーグから 一神教の宗教史を見直す」である。( 2018年3月2日(金) 13時-18時 東京大学本郷キャンパス 法文1号館 113教室。)
    第3に、シナゴーグがユダヤ社会において果たした役割の変遷を、古代から中世にかけて考察するシンポジウムを実施した。シンポジウムの全体テーマは「ユダヤ共同体とその指導者たち -古代から中世へ-」である。(2018年1月21日(日)13:00-18:00 東京大学本郷キャンパス法文1号館113教室。)
    カイロで発見されたゲニザ文書から推定される、中世旧カイロ市(フスタート)のシナゴーグと共同体の関係について、イスラエル人の専門家の知見を得られたことは、歴史的変遷を明らかにするうえで非常に有益であった。

    researchmap

  • ユダヤ・イスラーム宗教共同体の起源と特性に関する文明史的研究

    研究課題/領域番号:25257008  2013年4月 - 2017年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(A)  基盤研究(A)

    市川 裕, 佐藤 研, 桑原 久男, 細田 あや子, 高井 啓介, 月本 昭男, 高橋 英海, 菊地 達也, 長谷川 修一, 葛西 康徳, 江添 誠, 牧野 久実, 小堀 馨子, 鎌田 繁, 中西 恭子, 土居 由美, 嶋田 英晴, 志田 雅宏, 櫻井 丈, 小野 塚拓造, 山野 貴彦, アヴィアム モルデハイ

      詳細を見る

    配分額:45240000円 ( 直接経費:34800000円 、 間接経費:10440000円 )

    ユダヤ教の歴史を調べていくと、のちに出現する二つの一神教、キリスト教とイスラーム、を生み出す基盤になっていることがわかる。宗教学の歴史は信仰を基盤とする西欧のキリスト教を宗教の一般モデルとしたため、このモデルから外れる諸要素は関心から外れた。しかし、イスラームとラビ・ユダヤ教はそれぞれ、シャリーアとハラハーを特徴とする啓示法の宗教であり、預言者に啓示された神の意志は、日常生活の行動様式を詳細に規定している。これら一神教の二つの異なる類型がともに古代ユダヤ社会に起源を有することを示して、一神教の歴史全体を動態的に理解する道筋を示すことは、人類の宗教史を考察する上で文明史的意義を持つものである。

    researchmap

  • 「聖なるものの顕現」における図像・造形物・言葉の働き-画像資料と儀礼から-

    研究課題/領域番号:25370069  2013年4月 - 2016年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    細田 あや子

      詳細を見る

    配分額:4160000円 ( 直接経費:3200000円 、 間接経費:960000円 )

    本研究では、図像、造形物および言語によって表出される「聖なるものの顕現(ヒエロファニー)」の過程を分析し、図像や造形物、言葉が異次元間を結ぶメディア(媒体)という機能のほか、聖を創造、開示する働きも有する事態を考察した。具体的には神託、夢、幻視に関する文書と画像資料、および儀礼文書の解読をとおして、不可視・不在なるものの現前化の仕組み、聖化の働きを解明した。これにより、宗教と表象造形に関する研究に新たな視点を取り込むことができた。

    researchmap

  • 宗教実践におけるイメージの機能-「霊性(スピリチュアリティ)の図像学」の展開-

    研究課題/領域番号:22520097  2010年 - 2012年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    細田 あや子

      詳細を見る

    配分額:3510000円 ( 直接経費:2700000円 、 間接経費:810000円 )

    中世ヨーロッパの霊性における視覚イメージの意義を解明し、「霊性(スピリチュアリティ)の図像学」が宗教美術研究アプローチのひとつの切り口として有益であることを明確にした。聖なるものの顕現としての宗教美術という特質に注目し、具体的に中世霊性の中で見出される異界とのコミュニケーションの手段としての機能などの特徴を明らかとした。

    researchmap

  • 空間と形に感応する媒体として身体を解明することから、知の成立機序を捉え直す試み

    研究課題/領域番号:22652003  2010年 - 2011年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 挑戦的萌芽研究  挑戦的萌芽研究

    栗原 隆, 加藤 尚武, 辻元 早苗, 佐藤 透, 細田 あや子, 白井 述, 青柳 かおる

      詳細を見る

    配分額:3210000円 ( 直接経費:2700000円 、 間接経費:510000円 )

    私たちの感性が身体を媒介として、外部の周囲の空間や形に感応することを通して、舞踊や演奏における即興や、風景や雰囲気への感興など、理性を通した知とはまた別の、体感に基づく知が可能になる仕組みを明らかにすることができた。

    researchmap

  • 西洋史における国民国家とアイデンティティ複合

    研究課題/領域番号:18320121  2006年 - 2008年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)  基盤研究(B)

    松本 彰, 立石 博高, 山本 明代, 北村 昌史, 佐々木 博光, 高橋 秀樹, 細田 あや子, 田中 景, 野村 真理, 森田 直子, 池田 嘉郎, 丸畠 宏太, 中谷 昌弘, 伊東 直美, 小野寺 拓也

      詳細を見る

    配分額:20450000円 ( 直接経費:17000000円 、 間接経費:3450000円 )

    本研究プロジェクトは2007年6月に新潟朱鷺メッセで行われた日本西洋史学会での報告のために組織された.2006年度は学会報告へ向けての準備を行い、2007年度は学会報告と学会での議論を発展させるための研究を展開し、2008年度は3年間の研究を総括した.予定していた海外調査は、2006年度はドイツとオーストリア、2007年度はアメリカ合衆国、2008年度はロシアで行い、大きな成果を得ることができた.

    researchmap

  • ヒルデガルト・フォン・ビンゲンの宗教思想研究-ヴィジョンとその図像を中心に-

    研究課題/領域番号:17520054  2005年 - 2007年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    細田 あや子

      詳細を見る

    配分額:2970000円 ( 直接経費:2700000円 、 間接経費:270000円 )

    本研究においては、ヒルデガルト・フォン・ビンゲンの著作のテクスト分析および図像解釈をし、ヒルデガルトの宗教思想を考察してきた。ヒルデガルトの宗教思想をみるにあたって、とくに彼女のみたヴィジョン(幻視)に注目して検討を加えてきた。
    本年度は三ヵ年の研究のまとめとして、ヒルデガルトのヴィジョンに関し、テクストとその視覚化の関係をより明確にして宗教思想、宗教美術という側面からの考察を深め、いくつか特徴あるテーマ、たとえばヴィルトゥテスという概念や自然観などを分析した。さらに、三位一体というキリスト教教義についても、ヒルデガルト独自の見解が認められることが理解された。父、子、聖霊という三つのペルソナを図像化する場合、ヒルデガルトの『スキヴィアス』(II,2)では、二層に分けられた円の中央に子であるキリストが立っている。キリストのみが具体的に人物像として描かれているのに対し、なぜ父なる神は円という幾何学的表現になっているのかということが、ヒルデガルトのヴィジョンにとって特徴的な点である。このような描写の背後には、ヒルデガルトの神観、また宇宙観、そしてジェンダー観などが影響していると考えられる。この宇宙を創造した神は、男性というひとつの性に限定されるようには考えられておらず、性差を超えた創造主としてとらえられている。具象的な描写よりも、円や他のヴィジョンにもみられる四角形などの幾何学的な抽象的図像および象徴的意味が込められた多様な色彩を通して、キリスト教教義とそれをふまえそれを包括するようなヒルデガルト独自の宗教思想に基づき、このようなヴィジョンになっていると考えられる。ヒルデガルトはキリスト教という枠組みの中に生活しつつも、それを超え、被造物と自然との調和ある世界を求めていたことが明らかとなる。

    researchmap

  • 西洋中世における思想と表象の関係に関する総合的研究

    研究課題/領域番号:17520006  2005年 - 2006年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    山内 志朗, 細田 あや子

      詳細を見る

    配分額:2900000円 ( 直接経費:2900000円 )

    研究代表者である山内と分担者である細田は、月に2回定期的に学生を交えながら、研究を行ってきた。ビンゲンのヒルデガルトのテキスト、および表象について、当時のスコラ哲学の概念分析を交えながら、その思想の枠組みを取り出すことを両者の協力の下に行った。
    この研究会においては、科研費の費用で収集できた文献の読解も行うことができ、極めて多くの有益な知見を得ることができた。
    研究成果としては、細田が編者の一人となって、西洋と東洋における現世と異界との交錯を論じた論文集『異界の交錯』(全2巻、リトン、412頁+482頁)をまとめた。これはまさに思想をどの様に表象するのかを扱った研究成果であり、本課題の特筆すべき成果の一つである。この論文集には細田は上下間それぞれに寄稿し、山内は下巻に寄稿している。
    細田はそれ以外に「洗礼の図像解釈--オットー朝写本挿絵を中心に」を発表した。
    また、山内は、西洋中世における思想と表象の関係が、その後歴史的にどのように展開されていったのか、といった観点から、広い視点の下に研究成果をまとめた。単著として『<つまずき>のなかの哲学』(NHK出版、221頁)を刊行した。また単著論文として「ドゥンス・スコトゥスとイスラーム哲学--共通本性の系譜」を発表した。
    細田の研究は、西洋中世におけるキリスト教美術を中心に、宗教思想が図像表象としてどのように表現されるかを一貫して追及しているが、本科研費によって、大きな研究成果をまとあることができたことは、成果として特筆すべきことである。
    また、山内も昨年度における単行本の刊行に続いて、本年度も本課題に関連する単行本と論文を刊行した。山内の研究中心は、中世スコラ哲学であるが、それに限定されず、広い視点に及ぶ研究を展開し、多くの研究成果を発表することができた。

    researchmap

▶ 全件表示

 

担当経験のある授業科目

  • 社会文化学概論

    2021年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 西洋史概説

    2021年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 社会文化学入門B

    2020年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 人文系展開科目G

    2018年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 歴史文化学入門

    2018年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 人文超域科目D

    2018年
    機関名:新潟大学

  • 人文初年次演習B

    2018年
    機関名:新潟大学

  • 領域融合・超域科目N

    2017年
    -
    2019年
    機関名:新潟大学

  • 人文系展開科目C

    2017年
    -
    2019年
    機関名:新潟大学

  • 社会文化総合演習

    2017年
    -
    2018年
    機関名:新潟大学

  • 歴史学A

    2017年
    機関名:新潟大学

  • 西洋文化史B

    2016年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 歴史文化学入門B

    2016年
    -
    2018年
    機関名:新潟大学

  • 人文総合演習B

    2016年
    機関名:新潟大学

  • 西洋文化史A

    2015年
    -
    2017年
    機関名:新潟大学

  • 感情と表象

    2014年
    -
    2018年
    機関名:新潟大学

  • 感性学

    2014年
    -
    2016年
    機関名:新潟大学

  • 西洋社会史B

    2014年
    機関名:新潟大学

  • ヨーロッパ歴史文化Ⅱ演習

    2013年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 領域融合・超域科目D

    2013年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • ヨーロッパ歴史文化Ⅱ特論

    2013年
    -
    2019年
    機関名:新潟大学

  • ヨーロッパ美術文化研究

    2013年
    -
    2014年
    機関名:新潟大学

  • 自然と文明

    2013年
    機関名:新潟大学

  • 西洋地域史A

    2013年
    機関名:新潟大学

  • 西洋地域史B

    2012年
    機関名:新潟大学

  • 歴史学Y

    2012年
    機関名:新潟大学

  • 西洋社会史A

    2012年
    機関名:新潟大学

  • 領域融合・超域科目A

    2011年
    -
    2016年
    機関名:新潟大学

  • 史学概説

    2011年
    -
    2012年
    機関名:新潟大学

  • 歴史科学

    2011年
    -
    2012年
    機関名:新潟大学

  • インターンシップ実習

    2011年
    機関名:新潟大学

  • 歴史学G

    2011年
    機関名:新潟大学

  • 西洋史概説B

    2010年
    -
    2019年
    機関名:新潟大学

  • 歴史文化学入門A

    2010年
    -
    2015年
    機関名:新潟大学

  • アジア文化入門A

    2010年
    -
    2014年
    機関名:新潟大学

  • 地域社会文化入門

    2010年
    -
    2014年
    機関名:新潟大学

  • 西洋地域史特殊研究B

    2010年
    -
    2012年
    機関名:新潟大学

  • ヨーロッパ中世史Ⅰ

    2010年
    機関名:新潟大学

  • 知の地平(マルチ・リテラシー)

    2010年
    機関名:新潟大学

  • 西洋史概説Ⅱ

    2010年
    機関名:新潟大学

  • イギリス社会史Ⅰ

    2010年
    機関名:新潟大学

  • 西洋史概説Ⅰ

    2009年
    機関名:新潟大学

  • ヨーロッパ精神文化史Ⅰ

    2009年
    機関名:新潟大学

  • 歴史と社会

    2009年
    機関名:新潟大学

  • 西洋歴史文化研究法A

    2009年
    機関名:新潟大学

  • ヨーロッパ地域史Ⅱ

    2009年
    機関名:新潟大学

  • 課題研究Ⅱ

    2008年
    -
    2015年
    機関名:新潟大学

  • 課題研究Ⅰ

    2008年
    -
    2015年
    機関名:新潟大学

  • ヨーロッパ美術文化論

    2008年
    -
    2014年
    機関名:新潟大学

  • 特定研究Ⅱ

    2008年
    -
    2014年
    機関名:新潟大学

  • 課題研究Ⅲ

    2008年
    -
    2014年
    機関名:新潟大学

  • 特定研究Ⅲ

    2008年
    -
    2014年
    機関名:新潟大学

  • 西洋社会史特殊研究B

    2008年
    -
    2014年
    機関名:新潟大学

  • ヨーロッパ歴史文化論Ⅱ演習

    2008年
    -
    2014年
    機関名:新潟大学

  • ヨーロッパ歴史文化論Ⅱ特論

    2008年
    -
    2014年
    機関名:新潟大学

  • 特定研究Ⅰ

    2008年
    -
    2014年
    機関名:新潟大学

  • 西洋社会史特殊研究A

    2008年
    -
    2012年
    機関名:新潟大学

  • 比較社会文化演習Ⅱ

    2008年
    -
    2010年
    機関名:新潟大学

  • 比較社会文化演習Ⅰ

    2008年
    -
    2010年
    機関名:新潟大学

  • ヨーロッパ中世史Ⅱ

    2008年
    機関名:新潟大学

  • ヨーロッパ社会史Ⅱ

    2008年
    機関名:新潟大学

  • 卒業論文(細田あや子)

    2007年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 西洋歴史文化演習

    2007年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 西洋史概説A

    2007年
    -
    2017年
    機関名:新潟大学

  • 人文総合演習A

    2007年
    -
    2015年
    機関名:新潟大学

  • 西洋地域史特殊研究A

    2007年
    -
    2013年
    機関名:新潟大学

  • 西洋文化史特殊研究

    2007年
    -
    2009年
    機関名:新潟大学

  • ヨーロッパ歴史文化論II特論

    2007年
    機関名:新潟大学

  • 比較社会文化演習I

    2007年
    機関名:新潟大学

  • 西洋史概説I

    2007年
    機関名:新潟大学

  • 課題研究I

    2007年
    機関名:新潟大学

  • 比較社会文化演習II

    2007年
    機関名:新潟大学

  • ヨーロッパ地域史II

    2007年
    機関名:新潟大学

  • 課題研究II

    2007年
    機関名:新潟大学

  • ヨーロッパ精神文化史I

    2007年
    機関名:新潟大学

  • ヨーロッパ歴史文化論II演習

    2007年
    機関名:新潟大学

▶ 全件表示