2022/12/10 更新

写真a

スギヤマ トシエ
杉山 稔恵
SUGIYAMA Toshie
所属
教育研究院 自然科学系 農学系列 教授
農学部 教授
職名
教授
外部リンク

学位

  • 博士(学術) ( 1994年3月   新潟大学 )

研究キーワード

  • 骨髄骨

  • ニワトリ

  • Endocrine Disruptor

  • カルシウム代謝

  • Chicken

  • Medullary Bone

  • Calcium Metabolism

研究分野

  • ライフサイエンス / 応用分子細胞生物学

  • ライフサイエンス / 獣医学

  • ライフサイエンス / 獣医学

  • ライフサイエンス / 動物生産科学

  • ライフサイエンス / 獣医学

  • ライフサイエンス / 動物生産科学

▶ 全件表示

経歴(researchmap)

  • Research Fellow, Japan Society for the Promotion of Science

    1994年 - 1995年

      詳細を見る

  • 日本学術振興会 特別研究員(PD)

    1994年 - 1995年

      詳細を見る

経歴

  • 新潟大学   農学部   教授

    2018年4月 - 現在

  • 新潟大学   農学部 農学科   准教授

    2017年4月 - 2018年3月

  • 新潟大学   自然科学研究科 生命・食料科学専攻   准教授

    2010年7月 - 2018年3月

  • 新潟大学   自然科学研究科 生命・食料科学専攻   准教授

    2010年7月 - 2018年3月

  • 新潟大学   農業生産科学科   准教授

    2010年7月 - 2017年3月

  • 新潟大学   農業生産科学科   助教

    2004年4月 - 2010年6月

▶ 全件表示

学歴

  • 新潟大学   Graduate School, Division of National Science and Technology

    - 1994年

      詳細を見る

  • 新潟大学   自然科学研究科   生命システム科学

    - 1994年

      詳細を見る

    国名: 日本国

    researchmap

  • 新潟大学   Faculty of Agriculture

    - 1989年

      詳細を見る

  • 新潟大学   農学部   畜産

    - 1989年

      詳細を見る

    国名: 日本国

    researchmap

所属学協会

  • 日本獣医学会

      詳細を見る

  • 日本畜産学会

      詳細を見る

  • 日本家禽学会

      詳細を見る

  • American Society for Bone and Mineral Research

      詳細を見る

  • 日本骨代謝学会

      詳細を見る

  • Japan Society of Endocrine Disrupters Research

      詳細を見る

  • International Bone and Mineral Society

      詳細を見る

  • Japanese Society of Veterinary Science

      詳細を見る

  • Japanese Society for Bone and Mineral Research

      詳細を見る

  • Japan Poultry Science Association

      詳細を見る

  • Japanese Society of Animal Sience

      詳細を見る

▶ 全件表示

 

論文

  • Effect of calcium regulating hormones on osteoclast-like cell formation in hen medullary bone marrow culture(共著)

    Journal of Poultry Science   41 ( 4 )   307 - 314   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2141/jpsa.41.307

    Scopus

    researchmap

  • Immunohistochemical study of matrix metalloproteinase-3 (MMP-3) at the articular cartilage in oseteochondrotic pigs(共著)

    Animal Science Journal   73, 517-522   2002年

  • 放牧牛から分離したTrypanosoma theileriの継代培養株の形態学的比較(共著)

    家畜衛生研究会報   27, 65-70   2002年

     詳細を見る

  • Osteoclast-like cell formation in medullary bone marrow cell culture of laying hens(共著)

    Jouenal of Poultry Science   39, 256-265   2002年

     詳細を見る

  • Changes in immunoelectron microscopic localization of cathepsin D in muscle induced by conditioning or high-pressure treatment

    Meat Science   61, 415-418   2002年

  • Arian Calicium Metabolism and Bone Function(共著)

    Asian-Australasian Journal of Animal Sciences   14, 82-90   2001年

     詳細を見る

  • Pressure-induced changes in the connectin/titin localization in the myofibrils revealed by immunoelectron microscopy(共著)

    Meat Science   59, 193-197   2001年

  • Model selection and genetic parameter estimation for performance traits, body measurement traits and leg seore traits in a closed population of Durocpigs.(共著)

    Asian-Australasian Journal of Animal Sciences   14(1), 114-122   2001年

     詳細を見る

  • 家禽における産卵とカルシウム代謝(共著)

    北信越畜産学会誌   83, 17-24   2001年

     詳細を見る

  • エストロジェンおよびアンドロジェンの投与量がニワトリ骨髄骨の発達に及ぼす影響(共著)

    日本畜産学会北陸支部会報   79   42 - 45   1999年

     詳細を見る

  • 産卵鶏の卵管殻腺部におけるCa<sup>2+</sup>-ATPaseおよびcarbonic anhyrase IIの免疫組織化学的研究(共著)

    新井 達弥, 杉山 稔恵, 楠原 征治

    日本家禽学会誌   33 ( 6 )   371 - 376   1996年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本万国家禽学会  

    本研究では,放卵後3時間および12時間の産卵鶏を用い,卵管の卵殻腺部におけるcalcium-adeno-sine triphosphatase(Ca<sup>2+</sup> -ATPase)およびcarbonic anhydrase II (CAII)の局在について免疫組織化学的に検出し,卵殻腺部の粘膜上皮および管状腺におけるCa<sup>2+</sup>とHCO<sub>3</sub>の分泌について検討した。<br>卵殻腺部におけるCa<sup>2+</sup> -ATPaseの局在を観察したところ,粘膜上皮においては,免疫反応は認められなかった。管状腺においては,管状腺細胞の腺腔面および導管部において強い免疫反応が認められた。また,放卵後3時間および12時間の産卵鶏における免疫反応の間に違いは認められなかった。<br>卵殻腺部におけるCAIIの局在を観察したところ,粘膜上皮において強いCAIIの免疫反応が認められ,管状腺においては,粘膜上皮と比較して幾分弱いCAIIの免疫反応が認められた。また,放卵後3時間および12時間の産卵鶏で差はみられなかった。<br>これらのことから,卵殻腺部におけるCa<sup>2+</sup>の分泌は,管状腺に存在するCa<sup>2+</sup>-ATPaseによる能動輸送によって行なわれていることが推察された。また,卵殻形成に必要とされるHCO<sub>3</sub>の産生と分泌には,管状腺よりもむしろ粘膜上皮の方がより強く関与していることが推察された。

    DOI: 10.2141/jpsa.33.371

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/2010542236

  • ウズラ大腿骨器官培養の骨髄骨形成に及ぼす性ホルモンの影響(共著)

    日本畜産学会報   67 ( 1 )   64 - 68   1996年

     詳細を見る

▶ 全件表示

書籍等出版物

  • 獣医組織学

    日本獣医解剖学会

    学窓社  2017年3月  ( ISBN:4873627540

     詳細を見る

    総ページ数:361  

    ASIN

    researchmap

  • ニワトリの科学 (シリーズ・家畜の科学)

    古瀬 充宏

    朝倉書店  2014年7月  ( ISBN:4254455046

     詳細を見る

    総ページ数:202  

    ASIN

    researchmap

  • 獣医組織学

    日本獣医解剖学会

    学窓社  2014年3月  ( ISBN:4873627443

     詳細を見る

    総ページ数:364  

    ASIN

    researchmap

  • 生物科学・食品科学への高圧利用

    山本 克博, 林 力丸

    さんえい出版  2003年8月  ( ISBN:4915592766

     詳細を見る

    総ページ数:142  

    ASIN

    researchmap

  • Pressure-induced changes in the connectin/titin localization in the myofibrils revealed by immunoelectron microscopy "jointly worked"

    Application of High Pressure to Bioscience and Food Science  2003年 

     詳細を見る

  • Calcium Metabolism : Comparative Endocrinology "jointly worked"

    Bio Scientifica  1999年 

     詳細を見る

  • The Comparative Endocrinology of Calcium Regulation "jointly worked"

    Journal of Endocrinology Limited  1996年 

     詳細を見る

▶ 全件表示

MISC

  • Egg laying and bone in birds "jointly worked"

    THE BONE   18(4), 53(457)-58(462)   2004年

     詳細を見る

  • Ossification aspects of chicken embryonic femurs in vitro "jointly worked"

    Bulletin of the Faculty of Agriculture, Niigata University   56(2), 75-83   2004年

     詳細を見る

  • 鳥類の産卵と骨組織(共著)

    THE BONE   18(4), 53(457)-58(462)   2004年

     詳細を見る

  • 培養した鶏胚大腿骨の骨化に関する研究(共著)

    新潟大学農学部研究報告   56(1), 75-83   2004年

     詳細を見る

  • 高圧処理によるコネクチン局在性の変化(共著)

    生物科学・食品科学への高圧応用 さんえい出版   113-119   2003年

     詳細を見る

  • 産卵鶏骨髄骨におけるサイトカインの発現に関する研究(共著)

    新潟大学農学部研究報告   54, 123-131   2002年

     詳細を見る

  • Morphological comparison of subcultured Typanosoma theileri from grazing cattle "jointly worked"

    Bulletin of Animal Hygiene   27, 65-70   2002年

     詳細を見る

  • Expression of cytokines in chicken medullary bone "jointly worked"

    Bulletin of the Faculty of Agriculture, Niigata University   54, 123-131   2002年

     詳細を見る

  • Effects of bone matrix on the proliferation, differentiation and bone formation of medullary bone osteogenic cells in culture

    Bulletin of the Faculty of Agriculture, Niigata University   55, 19-26   2002年

     詳細を見る

  • 培養系における骨髄骨骨形成系細胞の増殖、分化および骨形成に及ぼす骨基質の影響(共著)

    新潟大学農学部研究報告   55, 19-26   2002年

     詳細を見る

  • ニワトリ骨髄細胞培養における破骨細胞の形成に及ぼす性の影響(共著)

    新潟大学農学部研究報告   53, 115-121   2001年

     詳細を見る

  • Model selection and genetic parameter estimation for performance traits, body measurement traits and leg seore traits in a closed population of Durocpigs "jointly worked"

    Asian-Australasian Journal of Animal Sciences   14(1), 114-122   2001年

     詳細を見る

  • Egg-Laying and calcium Metabolism of Domestic Hens "jointly worked"

    Hokushinetsu Journal of Animal Science   83, 17-24   2001年

     詳細を見る

  • Effect of sex on osteoclast formation in chiken bone marrow cell cultures "jointly worked"

    Bulletin of the Faculty of Agriculture, Niigata University   53, 115-121   2001年

     詳細を見る

  • Avian Calicium Metabolism and Bone Function "jointly worked"

    Asian-Australasian Journal of Animal Sciences   14, 82-90   2001年

     詳細を見る

  • ヒメウズラの骨髄骨形成に及ぼすエストロジエンの影響(共著)

    新潟大学農学部研究報告   53 ( 1 )   31 - 36   2000年

     詳細を見る

  • Perspectives on Osteoblast and Osteoclast Function "jointly worked"

    Poultry Science   79 ( 7 )   1005 - 1008   2000年

     詳細を見る

  • Estimation of Genetic Parameters on Leg Score and Joint Cartilage Lesion Scores in a Closed Population of Duroc Pig

    FUKAWA Kazuo, SUGIYAMA Toshie, KUSUHARA Seiji, KUDOH Osamu, KAMEYAMA Kenji

    日本畜産学会報   71 ( 4 )   353 - 362   2000年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:Japanese Society of Animal Science  

    Closed population of 6 generations Duroc pigs was selected for higher productivity and better leg soundness. The leg joint lesions of 174 slaughtered pigs at approximately 90kg live weight were scored from 0 (no lesion) to 4 (very severe lesion) in optical, radiographical and histological standpoints throughout the six generations. Moreover, one thousand and three hundred eighty three pigs were scored from 1 (very good) to 5 (very weak) for leg weakness. Significant differences in the leg weakness score and joint lesion scores were observed among selected generations. Significant differences were observed between gilt and boar/barrow group in 9 traits. The heritabilities of joint lesion scores were low through intermediate. The heritabilities of histological joint scores were also low through intermediate. The phenotypic and genetic correlations between the scores of front (humerus and ulna) and rear legs (femur) were low. The genetic correlations between optical, radiographical and histological scores of the same joint were generally high. The phenotypic correlations between the leg weakness score and joint lesion scores were positive although statistically not significant from zero. The genetic correlations between the leg weakness score and joint lesion scores were generally intermediately or highly positive. The result suggested that selection based on joint lesion scores could lead to a better leg joint condition optically and histologically. It also suggested that selection based on leg weakness score could lead to the reduction of leg joint lesion according to the correlated response.

    DOI: 10.2508/chikusan.71.353

    CiNii Article

    researchmap

  • ヒメウズラの骨髄骨形成に及ぼすエストロジェンの影響

    関谷 徳子, 杉山 稔恵, 楠原 征治

    新潟大学農学部研究報告   53 ( 1 )   31 - 36   2000年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟大学  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • Effects of Hen Serum on the Differentiation of Osteoclasts in Culturing of Medullary Bone Marrow Cells

    Bulletin of the Faculty of Agriculture, Niigata University   52 ( 2 )   85 - 91   2000年

     詳細を見る

  • 産卵鶏骨髄骨より分離した骨髄細胞培養系における破骨細胞の分化に及ぼすニワトリ血清の影響(共著)

    櫻井 緑, 杉山 稔恵, 楠原 征治

    新潟大学農学部研究報告   52 ( 2 )   85 - 91   2000年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟大学農学部  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • Effects of the different dose of estrogen and androgen on the development of chicken medullary bone "jointly worked"

    HOkushinetsu Journal of Animal Science   79   42 - 45   1999年

     詳細を見る

  • 牛胎児血清非存在下での産卵鶏骨髄骨から分離した破骨細胞の接着性に及ぼす骨吸収調節ホルモンの影響(共著)

    広瀬 恵美, 杉山 稔恵, 楠原 征治

    新潟大学農学部研究報告   50 ( 2 )   165 - 170   1998年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟大学  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 牛胎児血清非存在下での産卵骨髄骨から分離した破骨細胞の接着性に及ぼす骨吸収調節ホルモンの影響

    広瀬 恵美, 杉山 稔恵, 楠原 征治

    新潟大学農学部研究報告   50 ( 2 )   165 - 170   1998年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟大学  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • Characteristics of the Bone Matrix Formed by Osteogenic Cells Isolated from Embryonic Chick Calvaria and Hen Medullary Bones.

    樋山 伸二, 杉山 稔恵, 楠原 征治

    日本家禽学会誌   35 ( 4 )   228 - 233   1998年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:Japan Poultry Science Association  

    本研究では,鶏胚頭蓋冠および産卵鶏骨髄骨から分離された骨形成系細胞が形成した骨基質の特徴を検討した。頭蓋冠から分離された骨形成系細胞の細胞小器官は,骨髄骨から分離された骨形成系細胞と比較して,著しく発達していた。これらの細胞はいずれもアルカリ性ホスファターゼ活性を有し,頭蓋冠から分離された骨形成系細胞が形成した基質では,酸性粘液多糖類が少なく,太いコラーゲン線維が密に存在していた。一方,骨髄骨から分離された骨形成系細胞が形成した基質では,酸性粘液多糖類が豊富で,細いコラーゲン線維がまばらに分布していた。さらに,これらの基質にはいずれも石灰化像を示す塊状の結晶構造物が観察された。以上の結果から,鶏胚頭蓋冠および産卵鶏骨髄骨から分離された細胞は,骨形成能を有し,皮質骨および骨髄骨に類似した骨基質をそれぞれ形成することが示唆された。

    DOI: 10.2141/jpsa.35.228

    CiNii Article

    researchmap

  • Differentiation of Osteoclasts in the Bone Marrow Culture of Chickens

    Bulletin of the Faculty of Agriculture, Niigata University   51 ( 1 )   29 - 34   1998年

     詳細を見る

  • Adhesive and Bone Resorptive Activities of Isolated Osteoclasts from Hen Medullary Bone.

    SUGIYAMA Toshie, KUSUHARA Seiji

    Journal of Veterinary Medical Science   60 ( 5 )   573 - 578   1998年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:JAPANESE SOCIETY OF VETERINARY SCIENCE  

    In the present study, osteoclasts were isolated from hen medullary bones at the formative and resorptive phases. The cells were cultured on glass culture dishes and bone slices. After culturing, the adhesion activity of the isolated osteoclasts with the substrates was estimated with a light microscope, and the surfaces of the bone slices were observed with a scanning electron microscope. The results showed that the adhesion activity of tartrate-resistant acid phosphatase (TRAP)-positive osteoclasts is higher at the bone resorptive phase than at the bone formative phase, and this tendency in isolated osteoclasts was observed more frequently on the bone slices than on the glass culture dishes. Furthermore, scanning electron microscopy showed that the isolated osteoclasts in the bone resorptive phase adhered to the bone surface with developed-cytoplasmic projections and formed broad pits where collagen fibrils were exposed. On the other hand, isolated osteoclasts in the bone formative phase adhered to the bone slice with board-shaped cytoplasmic projections and did not form any pits. These results suggest that isolated osteoclasts in the bone resorptive phase have a high level of adhesion activity and actively resorb the bone, whereas isolated osteoclasts in the bone formative phase have a low level of adhesion activity and cease bone resorption. The procedure reported here is useful for studying the bone-resorptive mechanism of authentic osteoclasts.

    DOI: 10.1292/jvms.60.573

    PubMed

    CiNii Article

    researchmap

  • 鶏骨髄細胞培養鶏における破骨細胞の分化に関する研究(共著)

    新潟大学農学部研究報告   51 ( 1 )   29 - 34   1998年

     詳細を見る

  • 産卵鶏骨髄骨から分離した破骨細胞の接着性に及ぼす骨吸収調節ホルモンの影響(共著)

    広瀬 恵美, 杉山 稔恵, 楠原 征治

    新潟大学農学部研究報告   49 ( 2 )   59 - 65   1997年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟大学  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 産卵鶏骨髄骨から分離した破骨細胞の接着性に及ぼす骨吸収調節ホルモンの影響

    広瀬 恵美, 杉山 稔恵, 楠原 征治

    新潟大学農学部研究報告   49 ( 2 )   59 - 65   1997年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟大学  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • ニワトリ漿尿膜に移植した卵殻片およびウシ前臼歯片の吸収に関する組織学的研究(共著)

    新潟大学農学部研究報告   ( 48 )   63 - 69   1996年

     詳細を見る

  • 培養ニワトリ骨髄骨における破骨細胞のアクチンフィラメントに対する副甲状腺ホルモンおよびカルシトニンの影響

    杉山 稔恵, 楠原 征治

    日本畜産學會報 = The Japanese journal of zootechnical science   67 ( 6 )   526 - 532   1996年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:Japanese Society of Animal Science  

    放卵後3時間で骨吸収が停止している時期および放卵後12時間で骨吸収が促進している時期の産卵鶏骨髄骨を合成ヒト副甲状腺ホルモン(PTH)および合成ウナギカルシトニン(CT)添加培地でそれぞれ培養し,破骨細胞におけるアクチンフィラメント分布におよぼす影響について検討した.放卵後3時間における培養前の骨髄骨では,破骨細胞において骨基質側の明帯に相当する部分に,帯状を呈したアクチンフィラメントが強く認められた.これらをPTH無添加培地で24時間培養したところ,アクチンフィラメント分布は培養前と変化しなかったものの,PTH添加培地ではアクチンフィラメントの帯状の中心部は不明瞭となり,骨基質に対して垂直な線状を呈したアクチンフィラメントが観察された.一方,放卵後12時間における培養前の骨髄骨では,破骨細胞において骨基質側の波状縁部分に,骨基質に対して垂直な線状を呈したアクチンフィラメントが認められた.これらをCT無添加培地で24時間培養したところ,アクチンフィラメント分布は培養前と変化しなかったものの,CT添加培地では線状を呈したアクチンフィラメントは消失し,帯状を呈したアクチンフィラメントが観察された.以上の結果から,PTHおよびCTは,アクチンフィラメントの分布を改変することにより破骨細胞による骨吸収を調節していることが示唆された.

    DOI: 10.2508/chikusan.67.526

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: https://jlc.jst.go.jp/DN/JALC/00367139986?from=CiNii

  • Effects of sex hormones on medullary bone formation in cultured Japanesequail bones

    Bulletin of the Faculty of Agriculture,Niigata University   ( 48 )   57 - 61   1996年

     詳細を見る

  • ウズラ大腿骨器官培養の骨髄骨形成に及ぼす性ホルモンの影響

    加藤 久美子, 杉山 稔恵, 楠原 征治

    日本畜産學會報 = The Japanese journal of zootechnical science   67 ( 1 )   64 - 68   1996年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:Japanese Society of Animal Science  

    成熟雄ウズラ大腿骨の器官培養を試み,エストラジオール(E2)およびテストステロン(T)が骨内膜細胞の分化•増殖および骨髄骨形成能に及ぼす影響について検討した.<br>E2あるいはTの単独添加培養液を用いて培養した場合,大腿骨骨内膜表面では培養前と比較して,前骨芽細胞が多数観察された.さらに,E2およびTの両方を添加した場合では,前骨芽細胞がより多く出現していた.しかし,牛胎子血清を含まない培養液では,有糸分裂像および骨芽細胞は観察されず,骨髄骨の形成も起こらなかった.いっぽう,牛胎子血清を含む培養液にE2またはTを添加した場合,有糸分裂像および骨芽細胞が観察され,骨髄骨の形成も認められた.とりわけ,牛胎子血清を含む培養液にE2およびTを併用添加して培養した場合,骨内膜表面に多くの骨芽細胞が観察され,骨髄骨の発達が顕著であった.

    DOI: 10.2508/chikusan.67.64

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: https://jlc.jst.go.jp/DN/JALC/00367139504?from=CiNii

  • ニワトリ漿尿膜に移植した卵穀片およびウシ前臼歯薄片の吸収に関する組織学的研究

    増澤 明久, 杉山 稔恵, 楠原 征治

    新潟大学農学部研究報告   48 ( 48 )   63 - 69   1996年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟大学  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • ウズラの大腿骨器官培養の骨髄骨形成に及ぼす性ホルモンの影響(共著)

    加藤 久美子, 杉山 稔恵, 楠原 征治

    新潟大学農学部研究報告   48 ( 48 )   57 - 61   1996年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟大学  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 鳥類の産卵とカルシウム代謝(共著)

    8 ( 1 )   35 - 42   1994年

     詳細を見る

  • Calcium metabolism in laying birds "jointly worked"

    THE BONE   8 ( 1 )   35 - 42   1994年

     詳細を見る

  • The kinetics of actin filaments in osteoclasts on chicken medullary bone during the egg-laying cycle "jointly worked"

    Bone   15 ( 3 )   351 - 353   1994年

     詳細を見る

  • Effect of parathyroid hormone on osteoclasts in organ-cultured medullary bone

    SUGIYAMA T

    Japanese Poultry Science   31 ( 6 )   392 - 399   1994年

  • Ultrastructural changes of osteoclasts on hen medullary bone during the egg-laying cycle "jointly worked"

    British Poultry Science   34 ( 3 )   471 - 477   1993年

     詳細を見る

  • Inhibition of osteoclastic bone resorption by calcitonin in the cultured medullary bone of laying hens

    SUGIYAMA T

    Japanese Poultry Science   30 ( 1 )   16 - 23   1993年

  • Electron microscopic observations of osteoclasts and osteoblasts in cultured medullary bones of laying hens "jointly worked"

    Animal Science and Technology (Jpn. )   65 ( 5 )   468 - 473   1992年

  • Osteoclasts and osteoblasts in organ-cultured medullary bones of laying hens "jointly worked"

    Bulletin of the Faculty of Agriculture, Niigata University   43   149 - 155   1991年

     詳細を見る

▶ 全件表示

受賞

  • Prize for emcouragement of Japan Poultry Science Association

    2004年  

     詳細を見る

  • 日本家禽学会奨励賞

    2004年  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

    researchmap

共同研究・競争的資金等の研究

  • 家畜における内分泌撹乱化学物質に対する感受性に関する研究

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 家畜の骨代謝に関する研究

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

  • Calcium Metabolism in Laying Hens

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

  • Research about the gene expression of chicken calcitonin receptor

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

  • Sensitivity to Endocrine Disruptors in Domestic Animals

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 産卵鶏におけるカルシウム代謝

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

  • Calcium Metabolism in Animal Science

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 鶏カルシトニン受容体の遺伝子発現に関する研究

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

▶ 全件表示

 

担当経験のある授業科目

  • 生物資源科学概論

    2022年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 応用農力

    2022年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 資源動物科学概論

    2022年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 地域交流サテライト実習

    2021年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • スタディ・スキルズAIIb

    2021年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • スタディ・スキルズAIIa

    2021年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • スタディ・スキルズAIc

    2021年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • スタディ・スキルズAIb

    2021年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • スタディ・スキルズAIIc

    2021年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • スタディ・スキルズAIa

    2021年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • キャリアビジョン研修

    2021年
    機関名:新潟大学

  • 実践型食づくりプロジェクト

    2021年
    機関名:新潟大学

  • 基礎動植物生産学実験

    2020年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 基礎農力

    2020年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 動物生産学実験実習Ⅳ

    2020年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 動物生産学実験実習Ⅲ

    2020年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • スタディ・スキルズA a

    2020年
    機関名:新潟大学

  • 応用農力

    2020年
    機関名:新潟大学

  • スタディ・スキルズA b

    2020年
    機関名:新潟大学

  • 生物資源科学演習Ⅰ

    2020年
    機関名:新潟大学

  • スタディ・スキルズA c

    2020年
    機関名:新潟大学

  • 生物資源科学演習Ⅱ

    2020年
    機関名:新潟大学

  • 牧場実習

    2019年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 動物衛生福祉学

    2019年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 地域交流サテライト実習

    2019年
    -
    2020年
    機関名:新潟大学

  • 植物生産実地見学

    2019年
    機関名:新潟大学

  • 農学入門Ⅱ

    2018年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 生命を知る

    2018年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 動物解剖生理学

    2018年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 農学入門Ⅰ

    2018年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 動物生産学概論

    2018年
    -
    2021年
    機関名:新潟大学

  • 農業生産科学特論Ⅱ

    2018年
    機関名:新潟大学

  • 基礎生物学

    2017年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • トキをシンボルとした自然再生

    2015年
    -
    2020年
    機関名:新潟大学

  • スタディ・スキルズA1

    2015年
    -
    2016年
    機関名:新潟大学

  • 研究発表

    2015年
    機関名:新潟大学

  • 自然科学総論Ⅳ

    2014年
    機関名:新潟大学

  • 研究発表演習(中間発表)

    2012年
    -
    2015年
    機関名:新潟大学

  • 文献詳読Ⅰ

    2012年
    -
    2015年
    機関名:新潟大学

  • 生命・食料科学特定研究AⅠ

    2012年
    -
    2015年
    機関名:新潟大学

  • 生命・食料科学セミナーAⅠ

    2012年
    -
    2015年
    機関名:新潟大学

  • 文献詳読Ⅱ

    2012年
    -
    2014年
    機関名:新潟大学

  • 生命・食料科学特定研究AⅡ

    2012年
    -
    2014年
    機関名:新潟大学

  • 生命・食料科学セミナーAⅡ

    2012年
    -
    2014年
    機関名:新潟大学

  • 動物組織細胞化学論

    2011年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 動物機能形態論

    2011年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 実践型食づくりプロジェクト

    2011年
    -
    2021年
    機関名:新潟大学

  • 企画提案型食づくりプロジェクト

    2011年
    -
    2014年
    機関名:新潟大学

  • 生物資源論

    2009年
    -
    2016年
    機関名:新潟大学

  • 動物生産学実験実習Ⅰ

    2008年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 動物生産学実験実習Ⅱ

    2008年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 動物生産学演習Ⅰ

    2008年
    -
    2021年
    機関名:新潟大学

  • 動物生産学演習Ⅱ

    2008年
    -
    2021年
    機関名:新潟大学

  • 動物のバイオサイエンス

    2008年
    -
    2018年
    機関名:新潟大学

  • 動物生体機構学

    2007年
    -
    2018年
    機関名:新潟大学

  • 動物衛生管理学

    2007年
    -
    2018年
    機関名:新潟大学

  • 応用動物科学序説

    2007年
    -
    2010年
    機関名:新潟大学

▶ 全件表示