2021/05/15 更新

写真a

フジバヤシ ノリエ
藤林 紀枝
FUJIBAYASHI Norie
所属
教育研究院 人文社会科学系 教育学系列 教授
教育学部 自然情報講座 教授
自然科学研究科 環境科学専攻 地球科学 教授
職名
教授
外部リンク

学位

  • 理学博士 ( 1990年3月   北海道大学 )

研究分野

  • 自然科学一般 / 固体地球科学

経歴(researchmap)

  • 新潟大学   教育学研究科 教科教育専攻   教授

    2011年4月 - 現在

      詳細を見る

  • 新潟大学   教育学部 自然情報講座   教授

    2011年4月 - 現在

      詳細を見る

  • 新潟大学   教育学部 自然情報講座   准教授

    1998年4月 - 2011年3月

      詳細を見る

  • 新潟大学   教育学部   助教授

    1992年4月 - 1998年3月

      詳細を見る

  • 新潟大学   教育学部   助手

    1991年4月 - 1992年3月

      詳細を見る

経歴

  • 新潟大学   自然科学研究科 環境科学専攻 地球科学   教授

    2018年4月 - 現在

  • 新潟大学   教育学部 自然情報講座   教授

    2011年4月 - 現在

  • 新潟大学   教育学部 自然情報講座   准教授

    1998年4月 - 2011年3月

  • 新潟大学   教育学研究科 教科教育専攻   教授

    1992年4月 - 2018年3月

  • 新潟大学   教育学部   助教授

    1992年4月 - 1998年3月

  • 新潟大学   教育学部   助手

    1991年4月 - 1992年3月

▶ 全件表示

所属学協会

  • 一般社団法人日本地質学会

      詳細を見る

  • 特定非営利活動法人日本火山学会

      詳細を見る

  • 日本鉱物科学会

      詳細を見る

委員歴

  • 一般社団法人日本地質学会   理事  

    2009年5月 - 2014年5月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 暫定統合国際深海掘削計画科学評価パネル   委員  

    2000年4月 - 2002年3月   

      詳細を見る

    団体区分:その他

    researchmap

 

論文

  • 理科教育専修の授業における「月と太陽と地球の位置関係」の理解

    藤林紀枝, 山上遥那, 高橋洋子

    新潟大学教育学部研究紀要10 ( 1 ) 45 - 54   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   出版者・発行元:新潟大学教育学部  

    researchmap

  • Attitude Survey Regarding Science and Academic Records of Elementary Teacher Trainees in Japan. 査読

    Sakai M, Hashimoto M, Suematsu K, Sakai T, Terata K, Aoki H, Masada H, Fujibayashi N, Muta A, Nakai H

    The Journal of East Asian Educational Research4   87 - 98   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Institute of East Asian Education  

    researchmap

  • 近年の海底溶岩流の研究成果と中期中新世小木玄武岩に見られる玄武岩質安山岩溶岩のjumbled sheet flows(解説)

    藤林紀枝, 丸山貴利

    新潟県地学教育研究会誌47 ( 2 ) 1 - 9   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:新潟県地学教育研究会  

    researchmap

  • Across-arc Variations in Geochemistry of Oligocene to Quaternary Basalts from the NE Japan Arc: Constraints on Source Composition, Mantle Melting and Slab Input Composition 査読

    K. Shuto, R. Nohara-Imanaka, M. Sato, T. Takahashi, E. Takazawa, H. Kawabata, K. Takanashi, M. Ban, N. Watanabe, N. Fujibayashi

    JOURNAL OF PETROLOGY56 ( 11 ) 2257 - 2294   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:OXFORD UNIV PRESS  

    To investigate the nature and origin of across-arc geochemical variations over time in mantle wedge derived magmas, we have carried out a geochemical study of basalts in the NE Japan arc spanning an age range from 35Ma to the present. Back-arc basalts erupted at 24-18 Ma, 10-8 Ma, 6-3Ma and 2.5-0Ma have higher concentrations of both high field strength elements (HFSE) and rare earth elements (REE) [particularly light REE (LREE) and middle REE (MREE)], and higher incompatible trace element ratios compared with frontal-arc basalts at any given time. Geochemical modeling of Nb/Yb versus Nb shows that the frontal-arc and back-arc compositional differences are independent of subduction modification and can, in many cases, be explained by different degrees of melting (higher degrees of melting for frontal-arc magmas and lower degrees of melting for back-arc magmas) of a nearly homogeneous depleted mid-ocean ridge basalt (MORB) mantle (DMM)-like source, although there are several exceptions. These include some Pliocene frontal-arc basalts that may originate from a source that is slightly more depleted than DMM, several 35-32Ma and 24-18Ma back-arc basalts derived from a lithospheric mantle source that is enriched in HFSE compared with DMM, and a rare 16-12Ma basalt that was erupted in the back-arc but was produced by a similar degree of melting to frontal-arc basalts erupted at the same time. Variations in ratios of fluid-mobile and -immobile elements and those of melt-mobile and -immobile elements for the 35-0Ma NE Japan basalts indicate that the principal subduction component added to the source mantle prior to generation of these basalt magmas is a sediment-derived melt. Comparison of Sr and Nd isotopic compositions for Pacific Ocean MORB, the NE Japan basalts and subducting sediments suggests that the isotopic compositions of most post-16Ma more depleted back-arc basalts can be explained by the addition of <2% bulk sediment; the most enriched isotope compositions of the subcontinental lithosphere-derived magmas can be accounted for by addition of a maximum 5-7% Japan Trench Sediment (JTS), if the original Sr and Nd compositions of the lithosphere approximated that of DMM. The Sr and Nd isotope composition of the frontal-arc basalts can be accounted for by the addition of 1-5% JTS. A depleted asthenospheric mantle (DMM-like) upwelling model with interaction between asthenospheric mantle-derived magmas and overlying lithospheric mantle can account for the geochemical characteristics of the 35-0Ma NE Japan basalts. The frontal-arc magmas were generally generated by higher degrees of melting of the shallower part of the asthenospheric mantle, whereas the back-arc magmas resulted from lower degrees of melting of the deeper part of asthenospheric mantle. These latter magmas underwent interaction with the lithospheric mantle, resulting in more enriched Sr and Nd isotopic signatures for the pre-18Ma back-arc basalts and post-22Ma frontal-arc basalts, but less interaction, resulting in more depleted Sr and Nd isotopic signatures, for most of the back-arc basalts younger than 16 Ma.

    DOI: 10.1093/petrology/egv073

    Web of Science

    researchmap

  • 佐渡島小木玄武岩中に包有されるはんれい岩類

    片桐初香, 小川麻衣子, 藤林紀枝

    新潟大学教育学部研究紀要7 ( 2 ) 49 - 62   2015年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   出版者・発行元:新潟大学  

    researchmap

  • Pillow lava and Spasmodic submarine fire fountaining in the middle Miocene marginal basin, Sado Island, Japan 査読

    Fujibayashi N, Asakura K, Hattori T, Allen S

    Island Arc23 ( 4 ) 342 - 362   2014年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:2014 Wiley Publishing Asia Pty Ltd.  

    拡大期の日本海海底で形成された中期中新世小木玄武岩部層沢崎玄武岩ユニット(Fujibayashi & Sakai, 2003)の地質学的研究を行い、次の3つを示した。(1) 火山体は高さ100 m程度、幅4km程度のほぼ平坦な頂部をもつ小規模な火山が想定される。(2)火山体核部の枕状溶岩は、厚さが約70−30 m、幅約1.5 kmの非常に扁平な形態をもち、ほぼ水平な何枚かの板状溶岩とそれらから供給された枕状溶岩からなる。末端部は45−60°の急傾斜したピローローブで特徴づけられる。(3)その後ほぼ同じ割れ目火口から溶岩噴泉が形成され、堆積物は噴火起源の乱流に支持された火砕物重力流から、側方に一連の層相変化と堆積構造の変化を伴いながら累進的に堆積していった。

    DOI: 10.1111/iar.12091

    researchmap

  • 理科教育地学分野の課題と関連学会の取り組み(提言) 招待 査読

    藤林紀枝ほか

    第四紀研究別冊   2011年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 物理化学的知識を統合した火山の学習

    藤林紀枝, 平中宏典

    新潟大学教育学部紀要3 ( 1 ) 47 - 55   2010年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    researchmap

  • 知識社会における理科教育・地学分野の重要性と教員養成における問題点 招待

    藤林紀枝ほか

    地質ニュース ( 669 ) 69 - 73   2010年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 下田地域の大地の成り立ちと八木ヶ鼻の絶壁

    藤林紀枝

    郷土記録誌ふるさと三条18   9 - 23   2010年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:三条市  

    三条市下田地域の地質について解説した。また、調査結果をもとに、八木ヶ鼻の絶壁を作った海底火山活動と溶岩ドームの構造に関する新知見を述べた。

    researchmap

  • 小木半島の中期中新世海底火山ー小木玄武岩類・沢崎玄武岩の層相変化ー 招待

    藤林紀枝

    新潟県地学教育研究会地学教育研究会誌 ( 40 ) 49 - 64   2009年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    researchmap

  • 地域の自然を活かした科学教育の連携ー大学,博物館,教育センター間のネットワークの構築についてー

    藤林 紀枝ほか

    新潟大学教育人間科学部実践総合センター研究紀要教育実践総合研究 ( 7 ) 77 - 83   2008年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Webカメラと透明半球を活用した「太陽の動き」の再現により空間概念をはぐくむ授業の実践

    結城義則, 藤林紀枝

    新潟大学教育人間科学部附属教育実践総合センター研究紀要教育実践総合研究 ( 7 ) 85 - 110   2008年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    researchmap

  • Back-arc basin basaltic volcanism: lithofacies and eruption style of the Middle Miocene Sawasaki pyroclastic rocks, Sado Island, japan. In edited by Kurita, H., and Miyashita, S., Proceedings and abstracts from 2006 Jap an-Korea Joint Symposium on Ocean

    Fujibayashi, N, Asakuram K, Hattori, T

    Proceedings and abstracts from 2006 Japan-Korea Joint Symposium on Ocean Drilling in Niigata, Nigata University   65 - 68   2007年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    researchmap

  • 2004年新潟県中越地震を地域素材として取り上げた 「地震の伝わり方」の授業実

    結城義則, 藤林紀枝

    新潟大学教育人間科学部附属教育実践総合センター研究紀要 教育実践総合研究第6号   (印刷中)   2007年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    researchmap

  • Petrology and mineral isochron age of ultramafic to mafic xenoliths fron the NE Japan Arc.

    Fujibayashi, N, Kagami, H, Ishida, N, Kondo, H

    International Mineralogical Conference 2006   2006年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:International Mineralogical Conference 2006  

    researchmap

  • Facies change in submarine basaltic lava fountain deposits from the Middle Miocene Ogi Basalts, Sado Island, Japan.

    FUJIBAYASHI, N, ASAKURA, K, HATTORI, T

    17th International Sedimentological Congress   2006年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:17th International Sedimentological Congress  

    researchmap

  • Geochemical secular variation of magma source during Early to Middle Miocene time in the Niigata area, NE Japan: Asthenospheric mantle upwelling during back-arc basin opening 査読

    K Shuto, H Ishimoto, Y Hirahara, M Sato, K Matsui, N Fujibayashi, E Takazawa, K Yabuki, M Sekine, M Kato, AI Rezanov

    LITHOS86 ( 1-2 ) 1 - 33   2006年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

    In the Niigata region of the NE Japan arc, basaltic and intermediate to felsic volcanic rocks (silicic andesite, dacite and rhyolite) have been produced during the Early Miocene, Middle Miocene and Pliocene ages, spanning the pre-Japan Sea opening to post-opening stages. Early Miocene basaltic rocks are characterized by enriched Sr and Nd isotopic signatures (initial Sr-87/Sr-86 (SrI) = 0.70557 to 0.70592 and initial Nd-143/Nd-144 (NdI)=0.51255 to 0.51262), whereas Middle Miocene and Pliocene basaltic rocks are slightly enriched than MORB in terms of SrI (0.70314-0.70416) and NdI (0.51286-0.51310). Early Miocene basaltic rocks are also characterized by higher abundances of HFSE and LREE, and higher Zr/Y compared to Middle Miocene and Pliocene basaltic rocks. The geochemical features of Early Miocene basaltic rocks are almost identical to those of basaltic rocks found in continental rift zones, such as the Rio Grande rift. The different geochemical signatures of Early and Middle Miocene basaltic rocks can be ascribed to the geochemical differences in the mantle source. Apart from andesitic rocks of the Kakuda area, most of Early and Middle Miocene intermediate to felsic volcanic rocks from the Niigata region show significantly higher SrI values (0.70673-0.70773) and lower NdI values (0.51234-0.51254) than Early Miocene basaltic rocks, indicating a lower crustal origin for these more felsic volcanic rocks.

    DOI: 10.1016/j.lithos.2005.06.001

    Web of Science

    researchmap

  • 日本海中期中新世火山活動の特徴と気候変動の関連性火山学的側面からー

    藤林紀枝

    新潟大学超域研究機構他報告書[日本海超深度掘削実現をめざして](宮下純夫・藤林紀枝・阿部なつ江編)   18 - 20   2005年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    researchmap

  • 越後平野の七谷層相当層の層相変化

    藤林紀枝

    平成16年度帝国石油奨励研究報告書   1 - 31   2005年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    researchmap

  • 信越堆積盆地における中期中新世火山岩類(いわゆるグリーンタフ)分布の規則性 - 新津丘陵地域の中期中新世火山岩類について -

    藤林紀枝

    (株)帝国石油平成15年度奨励研究報告書   1 - 31   2004年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    researchmap

  • 信越堆積盆地における中期中新世火山岩類(いわゆるグリーンタフ)分布の規則性 - 新津丘陵地域の中期中新世火山岩類について –

    藤林紀枝

    平成15年度帝国石油奨励研究報告書   1 - 31   2004年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    researchmap

  • 信越堆積盆地における中期中新世火山岩類(いわゆるグリーンタフ)分布の規則性 - 西山油帯北部延長域「間瀬弥彦地域」の火山岩類(グリーンタフ)について -

    藤林紀枝

    (株)帝国石油平成14年度奨励研究報告書   1 - 28   2003年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    researchmap

  • Vesiculation and eruption processes of submarine effusive and explosive rocks from the Middle Miocene Ogi Basalts, Sado Island, Japan. 招待 査読

    Fujibayashi, N, U. Sakai

    Explosive subaqueous volcanism, eds. J. White, et al., American Geophysical Union, Washington   259 - 272   2003年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Explosive fragmentation of basaltic magma focused on a variety in spatter sizes and particle size distributions from a submarine volcaniclastic sequence

    Yamagishi, H., N, Fujibayashi, and K, Terasaki

    XXIII General Assembly of the International Union of Geodesy and geophysics 2003   2003年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:XXIII General Assembly of the International Union of Geodesy and geophysics 2003  

    researchmap

  • Late Cenozoic volcanic activity in the Chugoku area, southwest Japan arc during back-arc basin opening and reinitiation of subduction 査読

    Jun-Ichi Kimura, Tomoyuki Kunikiyo, Isaku Osaka, Takashi Nagao, Seiki Yamauchi, Susumu Kakubuchi, Shomei Okada, Norie Fujibayashi, Ryuhei Okada, Hisashi Murakami, Takashi Kusano, Koji Umeda, Shintaro Hayashi, Tsuneari Ishimaru, Atusi Ninomiya, Atsushi Tanase

    Island Arc12 ( 1 ) 22 - 45   2003年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Temporal-spatial variations in Late Cenozoic volcanic activity in the Chugoku area, southwest Japan, have been examined based on 108 newly obtained K-Ar ages. Lava samples were collected from eight Quaternary volcanic provinces (Daisen, Hiruzen, Yokota, Daikonjima, Sambe, Ooe-Takayama, Abu and Oki) and a Tertiary volcanic cluster (Kibi Province) to cover almost all geological units in the province. Including published age data, a total of 442 Cenozoic radiometric ages are now available. Across-arc volcanic activity in an area approximately 500 km long and 150 km wide can be examined over 26 million years. The period corresponds to syn- and post-back-arc basin opening stages of the island arc. Volcanic activity began in the central part of the rear-arc ca 26 Ma. This was followed by arc-wide expansion at 20 Ma by eruption at two rear-arc centers located at the eastern and western ends. Expansion to the fore-arc occurred between 20 and 12 Ma. This Tertiary volcanic arc was maintained until 4 Ma with predominant alkali basalt centers. The foremost-arc zone activity ceased at 4 Ma, followed by quiescence over the whole arc between 4 and 3 Ma. Volcanic activity resumed at 3 Ma, covering the entire rear-arc area, and continued until the present to form a Quaternary volcanic arc. Adakitic dacite first occurred at 1.7 Ma in the middle of the arc, and spread out in the center part of the Quaternary volcanic arc. Alkali basalt activities ceased in the area where adakite volcanism occurred. Fore-arc expansion of the volcanic arc could be related to the upwelling and expansion of the asthenosphere, which caused opening of the Japan Sea. Narrowing of the volcanic zone could have been caused by progressive Philippine Sea Plate subduction. Deeper penetration could have caused melting of the slab and resulted in adakites. Volcanic history in the Late Cenozoic was probably controlled by the history of evolution of the upper mantle structure, coinciding with back-arc basin opening and subsequent reinitiation of subduction.

    DOI: 10.1046/j.1440-1738.2003.00377.x

    Scopus

    researchmap

  • 信越堆積盆地における中期中新世火山岩類(いわゆるグリーンタフ)分布の規則性 - 西山油帯北部延長域「間瀬—弥彦地域」の火山岩類(グリーンタフ)について –

    藤林紀枝

    平成14年度帝国石油奨励研究報告書   1 - 28   2003年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    researchmap

  • 小佐渡の椎泊地すべりと小木玄武岩質海底火山噴出物 査読

    菅野孝美, 田中舘宏橘, 藤林紀枝, 山岸宏光

    日本地質学会第109年学術大会見学旅行案内書   153 - 168   2002年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    researchmap

  • Subaqueous fire fountains of basaltic magma.

    Fujibayashi, N, Sakai, U

    The American Geophysical Union Chapman Conference on Explosive subaqueous volcanism.   2002年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:The American Geophysical Union  

    researchmap

  • 熊本県天草下島玄武岩の微量元素,希土類元素,Sr, Nd同位体比の特徴 査読

    永尾隆志, 角縁 進, 藤林紀枝, 長谷義隆, 長峰 智

    山口大学機器分析センター報告第8号   38 - 43   2000年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 富士火山放映放出物中の本質火砕物およびはんれい岩質集積岩に記録された玄武岩 - 安山岩,安山岩 - 流紋岩マグマ混合作用. 査読

    藤林紀枝, 山本玄珠, 野村朋子, 加々美寛雄, 永尾隆志

    地質学論集第53号   135 - 155   1999年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Data Report; Mineralogy and Sr- and Nd-isotopic composition of gabbroic oceanic crust drilled from Holes 923A and 921E in the MARK area. 査読

    Fujibayashi, N, Kagami, H, Oishi, Y

    Scientific Results of the proceedings of the Oceanic Drilling Program153   471 - 490   1996年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Initial report of Site 922, Kane Fracture Zone, Mid-Atlantic Ridge

    Shipboard Scientific Party

    Proc. ODP, Init. Repts.(eds., Cannat M., Karson, J.A., Miller, D.J., et al.)153   45 - 119   1995年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 西南日本,後期新生代玄部岩類の起源マントルの特徴 査読

    角縁進, 永尾隆志, 加々美寛雄, 藤林紀枝

    地質学論集44   321 - 335   1995年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 東北日本弧北端,積丹半島ー支笏湖地域における,中新世後期~鮮新世火山岩類の化学組成の時空変遷 査読

    藤林紀枝, 渡辺寧, 加々美寛雄, 川野良信

    地質学論集44   181 - 195   1995年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Cylindrical structures in a subaerial rhyolite lava dome in the Kutcharo Caldera, Hokkaido, Japan. 査読

    Goto, Y, N. Fujibayashi

    火山第2集40   181 - 195   1995年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Initial report of Site 924, Kane Fracture Zone, Mid-Atlantic Ridge

    Shipboard Scientific Party

    Proc. ODP, Init. Repts.(eds., Cannat M., Karson, J.A., Miller, D.J., et al.)153   45 - 119   1995年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Initial report of Site 923, Kane Fracture Zone, Mid-Atlantic Ridge

    Shipboard Scientific Party

    Proc. ODP, Init. Repts.(eds., Cannat M., Karson, J.A., Miller, D.J., et al.)153   45 - 119   1995年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Initial report of Site 920, Kane Fracture Zone, Mid-Atlantic Ridge

    Shipboard Scientific Party

    Proc. ODP, Init. Repts.(eds., Cannat M., Karson, J.A., Miller, D.J., et al.)153   45 - 119   1995年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Initial report of Site 921, Kane Fracture Zone, Mid-Atlantic Ridge

    Shipboard Scientific Party

    Proc. ODP, Init. Repts.(eds., Cannat M., Karson, J.A., Miller, D.J., et al.)153   45 - 119   1995年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 北海道中央部馬追丘陵および夕張炭田地域の中新世前期火山岩類のK-Ar年代,層序対比および化学組成. 査読

    渡辺寧, 藤林紀枝, 中川充, 加々美寛雄

    岩鉱88   295 - 306   1993年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2465/ganko.88.295

    researchmap

  • 米山及び角田・弥彦山塊海岸部の安山岩質~流紋岩質海底火山岩類の産状

    山本邦仁, 長瀬克也, 一色保典, 寺崎紘一, 藤林紀枝

    地学団体研究会第47回新潟総会巡検案内書「新潟の地質」   112 - 149   1993年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 火成岩の同位体地球化学的研究 査読

    加々美寛雄, 藤林紀枝, 周藤賢治

    日本の地質学100年   160 - 171   1993年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本地質学会  

    1980年代後半以降に千島弧,本州弧,琉球弧の火成岩について報告されたSr, Nd同位体の問題を中心に,これと関連した地球化学的研究について概観した.内容は古生代,中生代ジュラ紀,後期白亜紀ー古第三紀,第三紀・第四紀に分けてまとめ,第三紀・第四紀についてはさらに東北日本弧ー千島弧,西南日本弧と九州,琉球弧に分けてレビューした.

    researchmap

  • ドレライト岩床の冷却節理を充填する砕屑岩脈 査読

    藤林紀枝, 牛木啓志

    新潟大学理学部地鉱研究報告7   76 - 84   1992年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Sr-rich basalt and highly potassic lamprophyre in SW Japan: evidence for mantle metasomatism

    Nagao, T, Fujibayashi,N, Kagami, H

    29th International Geological Congress.   1992年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:International Geological Congress  

    researchmap

  • Spinel in WPB-type alkali basalts from SW Japan.

    Fujibayashi, N

    29th International Geological Congress.   696 - 696   1992年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:International Geological Congress  

    researchmap

  • 温泉と地化学温度-低温域におけるアルカリ温度計

    加藤孝明, 木崎健治, 藤林紀枝

    ジオサイエンス技術研究報告3   33 - 53   1991年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    researchmap

  • Mantle heterogeneity beneath the Eastern Asian continental margin, evidenced by the Sr and Nd isotope composition of the Cenozoic alkali basalts from SW Japan

    Fujibayashi,N, Nagao, T, Kagami, H

    Second China-Japan symposium on Geochronology, Cosmochronology and Isotope Geology   1991年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:China-Japan symposium on Geochronology, Cosmochronology and Isotope Geology  

    researchmap

  • Two types of the Cenozoic alkali basalts from the Chugoku district, SW Japan, and their source mantle. 査読

    Fujibayashi, N

    北海道大学博士学位論文   1 - 91   1990年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Two types of the Cenozoic alkali basalts in SW Japan, and their source mantle 査読

    Fujibayashi, N, Nagao, T, Kagami, H

    Trans., American Geophys. Union (EOS)71   965 - 965   1990年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 中国山地,横田地域のSrに富む新生代アルカリ玄武岩の起源 査読

    永尾隆志, 藤林紀枝, 加々美寛雄, 田崎耕市, 高田小百合

    地質学雑誌96   795 - 803   1990年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5575/geosoc.96.795

    researchmap

  • Petrology of the 1988 - 1989 essential ejecta and associated glassy rocks of Tokachi-dake volcano in central Hokkaido, Japan 査読

    Ikeda, Y, Katsui, Y, Nakagawa, M, Kawachi, S, Watanabe, T, Fujibayashi, N, Shibata, T, Kagami, H

    火山第2集34   147 - 162   1990年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Across back-arc basin variation in the Sr and Nd isotopic composition of the Cenozoic alkali basalts from SWE Japan and eastern Asian continent.

    Fujibayashi, N, Nagao, T, Kagami, H

    7th International Conf, Geochronol. Cosmochronol. and Isotope Geol   1990年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:International Conf, Geochronol. Cosmochronol. and Isotope Geol  

    researchmap

  • Two types of the Cenozoic alkali basalts from the Chugoku district, SW Japan, and their source mantle. 査読

    Norie Fujibayashi

        1990年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:学位論文(その他)  

    中国地方に分布する新生代アルカリ玄武岩類を,主要元素からMF-typeとSA-typeに分け,それぞれの微量元素および同位体化学組成,構成鉱物化学組成から、前者はプレート内玄武岩,後者は陸弧玄武岩の特徴をもつことを指摘した。また、Sr, Nd同位体比の広域的変化から、日本海形成とマグマ発生との関連性が示唆された.

    researchmap

  • Two types of the Cenozoic alkali basalts in SW Japan, and their source mantle.

    Fujibayashi, N, Nagao, T, Kagami, H

    Trans., American Geophys. Union   965 - 965   1990年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:American Geophys. Union  

    researchmap

  • 南部九州長島火山岩類の層序と放射年代 査読

    長谷義隆, 長峰智, 永尾隆志, 山元正継, 藤林紀枝, 阪口和之, 半田正敏

    地質学論集24   109 - 120   1989年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Cr-rich and Al-rich spinels in the Kibi-Kogen alkali basalts, southwest Japan 査読

    Fujibayashi N

    Jour. Fac. Sci. Hokkaido Univ.,Ser. IV22   503 - 517   1989年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    researchmap

  • Spatial variation in the Sr and Nd isotope compositions of Cenozoic alkali basalts from the Chugoku district, SW Japan 査読

    Fujibayashi, N, Nagao, T, Kagami, H, Iwata, M, Tazaki, K

    日本岩石鉱物鉱床学雑誌84   429 - 443   1989年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2465/ganko.84.429

    researchmap

  • 中国山地, 世羅代地のカリに富むランプロファイヤー 査読

    永尾隆志, 藤林紀枝

    日本岩石鉱物鉱床学雑誌84   270 - 277   1989年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2465/ganko.84.270

    researchmap

  • 肥薩・北薩火山岩類および構成鉱物の化学組成の広域的変化

    永尾隆志

    MAGMA ( 69号 )   1983年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:火成作用研究会  

    鮮新世後期から更新世前期の肥薩・北薩火山岩類の全岩化学組成と鉱物化学組成を分析し、火山フロント側によりK2Oに富む火山岩が分布すること、輝石のAl含有量は高圧下の結晶作用を示唆することなどの特徴を明らかにした。東側で圧縮的で、西側で引張的な応力場が働き、これは「北薩の屈曲」に関連する可能性を示した。

    researchmap

  • 水蒸気爆発によって形成された炭酸塩鉱物脈と火山ガラスの成分移動との関係

    坂井海男, 藤林紀枝

    平成7年度科研費補助金(一般B)研究成果報告書「未固結堆積岩とマグマとの反応と組成移動」   1983年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:新潟大学理学部  

    researchmap

  • 北薩の屈曲と肥薩火山岩類

    長谷良隆他

    総合研究「九州の基盤と陥没構造」研究報告No.2   1983年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

    北薩の屈曲に分布する肥薩火山岩類は、矢筈岳系と鬼岳系に区分され、火山フロントから離れた鬼岳系のほうがK2Oに富むことがわかっていた。本研究では、さらに離れたい地に分布する長島の火山岩類を調査分析した結果、さらにK2Oに乏しいことがわかった。長島は北薩の屈曲の背斜軸部に分布することから、より引張応力が働いたためと考えられる。

    researchmap

▶ 全件表示

書籍等出版物

  • CD-ROM:日本の新生代火山岩の分布と産状ver.1.0

    鹿野和彦ほか編( 担当: 単著 ,  範囲: 6)

    地質調査所  2000年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    researchmap

  • 新版 地学辞典

    藤林紀枝( 担当: 単著)

    平凡社  1996年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:事典・辞書

    researchmap

  • 日本の地質学100年

    加々美寛雄, 藤林紀枝, 周藤賢治( 担当: 共著 ,  範囲: 160-171)

    日本地質学会編集・発行  1993年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    researchmap

受賞

  • 第2回本田奨励金

    1990年7月   北海道大学理学部   Spatial variation in the Sr and Nd isotope compositions of Cenozoic alkali basalts from the Chugoku district, SW Japan.

    藤林紀枝

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

    researchmap

共同研究・競争的資金等の研究

  • 古海底火山を用いた理科教育・災害教育

    2015年04月 - 2018年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    藤林紀枝

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 物理学、化学の概念と連結した火山および火成岩の学習プログラムの基盤づくり

    2012年04月 - 2015年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    藤林紀枝

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:3700000円 ( 直接経費:2470000円 、 間接経費:1230000円 )

    researchmap

  • 明治中期「理科」・「科学」教育の実相・意義・源流の解明と今日的価値の新展開

    2011年04月 - 2013年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  挑戦的萌芽研究

    小林昭三

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    配分額:200000円 ( 直接経費:200000円 )

    新潟、静岡、茨城等で「明治20年代の高等小学校生徒の授業筆記」を発掘・分析し、当時はどのような科学教育の授業が行われ、どのような教科書をどのように活用したか、どのような授業内容だったか、等を解き明かした。その結果、「明治19(1986)年の小学校令後の約10年前後まで、当時の世界の最先端に位置する物理学・化学・・等の高いレベルの科学教育を目指した授業が、授業筆記が書かれた各高等小学校で実施されていた」ことを検証する特筆すべき研究成果を得た。即ち、「明治中期の小学校令の時代には、日本人による日本に根ざした科学教育の新展開と発展に寄与する教育が日本の各地に育ち始めた」ことを解明することが出来た。新潟の中川謙二郎の訓蒙化学の方向や、群馬の後藤牧太達の小学校生徒用物理書等の方向等、「日本人による、日本に根差した科学分野の授業」が工夫されたもので、日本の風土や実情に合うように解り易く噛み砕いて、当時の世界最先端の教

    researchmap

  • 東北日本弧,下部地殻由来はんれい岩質捕獲岩の放射年代と岩石学的性質の広域的比較

    1997年04月 - 2001年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    藤林紀枝

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:3200000円 ( 直接経費:3200000円 )

    東北日本弧および伊豆小笠原弧を含む南部フォッサマグナ地域の中期中新世〜第四紀火山岩中の超苦鉄質〜苦鉄質深成岩を広域的に採取し,それらの岩石学的性質,同位体化学組成および形成年代について検討した.その結果,東北日本弧のほとんどの包有物はモホ面付近のマグマ溜まりで島弧ソレアイトマグマから形成された集積岩であるが,一の目潟マール放出物と小木の中新世玄武岩中に海洋性の特徴を示す包有物を見い出した.これらは他にくらべて角閃石に乏しい特徴をもつ.また一の目潟マールのクリノパイロキシナイトと温海のかんらん石ガブロはアルカリ玄武岩質マグマを親マグマとする.伊豆小笠原弧の富士火山と八ヶ岳火山ではデイサイト質親マグマからの集積岩であるガブロノーライトを見い出し,さらにこれらは玄武岩質マグマとのマグマ混合作用を受けていること明らかにした.同位体化学組成からは,南部フォッサマグナの佐野川地域(鮮新世)の包有物は非常に低いSr同位体比

    researchmap

  • 島弧マントルにおけるHFS元素の枯渇過程

    1995年04月 - 1997年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(A)

    周藤賢治

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    配分額:400000円 ( 直接経費:400000円 )

    研究で得られた成果は次の3点に要約される.

    (1)島弧リソスフェア性マントルに由来する玄武岩のZr/Y比は35Ma以降時間とともに減少するのに対して、Ti/Zr比は増加傾向を示す。また,各時代の玄武岩の中で最も低いZr/Y比を有する玄武岩を2Nb-Zr/4-Y図で検討したところ,島弧リソスフェア性マントルマントルは35Maから第四紀に向かって,NbとZrに富む側からこれらに乏しくなる側にほぼ直線的に変化することが明らかとなった.これらの事実に基づき、島弧リソスフェア性マントルは、漸新世以降、HFS元素にエンリッチしたOIBソース的なものからN-MORBソース的なものを経て現在のHFS元素に枯渇したソースに変化してきたことを議論した。このような,島弧リソスフェア性マントルにおけるHFS元素比の経年変化は,マントルからの玄武岩質マグマの継続的な生成によって生じたものと考えられる.

    (2)一方,アセノスフェア性マントルに由来する玄武岩のこれらの比は上記玄武岩とは異なる変化パターンを示す

    researchmap

  • 末固結堆積岩とマグマとの反応と組成移動

    1994年04月 - 1996年03月

    科学研究費助成事業  一般研究(B)

    宮下純夫

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    配分額:300000円 ( 直接経費:300000円 )

    本研究プロジェクトを通じて得られた結果は以下のように要約される.貫入された堆積岩と玄武岩マグマとのあいだの相互反応には二つのタイプが識別された.第1のタイプはドレライトシルと黒色頁岩との間に生じる拡散的なタイプであり,第二のタイプは黒色頁岩と玄武岩とが入り混じるような場合に生じるものである.第一のタイプは二番目のものよりもより高温でかつ低い水/岩石比の条件下で生じている.最初のタイプにおいては,黒色頁岩は珪化作用を被っており,ドレライトシルとの接触部にそってSiO2に富むようになる.一方,K2OやRbに完全に枯渇するようになり,多分,ドレライトへと持ち去られたのだと思われる.一方,ドレライトのSiO2量は変化しない.K2OやRbとは対照的にCaOはドレライトから放出され,接触部付近の黒色泥岩にわずかに濃集させられるが,その濃集の程度は,放出される量とはバランスがとれていないらしい.このことは,放出されたCaOが系外へと除去されたことを示唆している.

    researchmap

  • 東北日本弧のモホ面付近で形成された集積岩相の岩石・鉱物学的、同位体岩石学的研

    1994年04月 - 1995年03月

    科学研究費助成事業  奨励研究(A)

    藤林紀枝

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:1200000円 ( 直接経費:1200000円 )

    モホ面近くで形成された集積岩類として、新潟県米山地域と海川地域のハンレイ岩質捕獲岩類について、約150サンプルの顕微鏡観察を行なった。その結果、これらは主にホルンブレンドーパイロクシナイト、輝石-ホルンブレンダイト、ホルンブレンド-アノ-ソサイト、アノ-ソサイトなどの超苦鉄質〜苦鉄質集積岩に分類され、輝石に富むものにはAlに富むスピネルが、角閃石に富むものにはチタン磁鉄鉱が含まれることが明かとなった。

    また構成鉱物のEPMA分析によって求めた角閃石のAl含有量から圧力を見積った結果、輝石を含む集積岩類の形成深度は7-9kbと深く、輝石を含まないタイプはそれらよりやや浅めで5-8kbや2-6kbの深さで形成されたと考えられる。

    輝石や角閃石の化学組成は、サンプルによっていくつかの分化系列に分けられ,複数のマグマシステムからの結晶分化物であると考えられる。しかし、分析した輝石の共通した性質として、輝石台形上でソレアイト質の分化経路を描

    researchmap

  • 日本海周辺に分布する火成岩類の同位体的時間変遷

    1993年04月 - 1995年04月

    科学研究費助成事業  一般研究(B)

    周藤賢治

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    配分額:300000円 ( 直接経費:300000円 )

    (1)東北日本弧の漸新世以降の火山岩類のSrおよびNd同位体組成のデータに基づき東北日本弧の上部マントルには同位体的に2つの異なるソースが存在することが研究代表者らによって提唱された。一つは同位体的に非枯渇的なソース(島弧マントル)でもう一つは枯渇的ソース(15Maあたりに背弧側へ上昇したアセノスフェア)である。これらソースに由来する漸新世以降の玄武岩質岩のHSF元素間の比の時間的変化を検討した結果、非枯渇的ソースに由来する玄武岩のZr/Y比は35Ma以降時間とともに減少することが明らかとなった。枯渇的ソースに由来する玄武岩質岩も上記玄武岩ほど明瞭ではないが、この比は似た減少傾向を示す。各時代の玄武岩類のなかで未分化な玄武岩を2Nb-Zr/4-Y図中で検討すると、非枯渇的ソースに由来する古い玄武岩はOIBの性質を示し、やや若いものはMORBの性質を示す。また、第四紀玄武岩ではMORBよりもHFS元素に枯渇した性質を示す。これらの事実に基づき、東北日本弧

    researchmap

  • 掘削試料の解析と孔内計測による世界の深海底の比較研究

    1992年04月 - 1993年03月

    科学研究費助成事業  国際学術研究

    平 朝彦

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    配分額:350000円 ( 直接経費:350000円 )

    本年度は大西洋において掘削を行ないテクトニクス,海洋古環境,海洋地殻構造などの研究を行ない多くの成果をあげた.イベリア半島沖およびグリーンランド沖では大西洋分裂時のテクトニクスと火成活動の関係そして大陸地殻から海洋地殻の漸移帯の構造が研究された.この結果,イベリア半島沖では漸移帯にマントル起源の超塩基性岩が露出しており大陸分裂時にマントルまで横切る断層が形成されることが始めて示された.またグリーンランド沖では分裂直前に隆起運動が起こり,多量の玄武岩溶岩が噴出,その後急速な沈降そして海洋底の拡大に以降したことが始めて解明された.これは大陸の分裂がマントルの上昇流の活動によって引き起こされることを始めて証明した画期的な成果である.

    ニュージャージー沖では掘削により大陸斜面の堆積層の構成と年代を精査し,それぞれの地層の岩相が海水面の変動によって変化していること,さらに温室状態の地球から氷床の発達まで海面変動の歴

    researchmap

▶ 全件表示

 

担当経験のある授業科目

  • 基礎地学Ⅰ

    2015年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 島弧火山学

    2014年
    機関名:新潟大学

  • 小学校理科

    2013年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 地学課題研究III

    2013年
    -
    2014年
    機関名:新潟大学

  • 理科教育学演習II

    2010年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 理科教育学演習I

    2010年
    -
    2014年
    機関名:新潟大学

  • 地学特講

    2010年
    -
    2011年
    機関名:新潟大学

  • 地学課題研究IV

    2009年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 生活圏地形地質環境論

    2009年
    機関名:新潟大学

  • 岩石学・鉱物学演習II

    2008年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 岩石学・鉱物学演習I

    2008年
    -
    2017年
    機関名:新潟大学

  • 理科教育法(中等)IV

    2008年
    -
    2014年
    機関名:新潟大学

  • 火山と島弧システム

    2007年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 卒業研究

    2007年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 地球科学概論

    2007年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 地域地質実習

    2007年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 火山・地球環境セミナー

    2007年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 岩石学・鉱物学特論

    2007年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 島弧火山論

    2007年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 地学基礎実習

    2007年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 地学課題研究II

    2007年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 地学C(マグマと火山)

    2007年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 地学演習B

    2007年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 地殻科学実習

    2007年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 地殻科学

    2007年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 地学課題研究I

    2007年
    -
    2015年
    機関名:新潟大学

  • 生活環境地学実験

    2007年
    -
    2013年
    機関名:新潟大学

  • 岩石学・鉱物学演習

    2007年
    -
    2008年
    機関名:新潟大学

  • 生活地圏環境セミナーA

    2007年
    -
    2008年
    機関名:新潟大学

▶ 全件表示