2021/10/20 更新

写真a

イシカワ ヒロユキ
石川 浩志
ISHIKAWA Hiroyuki
所属
教育研究院 医歯学系 医学系列 教授
医歯学総合研究科 生体機能調節医学専攻 教授
職名
教授
外部リンク

学位

  • 医学博士 ( 2004年3月   新潟大学 )

研究分野

  • ライフサイエンス / 放射線科学

経歴

  • 新潟大学   医歯学総合研究科 分子細胞医学専攻 遺伝子制御   教授

    2020年9月 - 現在

  • 新潟大学   医歯学総合研究科 医科学専攻   講師

    2012年11月 - 現在

  • 新潟大学   医歯学総合研究科 生体機能調節医学専攻   講師

    2012年11月 - 現在

  • 新潟大学   医歯学総合病院 放射線診断科   講師

    2012年11月 - 2020年8月

  • 新潟大学   放射線科   講師

    2012年4月 - 2012年11月

  • 新潟大学   医歯学総合病院   助教

    2004年4月 - 2012年3月

▶ 全件表示

所属学協会

 

論文

  • A comparative study of high-dose-rate brachytherapy boost combined with external beam radiation therapy versus external beam radiation therapy alone for high-risk prostate cancer 査読

    Tomoya Oshikane, Motoki Kaidu, Eisuke Abe, Atsushi Ohta, Hirotake Saito, Toshimichi Nakano, Moe Honda, Satoshi Tanabe, Satoru Utsunomiya, Ryuta Sasamoto, Fumio Ishizaki, Takashi Kasahara, Tsutomu Nishiyama, Yoshihiko Tomita, Hidefumi Aoyama, Hiroyuki Ishikawa

    Journal of Radiation Research   62 ( 3 )   525 - 532   2021年5月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Oxford University Press (OUP)  

    <title>Abstract</title>
    We aimed to compare the outcomes of high-dose-rate brachytherapy (HDR-BT) boost and external beam radiation therapy (EBRT) alone for high-risk prostate cancer. This was a single-center, retrospective and observational study. Consecutive patients who underwent initial radical treatment by HDR-BT boost or EBRT alone from June 2009 to May 2016 at the Niigata University Medical and Dental Hospital, Japan were included. A total of 96 patients underwent HDR-BT boost, and 61 underwent EBRT alone. The prescription dose of HDR-BT boost was set to 18 Gy twice a day with EBRT 39 Gy/13 fractions. The dose for EBRT alone was mostly 70 Gy/28 fractions. The high-risk group received &amp;gt;6 months of prior androgen deprivation therapy. Overall survival, biochemical-free survival, local control and distant metastasis-free survival rates at 5 years were analyzed. The incidence of urological and gastrointestinal late adverse events of Grade 2 and above was also summarized. In the National Comprehensive Cancer Network (NCCN) high-risk calssification, HDR-BT boost had a significantly higher biochemical-free survival rate at 5 years (98.9% versus 90.7%, P = 0.04). Urethral strictures were more common in the HDR-BT boost group. We will continuously observe the progress of the study patients and determine the longer term results.

    DOI: 10.1093/jrr/rrab006

    researchmap

  • Preoperative CT Findings for Predicting Acute Exacerbation of Interstitial Pneumonia After Lung Cancer Surgery: A Multicenter Case-Control Study 査読

    Yoshiyuki Ozawa, Yuta Shibamoto, Marehiko Hiroshima, Motoo Nakagawa, Asami Ono, Ryota Hanaoka, Asako Yamamoto, Junya Tominaga, Hiroshi Kawada, Mitsuhiro Koyama, Koji Takumi, Maho Tsubakimoto, Ryoko Egashira, Fumiyasu Tsushima, Yasuka Kikuchi, Yuichiro Izumi, Takasuke Ushio, Masatoshi Kimura, Shintaro Ichikawa, Noriko Kitamura, Shoichiro Matsushita, Kenzo Okauchi, Toshihiro O'uchi, Hiroyuki Ishikawa, Masanori Kitase

    American Journal of Roentgenology   2021年4月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:American Roentgen Ray Society  

    DOI: 10.2214/ajr.21.25499

    researchmap

  • Low Tube Voltage Computed Tomography Venography for Patients With Deep Vein Thrombosis of the Lower Extremities ― A Comparison With Venous Ultrasonography ― 査読

    Tatsuhiko Sato, Norihiko Yoshimura, Yosuke Horii, Motohiko Yamazaki, Ken Sato, Kazuki Kumagai, Hiroyuki Ishikawa

    Circulation Journal   85 ( 4 )   369 - 376   2021年3月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Japanese Circulation Society  

    DOI: 10.1253/circj.cj-20-0416

    researchmap

  • Detecting MLC modeling errors using radiomics‐based machine learning in patient‐specific QA with an EPID for intensity‐modulated radiation therapy 査読

    Madoka Sakai, Hisashi Nakano, Daisuke Kawahara, Satoshi Tanabe, Takeshi Takizawa, Akihiro Narita, Takumi Yamada, Hironori Sakai, Masataka Ueda, Ryuta Sasamoto, Motoki Kaidu, Hidefumi Aoyama, Hiroyuki Ishikawa, Satoru Utsunomiya

    Medical Physics   48 ( 3 )   991 - 1002   2021年3月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Wiley  

    DOI: 10.1002/mp.14699

    researchmap

    その他リンク: https://onlinelibrary.wiley.com/doi/full-xml/10.1002/mp.14699

  • Maximum distance in single-isocenter technique of stereotactic radiosurgery with rotational error using margin-based analysis 査読

    Hisashi Nakano, Satoshi Tanabe, Takumi Yamada, Satoru Utsunomiya, Takeshi Takizawa, Madoka Sakai, Ryuta Sasamoto, Hironori Sakai, Toshimichi Nakano, Hirotake Saito, Atsushi Ohta, Motoki Kaidu, Hiroyuki Ishikawa

    Radiological Physics and Technology   14 ( 1 )   57 - 63   2021年3月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer Science and Business Media LLC  

    DOI: 10.1007/s12194-020-00602-2

    researchmap

    その他リンク: http://link.springer.com/article/10.1007/s12194-020-00602-2/fulltext.html

  • Calculated relative biological effectiveness (RBE) for initial DNA double-strand breaks (DSB) from flattening filter and flattening filter-free 6 MV X-ray fields 査読

    Hisashi Nakano, Daisuke Kawahara, Satoshi Tanabe, Satoru Utsunomiya, Takeshi Takizawa, Madoka Sakai, Toshimichi Nakano, Atsushi Ohta, Motoki Kaidu, Hiroyuki Ishikawa

    BJR|Open   3 ( 1 )   20200072 - 20200072   2021年1月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:British Institute of Radiology  

    <sec><title>Objectives:</title> We evaluated the radiobiological effectiveness based on the yields of DNA double-strand breaks (DSBs) of field induction with flattening filter (FF) and FF-free (FFF) photon beams.

    </sec><sec><title>Methods:</title> We used the particle and heavy ion transport system (PHITS) and a water equivalent phantom (30 × 30 × 30 cm<sup>3</sup>) to calculate the physical qualities of the dose-mean lineal energy (y<sub>D</sub>) with 6 MV FF and FFF. The relative biological effectiveness based on the yields of DNA-DSBs (RBE<sub>DSB</sub>) was calculated for standard radiation such as 220 kVp X-rays by using the estimating yields of SSBs and DSBs. The measurement points used to calculate the in-field y<sub>D</sub> and RBE<sub>DSB</sub> were located at a depth of 3, 5, and 10 cm in the water equivalent phantom on the central axis. Measurement points at 6, 8, and 10 cm in the lateral direction of each of the three depths from the central axis were set to calculate the out-of-field y<sub>D</sub> and RBE<sub>DSB</sub>.

    </sec><sec><title>Results:</title> The RBE<sub>DSB</sub> of FFF in-field was 1.7% higher than FF at each measurement depth. The RBE<sub>DSB</sub> of FFF out-of-field was 1.9 to 6.4% higher than FF at each depth measurement point. As the distance to out-of-field increased, the RBE<sub>DSB</sub> of FFF rose higher than those of FF. FFF has a larger RBE<sub>DSB</sub> than FF based on the yields of DNA-DSBs as the distance to out-of-field increased.

    </sec><sec><title>Conclusions:</title> The out-of-field radiobiological effect of FFF could thus be greater than that of FF since the spreading of the radiation dose out-of-field with FFF could be a concern compared to the FF.

    </sec><sec><title>Advances in knowledge:</title> The RBE<sub>DSB</sub> of FFF of out-of-field might be larger than FF.

    </sec>

    DOI: 10.1259/bjro.20200072

    researchmap

  • Radiobiological effects of the interruption time with Monte Carlo Simulation on multiple fields in photon beams 査読

    Hisashi Nakano, Daisuke Kawahara, Satoshi Tanabe, Satoru Utsunomiya, Takeshi Takizawa, Madoka Sakai, Hirotake Saito, Atsushi Ohta, Motoki Kaidu, Hiroyuki Ishikawa

    Journal of Applied Clinical Medical Physics   21 ( 12 )   288 - 294   2020年12月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Wiley  

    DOI: 10.1002/acm2.13110

    researchmap

    その他リンク: https://onlinelibrary.wiley.com/doi/full-xml/10.1002/acm2.13110

  • Prognostic significance of the radiologic features of pneumonitis induced by anti‐PD‐1 therapy 査読

    Satoshi Watanabe, Takeshi Ota, Masachika Hayashi, Hiroyuki Ishikawa, Aya Otsubo, Satoshi Shoji, Koichiro Nozaki, Kosuke Ichikawa, Rie Kondo, Takao Miyabayashi, Satoru Miura, Hiroshi Tanaka, Tetsuya Abe, Masaaki Okajima, Masaki Terada, Takashi Ishida, Akira Iwashima, Kazuhiro Sato, Hirohisa Yoshizawa, Toshiaki Kikuchi

    Cancer Medicine   9 ( 9 )   3070 - 3077   2020年5月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Wiley  

    DOI: 10.1002/cam4.2974

    researchmap

    その他リンク: https://onlinelibrary.wiley.com/doi/full-xml/10.1002/cam4.2974

  • Quantitative 3D Shape Analysis of CT Images of Thymoma: A Comparison With Histological Types 査読

    Motohiko Yamazaki, Kanako Oyanagi, Hajime Umezu, Takuya Yagi, Hiroyuki Ishikawa, Norihiko Yoshimura, Hidefumi Aoyama

    American Journal of Roentgenology   214 ( 2 )   341 - 347   2020年2月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:American Roentgen Ray Society  

    DOI: 10.2214/ajr.19.21844

    researchmap

  • 小型肺腺癌とすりガラス影

    石川浩志

    新潟県医師会報   ( 849 )   2 - 7   2020年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者  

    researchmap

  • The impact of emphysema on surgical outcomes of early-stage lung cancer: a retrospective study 査読

    Seijiro Sato, Masaya Nakamura, Yuki Shimizu, Tatsuya Goto, Terumoto Koike, Hiroyuki Ishikawa, Masanori Tsuchida

    BMC Pulmonary Medicine   19 ( 1 )   2019年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer Science and Business Media LLC  

    DOI: 10.1186/s12890-019-0839-1

    researchmap

    その他リンク: http://link.springer.com/article/10.1186/s12890-019-0839-1/fulltext.html

  • Survival after repeated surgery for lung cancer with idiopathic pulmonary fibrosis: a retrospective study 査読

    Seijiro Sato, Yuki Shimizu, Tatsuya Goto, Akihiko Kitahara, Terumoto Koike, Hiroyuki Ishikawa, Takehiro Watanabe, Masanori Tsuchida

    BMC Pulmonary Medicine   18 ( 1 )   2018年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer Science and Business Media LLC  

    DOI: 10.1186/s12890-018-0703-8

    researchmap

    その他リンク: http://link.springer.com/article/10.1186/s12890-018-0703-8/fulltext.html

  • HRCT texture analysis for pure or part-solid ground-glass nodules: distinguishability of adenocarcinoma in situ or minimally invasive adenocarcinoma from invasive adenocarcinoma 査読

    Takuya Yagi, Motohiko Yamazaki, Riuko Ohashi, Rei Ogawa, Hiroyuki Ishikawa, Norihiko Yoshimura, Masanori Tsuchida, Yoichi Ajioka, Hidefumi Aoyama

    Japanese Journal of Radiology   36 ( 2 )   113 - 121   2018年2月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer Science and Business Media LLC  

    DOI: 10.1007/s11604-017-0711-2

    researchmap

    その他リンク: http://link.springer.com/content/pdf/10.1007/s11604-017-0711-2.pdf

  • Surgical Outcomes of Lung Cancer Patients with Combined Pulmonary Fibrosis and Emphysema and Those with Idiopathic Pulmonary Fibrosis without Emphysema 査読

    Seijiro Sato, Terumoto Koike, Takehisa Hashimoto, Hiroyuki Ishikawa, Akira Okada, Takehiro Watanabe, Masanori Tsuchida

    Annals of Thoracic and Cardiovascular Surgery   22 ( 4 )   216 - 223   2016年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Editorial Committee of Annals of Thoracic and Cardiovascular Surgery  

    DOI: 10.5761/atcs.oa.15-00315

    researchmap

  • 画像診断の進歩 胸部画像診断:最近の話題

    石川浩志

    新潟医学会雑誌   129 ( 12 )   705 - 709   2015年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者  

    researchmap

  • Ultra-High-Resolution Computed Tomography of the Lung: Image Quality of a Prototype Scanner 査読

    Ryutaro Kakinuma, Noriyuki Moriyama, Yukio Muramatsu, Shiho Gomi, Masahiro Suzuki, Hirobumi Nagasawa, Masahiko Kusumoto, Tomohiko Aso, Yoshihisa Muramatsu, Takaaki Tsuchida, Koji Tsuta, Akiko Miyagi Maeshima, Naobumi Tochigi, Shun-ichi Watanabe, Naoki Sugihara, Shinsuke Tsukagoshi, Yasuo Saito, Masahiro Kazama, Kazuto Ashizawa, Kazuo Awai, Osamu Honda, Hiroyuki Ishikawa, Naoya Koizumi, Daisuke Komoto, Hiroshi Moriya, Seitaro Oda, Yasuji Oshiro, Masahiro Yanagawa, Noriyuki Tomiyama, Hisao Asamura

    PLOS ONE   10 ( 9 )   e0137165 - e0137165   2015年9月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Public Library of Science (PLoS)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0137165

    researchmap

  • A combination of preoperative CT findings and postoperative serum CEA levels improves recurrence prediction for stage I lung adenocarcinoma 査読

    Motohiko Yamazaki, Hiroyuki Ishikawa, Ryosuke kunii, Akiko Tasaki, Suguru Sato, Yohei Ikeda, Norihiko Yoshimura, Takehisa Hashimoto, Masanori Tsuchida, Hidefumi Aoyama

    European Journal of Radiology   84 ( 1 )   178 - 184   2015年1月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier BV  

    DOI: 10.1016/j.ejrad.2014.10.009

    researchmap

  • Analysis of decrease in lung perfusion blood volume with occlusive and non-occlusive pulmonary embolisms 査読

    Yohei Ikeda, Norihiko Yoshimura, Yoshiro Hori, Yosuke Horii, Hiroyuki Ishikawa, Motohiko Yamazaki, Yoshiyuki Noto, Hidefumi Aoyama

    European Journal of Radiology   83 ( 12 )   2260 - 2267   2014年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier BV  

    DOI: 10.1016/j.ejrad.2014.08.015

    researchmap

  • Relationship between CT features and high preoperative serum carcinoembryonic antigen levels in early-stage lung adenocarcinoma 査読

    M. Yamazaki, H. Ishikawa, R. Kunii, A. Tasaki, S. Sato, Y. Ikeda, N. Yoshimura, H. Aoyama

    Clinical Radiology   69 ( 6 )   559 - 566   2014年6月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier BV  

    DOI: 10.1016/j.crad.2013.12.009

    researchmap

  • Where is the most common site of DVT? Evaluation by CT venography 査読

    Norihiko Yoshimura, Yoshiro Hori, Yosuke Horii, Toru Takano, Hiroyuki Ishikawa, Hidefumi Aoyama

    Japanese Journal of Radiology   30 ( 5 )   393 - 397   2012年6月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer Science and Business Media LLC  

    DOI: 10.1007/s11604-012-0059-6

    researchmap

    その他リンク: http://link.springer.com/article/10.1007/s11604-012-0059-6/fulltext.html

  • Measurement of Focal Ground-glass Opacity Diameters on CT Images 査読

    Ryutaro Kakinuma, Kazuto Ashizawa, Keiko Kuriyama, Aya Fukushima, Hiroyuki Ishikawa, Hisashi Kamiya, Naoya Koizumi, Yuichiro Maruyama, Kazunori Minami, Norihisa Nitta, Seitaro Oda, Yasuji Oshiro, Masahiko Kusumoto, Sadayuki Murayama, Kiyoshi Murata, Yukio Muramatsu, Noriyuki Moriyama

    Academic Radiology   19 ( 4 )   389 - 394   2012年4月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier BV  

    DOI: 10.1016/j.acra.2011.12.002

    researchmap

  • 灌流CTによる肺癌の放射線治療に対する効果判定、および治療反応性の予測に関する研究

    國井亮祐, 川口 弦, 山崎元彦, 能登義幸, 石川浩志, 青山英史

    新潟県医師会報   ( 753 )   8 - 10   2012年

     詳細を見る

  • Ⅷ 腫瘍性疾患 E.その他腫瘍性病変 肺内リンパ節

    石川浩志

    別冊日本臨床 新領域別症候群シリーズ No.10   291 - 293   2009年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者  

    researchmap

  • GGOと肺内リンパ節らしさと経時変化に着目した小病変(5-6mm以下)の鑑別法

    石川浩志

    CT検診   15 ( 3 )   138 - 142   2008年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者  

    researchmap

  • Ultrasmall Intrapulmonary Lymph Node: Usual High-Resolution Computed Tomographic Findings With Histopathologic Correlation 査読

    Hiroyuki Ishikawa, Naoya Koizumi, Tetsuro Morita, Masanori Tsuchida, Hajime Umezu, Keisuke Sasai

    Journal of Computer Assisted Tomography   31 ( 3 )   409 - 413   2007年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Ovid Technologies (Wolters Kluwer Health)  

    DOI: 10.1097/01.rct.0000243451.25986.10

    researchmap

  • 胸部間接撮影による肺癌検診成績 高度に精度管理された地域での検討 査読

    小田純一, 秋田眞一, 古泉直也, 塚田博, 谷由子, 木原好則, 森田哲郎, 石川浩志, 奥泉美奈, 栗田雄三

    肺癌   47 ( 6 )   707 - 715   2007年

     詳細を見る

  • Ultrasmall Pulmonary Opacities on Multidetector-Row High-Resolution Computed Tomography 査読

    Hiroyuki Ishikawa, Naoya Koizumi, Tetsuro Morita, Yoshiko Tani, Masanori Tsuchida, Hajime Umezu, Makoto Naito, Keisuke Sasai

    Journal of Computer Assisted Tomography   29 ( 5 )   621 - 625   2005年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Ovid Technologies (Wolters Kluwer Health)  

    DOI: 10.1097/01.rct.0000172672.09564.8c

    researchmap

  • 肺腺癌におけるNoguchiらの分類間の移行の数理生物学的検討 近似関数の推計 査読

    古泉直也, 石川浩志, 笹井啓資, 歸山智治, 福本一朗, 菅野敬祐

    胸部CT検診   12 ( 2 )   231 - 237   2005年

     詳細を見る

  • Multidetector-row CTによる微小肺病変の高分解能CTと病理組織の対比

    石川浩志

    胸部CT検診   11 ( 2 )   83 - 86   2004年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者  

    researchmap

  • 胸部画像診断 これだけ押さえれば大丈夫 胸部CTの基礎 腫瘤性病変のABC 肺癌

    奥泉美奈, 古泉直也, 石川浩志, 森田哲郎, 笹井啓資, 木原好則

    臨床画像   20 ( 4 )   S82 - S91   2004年

     詳細を見る

  • 切除径5mm以下の肺異型腺腫様過形成の高分解能CT所見 査読

    石川浩志, 古泉直也, 内藤 眞, 梅津 哉, 森田哲郎, 根本健夫, 斎藤友雄, 奥泉美奈, 笹井啓資

    日本医学放射線学会雑誌   63 ( 6 )   311 - 315   2003年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者  

    researchmap

  • Microcystic variant of localized malignant mesothelioma accompanying an adenomatoid tumor-like lesion 査読

    Hajime Umezu, Kazuhisa Kuwata, Yusuke Ebe, Takashi Yamamoto, Makoto Naito, Yasushi Yamato, Takaaki Ishiyama, Masanori Tsuchida, Mina Okuizumi, Hiroshi Ishikawa, Naoya Koizumi

    Pathology International   52 ( 5-6 )   416 - 422   2002年5月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Wiley  

    DOI: 10.1046/j.1440-1827.2002.01357.x

    researchmap

  • 限局性肺疾患 肺腫瘍 肺腺がん

    古泉直也, 森田哲郎, 石川浩志, 根本健夫

    日本胸部臨床   61 ( 11 )   S66 - S73   2002年

     詳細を見る

  • 切除径5mm以下の限局性肺病変における病理組織と高分解能CTの対比-Multidetector-row CTによる陰影の同定と検出- 査読

    石川浩志

    日本医学放射線学会雑誌   62 ( 8 )   415 - 422   2002年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者  

    researchmap

  • 小さい肺腺癌の画像と病理

    古泉直也, 森田哲郎, 酒井邦夫, 奥泉美奈, 木原好則, 石川浩志

    画像診断   21 ( 7 )   359 - 365   2001年

     詳細を見る

  • DPBの周辺疾患 マクロライド治療が無効でDPBとの鑑別を要した濾胞性細気管支炎の1例

    中嶋治彦, 石川浩志, 成田淳一, 寺田正樹, 横田樹也, 原口通比古, 斎藤泰晴, 丸山倫夫

    Therapeutic Research   21 ( 8 )   1882 - 1884   2000年

     詳細を見る

  • CT画像(GGO・FGGA)と病理診断

    古泉直也, 奥泉美奈, 酒井邦夫, 木原好則, 森田哲郎, 石川浩志

    肺癌の臨床   3 ( 4 )   359 - 365   2000年

     詳細を見る

  • 肺野末梢小型陰影の鑑別のポイントと診断のコツ-CT所見とCTガイド経皮肺生検-

    古泉直也, 森田哲郎, 酒井邦夫, 斎藤友雄, 木原好則, 奥泉美奈, 楚山真樹, 石川浩志, 江村巌

    Medical Practice   16 ( 4 )   597 - 600   1999年

     詳細を見る

  • 80歳以上の高齢者食道癌に対する放射線治療 査読

    石川浩志, 斎藤眞理, 植松孝悦, 清水克英, 小林晋一

    臨床放射線   44 ( 7 )   823 - 828   1999年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者  

    researchmap

  • 再発食道癌に対する腔内照射腔内加温同時併用治療

    斎藤眞理, 笹本龍太, 植松孝悦, 石川浩志

    臨床放射線   43 ( 8 )   953 - 957   1998年

     詳細を見る

  • Torsades de pointes及び交互性QT延長に対してメキシレチンが有効であったQT延長症候群の1例 査読

    石川浩志, 広瀬保夫, 小田弘隆, 庭野慎一, 池主雅臣, 相澤義房, 樋熊紀雄

    心臓   30 ( 5 )   302 - 308   1998年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者  

    researchmap

  • 早期肺癌のHRCT所見

    古泉直也, 斎藤友雄, 酒井邦夫, 森田哲郎, 奥泉美奈, 石川浩志, 海津元樹, 石川和宏

    臨床画像   14 ( 3 )   296 - 306   1998年

     詳細を見る

▶ 全件表示

講演・口頭発表等

  • 肺癌のCT診断 基本とピットフォール 招待

    石川浩志

    第34回胸部放射線研究会(河野通雄 記念講演2) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月 - 2020年11月

    researchmap

  • Progression of Non-resected Pure Ground-Glass Nodules in the Cases of Resected Multiple Lung Adenocarcinomas

    Ishikawa H, Yamazaki M, Kunii R, Yoshimura N, Aoyama H

    98th RSNA 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月

    researchmap

  • Small intrapulmonary lymph node: HRCT-pathologic correlation

    Ishikawa H, Koizumi N, Morita T, Tani Y, Umezu H, Sasai K

    90th RSNA 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年11月 - 2004年12月

    researchmap

  • Multidetector-row CTによる微小肺病変の高分解能CTと病理組織の対比 招待

    石川浩志

    第11回胸部CT検診研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年2月

    researchmap

  • A prospective radiologic-pathologic study of minute lung opacities (5mm or less in diameter) on multidetector-row high-resolution CT of whole lung lobe

    Ishikawa H, Koizumi N, Morita T, Tani Y, Naito M, Sasai K

    89th RSNA 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年11月 - 2003年12月

    researchmap

  • 肺癌の画像診断 ~25年を振り返る~ 招待

    石川浩志

    新潟県診療放射線技師会 創立75周年記念行事  2021年5月 

     詳細を見る

  • CTの進歩と肺癌画像診断 招待

    石川浩志

    第755回 新潟医学会例会  2021年5月 

     詳細を見る

  • 胸部画像診断の実際 招待

    石川浩志

    新潟大学皮膚科特別セミナー  2021年1月 

     詳細を見る

  • すりガラス影に注目する!腫瘍性疾患 招待

    石川浩志

    第34回JCRミッドウィンターセミナー  2021年1月 

     詳細を見る

  • 症例でみる胸部X線のピットフォールと偽病変-画像処理と読影環境の進歩を交えて- 招待

    石川浩志

    第131回県央呼吸器研究会  2019年5月 

     詳細を見る

  • 病変と紛らわしい胸部X線所見について 招待

    石川浩志

    平成30年度胸部X線フィルム読影医師勉強会・新潟市医師会肺がん診断研修会  2018年11月 

     詳細を見る

  • 低線量肺がんCT検診での読影と経過観察 招待

    石川浩志

    第15回肺がんCT検診認定医師更新講習会 兼 認定医師新規認定講習会  2018年8月 

     詳細を見る

  • CT発見肺結節の取り扱いに関する最近の動向 招待

    石川浩志

    第51回新潟チェストカンファランス総会  2018年7月 

     詳細を見る

  • 口腔腫瘍に関連する呼吸器系の画像診断 招待

    石川浩志

    日本口腔腫瘍学会 第7回教育研修会  2018年1月 

     詳細を見る

  • 肺癌の画像診断 -単純写真を中心に- 招待

    石川浩志

    平成27年度新潟市医師会肺がん診断研修会  2015年11月 

     詳細を見る

  • 肺癌の画像診断-最近の話題から- 招待

    石川浩志

    第37回 旧三市中蒲呼吸器研究会 第9回特別講演会  2015年7月 

     詳細を見る

  • 胸部画像診断の実際-肺癌を中心に- 招待

    石川浩志

    新潟県診療放射線技師会平成25年度下越地区会  2014年2月 

     詳細を見る

  • 末梢型肺がんの画像所見-CTからCRへ- 招待

    石川浩志

    新潟市医師会肺がん診断研修会講習会  2013年10月 

     詳細を見る

  • 微小肺病変のCT診断 ~病理との対比、経時変化を中心に 招待

    石川浩志

    第14回順天堂大学肺癌カンファレンス  2011年10月 

     詳細を見る

  • 診てみよう胸部画像 招待

    石川浩志

    第7回 Niigata Youth Assembly for Nephrology  2011年9月 

     詳細を見る

  • 胸部画像診断のコツ 招待

    石川浩志

    日本呼吸器学会主催第1回新潟呼吸器道場  2011年5月 

     詳細を見る

  • 小型肺結節のHRCT診断 招待

    石川浩志

    第28回新潟県放射線科医会総会  2010年10月 

     詳細を見る

  • GGOと肺内リンパ節らしさと経時変化に着目した小病変 (5-6mm以下)の鑑別法 招待

    石川浩志

    日本CT検診学会主催第12回読影セミナー  2008年7月 

     詳細を見る

  • MDCTによる肺微小病変 招待

    石川浩志

    第10回東北胸部放射線研究会  2003年7月 

     詳細を見る

▶ 全件表示

共同研究・競争的資金等の研究

  • すりガラス結節の長期経過の解明とその早期予測の可能性

    研究課題/領域番号:21K07640  2021年4月 - 2024年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    石川 浩志

      詳細を見る

    配分額:2730000円 ( 直接経費:2100000円 、 間接経費:630000円 )

    researchmap

  • 児童虐待に対応するための小児死後CTの至適条件、死後変化、診断の標準化の検討

    研究課題/領域番号:20H01654  2020年4月 - 2025年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)  基盤研究(B)

    高橋 直也, 高塚 尚和, 舟山 一寿, 成田 啓廣, 石川 浩志, 堀井 陽祐, 的場 光太郎

      詳細を見る

    配分額:9360000円 ( 直接経費:7200000円 、 間接経費:2160000円 )

    researchmap

  • 定量的画像解析に基づく小型肺腺癌のCT画像評価法の確立

    研究課題/領域番号:17K10352  2017年4月 - 2020年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    石川 浩志

      詳細を見る

    配分額:2600000円 ( 直接経費:2000000円 、 間接経費:600000円 )

    薄層CTですりガラス濃度を示す肺腺癌を対象に定量的画像解析を行い、上皮内腺癌~微少浸潤性腺癌と浸潤性腺癌を非常に良好に鑑別することができた。また、画像診断の経験の多少に関わらず、再現性が保たれることが明らかとなった。さらに、定量的画像解析は肺腺癌の術後予後の推測にも有用であり、視覚的に評価したパラメータを用いた解析より肺腺癌の術後再発を正確に予測することができた。さらに、人工知能による予測能を評価したところ、放射線診断医が計測した古典的指標に基づく予測と比較して、同等かそれ以上であった。

    researchmap

  • マルチスライスCTによる微小肺結節の病理組織推定法に関する研究

    研究課題/領域番号:19790859  2007年 - 2008年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 若手研究(B)  若手研究(B)

    石川 浩志

      詳細を見る

    配分額:2210000円 ( 直接経費:2000000円 、 間接経費:210000円 )

    高分解能CT で微小なすりガラス濃度を呈する腫瘍性病変として細気管支肺胞上皮癌と異型腺腫様過形成が知られている。3-6mm大の確定診断症例の検討から、高分解能CTにおけるCT値の計測が微小な細気管支肺胞上皮癌と異型腺腫様過形成の鑑別に有用である可能性が示唆された。また、7mm以下の微小肺結節の経過観察例の検討から、微小なすりガラス濃度結節は増大を示しにくいが、微小な高濃度結節は少数ながら増大を示すものがあり、高分解能CTの内部濃度によって画像の経過も異なる可能性が示唆された。

    researchmap

 

担当経験のある授業科目(researchmap)

  • 医学研究実習

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 臨床実習入門

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 臓器別講義 放射線医学各論

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 臨床実習Ⅰ・Ⅱ

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 早期医学体験実習(EME)

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 臨床医学講義(集中)

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 統合臨床医学コース(臨床医学入門) 放射線医学総論

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

▶ 全件表示

担当経験のある授業科目

  • 医学序説 II

    2021年
    -
    現在
    機関名:新潟大学